月別記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
2016年12月31日
 ・体験談:夜間の道路警備やってた俺の前に暴走族だった嫁が豪快に単車ごと滑って来た [ほのぼの] (5)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:お母さん、まっしろしろすけ捕まえた! [ほのぼの] (4)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:俺と嫁の初めての会話は、新幹線での席の確認だった [ほのぼの] (10)-[ ほのぼの体験談 ]
2016年12月30日
 ・体験談:役所へ用があり、自動車で向かった [衝撃] (5)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:私の中では黒い過去 [おもしろ] (7)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:旦那が怒ると怖いらしい [感動] (7)-[ 感動体験談 ]
2016年12月29日
 ・体験談:上司の娘は、当時まだ10代なのに顔がパンパン [ほのぼの] (11)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:トメは食事のマナーにうるさい、うるさいというか他人のミスを指摘するのが大好き [おもしろ] (9)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:学生で上京して一人暮らししてたんだけど、初めて彼氏が出来た [衝撃] (5)-[ 衝撃体験談 ]
2016年12月28日
 ・体験談:娘が昨日結婚した。肩の荷が下りたと言いますか、怒涛の25年間だった。 [感動] (6)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:入社四年目だけど、先月部内売上トップになったゆとり君 [感動] (9)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:ふらっと入った蕎麦屋でハヤシライス頼んだ [萌え] (17)-[ 萌えた体験談 ]
2016年12月27日
 ・体験談:小学校から続いてたかなりハードな虐めを苦に中学で一人が自殺した [衝撃] (7)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:去年の夏、末弟が結婚した [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:小学生の頃母が他界し、それがきっかけで父親が豹変してしまった [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
2016年12月26日
 ・体験談:嫁子ちゃん 頭をふって応援するの 何ていうんでしたっけ [ほのぼの] (2)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:義姉が子供の名前を改名したいらしい [衝撃] (15)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:義実家に寄ったら玄関先でトメにダーツの矢をいきなり渡された [おもしろ] (4)-[ おもしろ体験談 ]
2016年12月25日
 ・体験談:(俺)くんのお母さん、お父さんのこと好きじゃないの!? [おもしろ] (4)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:ちょっと…友達と居る時に話しかけないでよ… [衝撃] (8)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:母さん、この間はごめん [ほのぼの] (2)-[ ほのぼの体験談 ]
2016年12月24日
 ・体験談:メガネがないと何も見えない私 [衝撃] (23)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:借金取りが隣の家と間違ってきたときの修羅場 [ほのぼの] (5)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:二年前、離婚した父からDNA検査を求められた [おもしろ] (3)-[ おもしろ体験談 ]
2016年12月23日
 ・体験談:成田空港で「食べます?」ってパンを差し出されたのが始め [ほのぼの] (9)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:突然B子からAの携帯に電話とメールが鬼のように届き始めた [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:昔上司からレスで妻としてくれないかと頼まれた [エロ] (6)-[ エッチな体験談 ]
2016年12月22日
 ・体験談:専業とはいえめったに家から出ない母といつもくっついていた父の話 [衝撃] (11)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:いつも走って出迎えてくれるくる嫁と犬が来ない [ほのぼの] (5)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:20年後に傷物にした責任取りましたよ [ほのぼの] (6)-[ ほのぼの体験談 ]
2016年12月21日
 ・体験談:私には一回り以上年の離れた姉がいる [衝撃] (5)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:お、じゃぁ弱味握った事になるな [おもしろ] (8)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:奥さんの浮気で離婚した、連れ子のいる男性と結婚した [感動] (10)-[ 感動体験談 ]
2016年12月20日
 ・体験談:うちの父親は自分の気に入らないことがあればすぐに怒鳴って不機嫌になる [おもしろ] (10)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:旦那を十年以上ずっと騙し続けている [おもしろ] (22)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:29分未満は残業にならないらしい [おもしろ] (4)-[ おもしろ体験談 ]
2016年12月19日
 ・体験談:嫁は、俺が就職した会社の先輩で3歳年上。 [感動] (5)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:俺は在宅(実家)フリーランスで仕事をしている [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
 ・テキスト:女商人「さてアレフガルドに向かいますか」 [おもしろ] (4)-[ おもしろ体験談 ]
2016年12月18日
 ・体験談:高校ではそれなりの理由があればバイトOKなところだった。 [おもしろ] (9)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:嫁が一回りも下の独身男と浮気をし、離婚となった [感動] (3)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:妻と初めて会ったのは、ボランティアがキッカケだった [感動] (2)-[ 感動体験談 ]
2016年12月17日
 ・体験談:トラウマで男性と性交渉が出来なくなりました [感動] (6)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:今日は傘を持って出かけると安心でしょう [爆笑] (7)-[ 爆笑体験談 ]
 ・体験談:直接血は繋がってないけど嫁が婚前から遠戚だった [感動] (7)-[ 感動体験談 ]
2016年12月16日
 ・体験談:たかゆき(ハート)」を見つけた。 [ほのぼの] (9)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:別に嫁さんの為じゃないし! [萌え] (4)-[ 萌えた体験談 ]
 ・体験談:その妻の方を見て一瞬心臓が止まりそうになった [衝撃] (4)-[ 衝撃体験談 ]
2016年12月15日
 ・体験談:生みの親と育ての親が違った [衝撃] (3)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:明らかにハムスターじゃない毛玉が鎮座している [ほのぼの] (7)-[ ほのぼの体験談 ]

次のページへ
2016年12月31日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

俺の嫁との馴れ初めは、夜間の道路警備やってた俺の前に暴走族だった嫁が豪快に単車ごと滑って来た事のが最初。
あの時は死んだと思ったね実際。

まず出会った当時のスペック

俺 二十歳
警備会社社員(指導教責)
見た目 普通
その他全て普通
コミュ障 バイク好き


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談


息子を幼稚園に迎えに行った帰り道での出来事。

てくてく歩いてたら、息子が突然

「まっしろしろすけ!」

と叫んで、おててでぱっちーん。

「お母さん、まっしろしろすけ捕まえた!」

と大事そうに見せてくれた。

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

俺と嫁の初めての会話は、新幹線での席の確認だったよ

嫁「すみません、そこ、私の席だと思うんですが…」

俺「(切符を見直し)…いや、俺の席で合ってますよ」

二人で切符を確認したら、俺も嫁も、席は合ってるが乗車時間が違ったwww


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2016年12月30日
カテゴリー:

衝撃体験談

先日、役所へ用があり、自動車で向かった。
駐車場にバックで駐車してエンジン切った後、助手席に置いたカバンの中をごそごそしていたら、突然外でクラクション。
はっと顔をあげると、自分の真向かいに、車の正面同士を向かい合わせるように停まっていた軽乗用車がゆーっくりと目の前に近付いてきていた。
運転手と助手席にいる人は後部座席を覗き込んでいて、全く前を見ていない。慌てて自分もクラクションを鳴らしたんだけど、間に合わず、そのままごっつん。
それで気付いたらしく、ぶつかってきた車のドライバーじいさんと助手席ばあさんが前に向き直り、じいさんが「はぁ?」という顔をした後、車から降りてきた。
何してくれてんだ…と思いながら自分も車を降りたら、

「何ぶつかってきてるんだ!」

と言い出すドライバーのじいさん。


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

私の中では黒い過去。
四年付き合っていた年上の彼氏がいて、なんかセッ◯スもマンネリしてたし、結婚も考えてなさそうだし、潮時かな〜と思ってた20代前半の頃の話。
夕飯をちょっといいレストランに食べに行って、デザートに差し掛かった時のこと。
彼がいきなり、

「携帯電話を車に忘れてきたようだから取りに行って。」

と私に言ってきた。
真冬だったし、正直、(はぁ?なんで私が?寒いのにおめーがいけよカス。とってきてやるけど携帯叩きつけて別れよう。)と、別れを決心した。
ところが私がレストランの外に出た途端、パァッとイルミネーションが光り輝いて、両脇からディズニーランドのようなダンサーたちがおどりでて、ポカーンとしてしばらくポーっとミュージカルを見ていたところ、後ろから彼が肩をポンと叩いて登場。
途端に膝ま付き、指輪の入った小箱を開け、結婚してくださいとプロポーズ。
なんか勢いというか雰囲気にまけ、号泣しながら頷く私w
そんな成り行きで結婚してしまった私だけど、今年結婚15年で3人目がもうすぐ生まれます。
別れようと思ってた矢先のプロポーズ受け入れが、墓場まで持っていくことになります。

コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

旦那が怒ると怖いらしいっていうのは、付き合い始めた時に、旦那と小学生くらいからの付き合いの幼なじみに教えて貰ってた。
でも、怒ってる様子とかが考えられない人だったから、

「え?○○さんて怒るの?」

って聞くと、

「まあよっぽどのことをしない限りは怒らないけど…」

って…


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2016年12月29日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

上司の娘は、当時まだ10代なのに顔がパンパンで目は糸みたいだった。
酒の席で、どうしてうちの娘が・・・と上司がへこんでいたので、社交辞令的に

「いや、やっぱり女も男も顔じゃないですよ。性格いいなら大丈夫ですって!」

と酒の勢いもあり、上司の背中をバンバン叩いて励ましてたら、いつの間にかその娘とデートすることに。


続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

トメは食事のマナーにうるさい、うるさいというか他人のミスを指摘するのが大好き

私は三男嫁で、長男嫁はトメにうんざりしてあからさまに避けてる
この度次男がめでたく結婚、お嫁さんはフィリピンの人で日本語上手、美人
トメが「日本の食事マナーを教えておかないと、子供が出来たとき躾ができないと孫が困る」と料亭で食事会を開催
長男嫁と話し合って、行き過ぎるようなら次男嫁を途中で連れ出そう、って決めてた

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

彼氏が浮気したので復讐した。

学生で上京して一人暮らししてたんだけど、初めて彼氏が出来た。
田舎者だし初めてで浮かれて、同じように一人暮らしする彼氏に尽くして、ご飯作ったり家事したり、ノート貸したり、同じゼミだから課題手伝ったりしてた。

ある時彼氏が風呂入ってる時にメールが入って、見るつもりはなかったけど、机にぶつかって落とした時に開いてしまい、つい見てしまった。


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
2016年12月28日
カテゴリー:

感動体験談

娘が昨日結婚した。

肩の荷が下りたと言いますか、怒涛の25年間だった。
部屋がちょっと広く感じてオッサン寂しくなったりしました。

最初に娘と書いたが戸籍上は姪に当たります、しかし25年間娘で通したから娘でいきます。

25年前、当時の私は24歳で社会人2年目。
慣れない仕事にヒーコラしながら働いていました。
私には3つ上の姉が居るのですが、姉が家を出てから連絡を取らなくなっていましてね。
私が会社の独身寮に入っていた事もあって、その時の姉の状況は知らなかったが姉に子供が出来ていて、これが後の私の娘となります。


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

入社四年目だけど、先月部内売上トップになったゆとり君と午前中から同行営業。
できる人は陰で勉強しているのね。
努力の結果は年齢関係無いね。
あと本当にびっくりするぐらいアクティブ、行動的。

あと、別に美形イケメンというわけじゃないけど、普段から清潔感が漂っている。

そんなゆとり君が60後半から70歳ぐらいのお婆さんに席を譲ったら、そのおばあさんに人を年寄扱いして失礼だとか言われその返答がすごかった。

レディーファーストですよお嬢さん。

そのおばあさん、耳まで真っ赤にしてもごもご言いながら譲られた席に座って
うつむきながら消え入りそうな声、絞り出すような声でありがとうと返事。

このゆとり君、どんな人生送ってきたんだろう?
規格外すぎて怖い。

コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

萌えた体験談

ふらっと入った蕎麦屋でハヤシライス頼んだら見るからにカレーを持って来た。
持って来たのは若い女の店員で、堂々と

「ハヤシライスおまちどおさま」

と言って置いた。


続きを見る


コメントの数(17)│ コメントを書く
2016年12月27日
カテゴリー:

衝撃体験談

小学校から続いてたかなりハードな虐めを苦に中学で一人が自殺した。
マスコミにも情報を漏らさず、事態は学校の中で封殺された。

と言うのも、当時新任の校長先生が冗談抜きで修羅と化したから。
自殺した翌日に朝から全校集会、遺書の読み上げと黙祷、そして遺書に書いてあった虐めの犯人を公表。
学校自体サボってた主犯が親同伴で連れ込まれる。
この時点で二時間経過。
犯人全員壇上に正座させられて徹底的な糾弾。
遺書の内容を否定したらビンタというかパンチが飛んでた。


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

去年の夏、末弟が結婚した。
私は長女で末弟とは12歳離れている。
18歳の時進学を機に実家を出たので、末弟とは一緒に暮らした期間が短かく
こう言ってはなんだが弟というより親戚の子に近い感覚があった。
帰省のたびお菓子やおもちゃをお土産に買ってはいたが、姉弟感覚は薄かったと思う。
その末弟のお嫁さんになぜか私は敵視されていた。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

自分が小学生の頃母が他界し、それがきっかけで父親が豹変してしまった
家に帰ってこなくなり、時々酒と香水臭い体で帰ってきたと思ったら生活費をいくらか置いてシャワーを浴びてどこかへ行く
最初の頃は夜遊びが多いだけで仕事にちゃんと行っていたが、少しずつ欠勤が増えいつの間にか仕事を変えていた
給料も減ったため置いていくお金も減り食べていくだけでいっぱいいっぱい
子供ながら「惨めな生活」と思われたくなくて、図書館で借りた裁縫の本通りに妹の服を作ったりしていた
ある日家に借金取りが来た

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2016年12月26日
カテゴリー:

ほのぼの体験談


ちょっと前のトメ。

「嫁子ちゃん 頭をふって応援するの 何ていうんでしたっけ」

とラインが来た。
頭を振る応援って何だ?と思ったら、以前、メタルが好きだと話した事を思い出したので、

「ヘッドバンギングですよ。略してヘドバンとも言います」

と送った。


続きを見る


コメントの数(2)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

義姉が子供の名前を改名したいらしく、兄をなんとか説得するのを手伝ってほしいとうちにやってきた。
けどね〜…。
甥っ子の名前「猛神(ぜうす)」って付けたの義姉だしね〜。
あれほどみんなが止めたし義姉父に目を覚ませ!ってぶん殴られても

「この子が決めたの!猛神がいいってお腹の中で言ってたの!」

と言って無理やり決めたんだから、せめてあなただけは良い名前だって思っててあげなきゃ可哀想でしょうが…。

続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

トメとウトと義姉

義実家に寄ったら玄関先でトメにダーツの矢をいきなり渡された

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2016年12月25日
カテゴリー:

おもしろ体験談

小さいころから父親に

「俺は母さんが大好きだったから
 一生懸命お願いしてお願いして結婚してもらったんだぞ〜
 おまえもそのくらい好きになれる子を見つけろよ〜」

と言う話を聞かされて育った。

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

付き合って2年目になる彼女と別れた話
彼女の学校の学園祭に行った時の出来事なんだけど
彼女に学園祭あるからぜひ友達と来てとメールが入るので
彼女と会うの楽しみで仲間と学校へ向かった。

彼女のクラスに行くと、同級生達とワイワイガヤガヤやってる彼女の姿が
ちらっと目が合うも彼女は同級生と楽しそうに話していた。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

小学生の頃の息子
数年位前の出来事ですが

反抗期の息子が私に

「母さん、この間はごめん」

と数日前の事を謝ってきた。
それまでは、反抗期になってから自分から謝ってくることかま少なかったので驚しました。
その後、すぐに息子の反抗期は終わったのですが
それから少ししたある日、息子の漫画を借りて読んでみると、息子が謝った事と同じ事を、その漫画の主人公も母親にやっていて、反省して謝るシーンがあった。
あの時、自分から謝ってきたのは、漫画で客観的に見て、自分の非に気がついたからだったよう。
ちなみに、旦那も小学生の頃に、漫画でなく「さわやか三組」を見て、息子と同じ事をしてたwww
(旦那とは幼馴染み)
旦那と息子が似すぎて和んだw

コメントの数(2)│ コメントを書く
2016年12月24日
カテゴリー:

衝撃体験談

メガネがないと何も見えない私を、メガネなしでドライブ中の車から放り出してくれた婚約者を棄ててきた。

私は極度のド乱視とド近眼で視力が低い。
メガネをしても車の運転は無理。
そのうえドライアイがひどいため、コンタクトを常用するのは無理。
二年付き合った彼のポロポーズを受け、寿退社する予定だった。
相手は同じ会社の同期。
ここまでが前提。

続きを見る


コメントの数(23)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

借金取りが隣の家と間違ってきたときの修羅場

家のチャイムが鳴り外に出ると柄の悪そうなスーツの男の人が二人
いきなり

「そろそろお金返してくれませんかねぇ…」

とメンチを切って来た


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

二年前、離婚した父からDNA検査を求められた
父は新しい家庭を築いてたそうだが、そこでまあそういう問題が起きて離婚したそう
憔悴の激しい父に母が同情しちゃって検査は特に揉めず
結果ちゃんと血の繋がりがあると証明されて、その年のクリスマスプレゼントは奮発してもらった
それだけならいいんだけど、それをきっかけに二人が仲良くなっちゃってこの前再婚すると言われた
めっちゃ複雑、離婚しなきゃよかったやん

コメントの数(3)│ コメントを書く
2016年12月23日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

俺たちの馴れ初めには切っても切れない関係の女性がいるんだ。
それは、嫁の妹...まあ、今は義妹だわな。
そもそも、俺と義妹は同級生。
高校卒業してからも何かと付き合いが続いていた。

嫁姉妹は南国の島国出身なんだか、小さい頃に本州の関東近辺に引っ越してきてた。
当然島には親戚などがいるので、良く向こうにも行っていたようで島にも馴染みがあったのね。
そこで、義妹は南国の自然、植物や動物に興味を持ち動植物の勉強したいと、高校卒業後働いてお金を貯めて、オーストラリアに行く事になったんだ。
ワーキングホリデーも兼ねてだったかな?


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

友人Aの結婚の事。
相手はAのストーカーB子。

Aは車関係の仕事をしていて、その取引先に居たのがB子。
当時Aは25歳で、22歳の彼女と同棲していた。

突然B子からAの携帯に電話とメールが鬼のように届き始めた。
B子にどこでメアドを知ったのか聞いたら悪びれることなく

「会社にあった取引先名簿だよ」

と帰ってきたらしい。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

エッチな体験談

昔上司からレスで妻としてくれないかと頼まれいろいろあって上司のアナル開発したら上司夫婦のレスがなおった。
そこからどんどんエスカレートしていって変態趣向にまきこまれそうになった事ならあった

最初こそ直接手伝ったけど基本は奥さんに教えて
奥さんが上司のアナル開発ってかんじ


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
2016年12月22日
カテゴリー:

衝撃体験談

専業とはいえめったに家から出ない母といつもくっついていた父の話

母は娘時代、ずっとストーカーされていた

大学時代、こいつに良い仲になりかけた人と割かれて、変な噂をばら撒かれた
その余波で別の人間に冤罪かけられて中退
親にも信じてもらえず家族とは疎遠に

引きこもるように籠ったアパートの郵便受けにはマッチポンプの癖に
「僕は○○ちゃんを信じてる」
「本当の君を分かってるのは僕だけ」
「だってあの時間○○にいたもんね」
とメッセージ


続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

俺37、嫁35、結婚6年目、選択小無し、愛犬1匹
嫁妹30(バツイチ)、愛犬4匹

俺の仕事は昼から夜まで、嫁は身体弱いんで在宅のPCワーク少しと、週に1〜2回家庭教師のバイト
そんなこんな、全く不満のない生活を送っている

夕方、家庭教師のバイトを終えて帰って来てた嫁と入れ替わりに、家から数分で着く事務所へ
書類プリントアウトしたかっただけで、大して時間はかからない


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

保育所で友達と追いかけっこしてた。
年少でウレタン積木してた嫁にぶつかる。

俺「ごめんね、だいじょうぶ?」

嫁「(泣)‥‥おひざいたい」

えぇ、20年後に傷物にした責任取りましたよ。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
2016年12月21日
カテゴリー:

衝撃体験談

私には一回り以上年の離れた姉がいる。
元々両親は晩婚で、私は遅くにできた計画外の子だ。
はっきり言っていらない子だった。
両親は姉を溺愛していたが、私は授業参観も運動会も来てもらった覚えがない。
そんな両親の愛情を盗られるとでも思ったのだろうか。
年の離れた姉には子供の時から苛め抜かれた。
私が中学になる前にその姉が結婚した時には、これで姉から解放されると嬉しかったけれど、嫁いだ後も姉は頻繁に帰ってきては私をイビり、両親は止めるどころか一緒になって私を責めた。
そんな家が嫌で高卒で家を出て十九歳で一つ年上の旦那と結婚した時も、散々な言われ方をした。
(私は早生まれなので学年は一つ上。)
私の旦那は当時定時制の高校を卒業し、進学するために掛け持ちで仕事をしていた。
全日制の高校に進学できなかったバカwww
底辺は底辺と結婚する。
負け犬は一生負け犬よねwww
と、両親と姉は面と向かって旦那をバカにした。


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

姉が友達と行ったという旅行の話を聞いてた時のこと

「っつーか、何人で行ったん?」

「ん?実はさ、彼氏と行ったんよ。お母さんには内緒な」

彼氏が居るとは聞いてたが正直なんか嫉妬したから

「お、じゃぁ弱味握った事になるな」

とか冗談で言ったら

「あんたのエロ本の内容にはかなわないわよ。何よ、LOって。このロリコンwww」

俺が姉ちゃんにブーツを買うという事で手を打って貰ったorz

コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

奥さんの浮気で離婚した、連れ子(女の子)のいる男性と結婚した
女の子は小学生で、母親が悪いと言う事は理解していても納得出来てはいなかった
しかも奥さんはとても綺麗でスタイルも良かったらしく、デブで容姿も並以下の私が突然現れてお母さんだと言われても受け入れられる筈も無く、敵意や嫌悪の視線が凄かった
でも蟠りはいつか解けると信じてぎくしゃくしながらも生活を始めた

おはよう、良く寝られた?お帰りなさい、ご飯にしようか?宿題はやった?と聞いただけで、あんたなんかお母さんじゃない!偉そうにしないで!と反抗される
でも当たり前だよね、私がお母さんだなんて納得いかないよねと思ってたから、寧ろ反応してくれるのが嬉しくてウザい!と言われても声掛けはしていた

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2016年12月20日
カテゴリー:

おもしろ体験談

うちの父親は自分の気に入らないことがあればすぐに怒鳴って不機嫌になる。
私は小さい時から理不尽に怒られていて、私や母がどんなにお願いしても治ることは無かったから諦めてた。
私にも娘が生まれて現在5才で凄く喋る。
どこで覚えたのか分からない言葉が出るわ出るわ。
つい先日、また父が私に理不尽な逆ギレをかましてくれて、しかも娘もすぐそばで見ていた。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

旦那を十年以上ずっと騙し続けていること

私の旦那は会社の元同僚なんだけど、チビでガリでダサくてコミュ障で吃りで不細工で貧乏で高卒だった。
ゆえに、嫌われはしてないけど完全に空気扱いだった。
でもある日社食でふと視界に入った旦那のご飯の食べ方が綺麗だった。
魚とかこんな綺麗に食べる人初めて見たなーと印象に残った。
それ以来、一人ボソボソ隅っこでご飯を食べてる旦那を目で追うようになった。


続きを見る


コメントの数(22)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

数年前、新しくパートで入った会社。
就業規則はそこそこ細かいのにタイムカードがない。
そして絶対に時間内に仕事が終わらない。
毎回終業時間から20〜25分くらいの残業。
長い時で1時間近く残業。
これちゃんと残業代つくのかな…と思い、先輩にきいたら

「30分単位でつくらしいよ」

とのこと。

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2016年12月19日
カテゴリー:

感動体験談

嫁は、俺が就職した会社の先輩で3歳年上。
すげぇー美人の印象だった。
総合職の事務だったので、提出書類とかで話す程度だったけど。
嫁は、大の酒好きで桁違いの酒豪。
酒=水かというくらい。
社内でも飲みにいくことを口実にアプローチした先輩諸氏が多かったようだが、酔わない/潰れないで結局みなさんあえなく玉砕。


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

俺は在宅(実家)フリーランスで仕事をしている
収入は一定ではないがここ数年は手取りで600〜700万

実家なので親父とお袋と一緒に住んでる
親父は病気したのをきっかけに50代でリストラされ現在無職(体調は回復)
母親はずっと専業主婦
親父の退職金は家の残りローンを一括返済して消えた
貯金は多少あるようだが老後の資金には到底足りないようだ


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

女商人「さてアレフガルドに向かいますか」

〜アッサラーム周辺〜

魔「ヒャダルコ!」

魔物の群れを倒した!

僧「大丈夫ですか?べホイミ」

魔「ありがとう。うーん、私たちも大分強くなってきたんじゃない?」

僧「そうですねーこれも商人さんのおかげですねー」

魔「そうね…まだまだあっちの二人にはかなわないけど」

武「捷星魔光弾!」

商「ヒャッハー!!魔物の腸から5ゴールドゲットー!」

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2016年12月18日
カテゴリー:

おもしろ体験談

高校ではそれなりの理由があればバイトOKなところだった。
でも当時の担任は「放課後は部活をするもの。バイト禁止」というヤツで、学校の決まりに放課後は自主学習か部活に励むことって学生証に書いてあると強制的に部活に入らされていた。
クラスメイトのA君(母子家庭)がバイトしないと生活できないと反論。


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

7年以上前、嫁が一回りも下の独身男と浮気をし、離婚となった。
子供は長男と長女の2人で当時7歳と5歳かな?この子らの親権は俺がほぼ争う事なくもらった。
妻は子供には愛情はあったかと思うが、色々な理由でいつでも会えると思い込んでいた。
なので慰謝料も養育費も払おうとしなかった。この辺は詳細は省く。
俺は出て行った妻に「今に見てろ!絶対親子3人で幸せになって再婚もして見返してやる!周囲に自分を認めさせてざまみろと言ってやる」と復讐を誓った。
俺は親戚たちの協力の中、親子3人の暮らしをスタートさせた。


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

妻と初めて会ったのは、ボランティアがキッカケだった。

10年ほど前(当時21歳)俺はとあるキッカケがあって
地元から飛行機の距離の地方にボランティアに行くことになった。
1年半くらい休学して、そっちに住んでの専従ボランティアだ。

赴任当日、現地の集会に参加した席に嫁がいた。
嫁は当時18歳。
嫁は地元に住んでいる娘でボランティアに参加していた。
俺の椅子2つ隣に座っていて「笑顔の可愛い子だな」という印象だった。
ただこの時は挨拶したくらいで、お互い特に強い印象に残ることも無かった。


続きを見る


コメントの数(2)│ コメントを書く
2016年12月17日
カテゴリー:

感動体験談

シモの話があります。
苦手な人はスルーして下さい。
高校生の時に、知らない男性に襲われて(結局未遂に終わりました)、そのトラウマで男性と性交渉が出来なくなりました。
それに気がついたのは大学生のとき。初めて彼氏が出来て、そういう雰囲気になったときにフラッシュバックが起こって

「ごめんなさい。できない。」

と言い、そういうことがあったことを話すと、

「ごめん、受け止められない」

と言われて別れを切り出されました。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

爆笑体験談

「今日は傘を持って出かけると安心でしょう」

という天気予報をきいた小2息子が、

「そりゃそうだよ。傘はいつも俺たちに安心感を与えてくれる」

とか言い出してワロタw

コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

直接血は繋がってないけど嫁が婚前から遠戚だった。
しかもそれが披露宴で判明。
俺の実家は東北、嫁が鹿児島で千葉で出会って結婚。
お互いの従兄弟が関東に住んでて職場が千葉だったから千葉の式に呼んだ。
それぞれの従兄弟が俺と嫁関係なくハトコだったと判明。
さらに俺の直上司が俺の叔父の従兄弟の子供だとなし崩しで判明 更に後日、嫁の遠縁だったという奇跡。
カオス過ぎたけどテーブル行き交う笑顔が絶えな賑やかな式になった。
更に俺の従兄弟と嫁の従姉妹二組が二次会効果でうまいこと行ってて一組は来年春に結婚予定でもう一組は婚約を来週末予定。
俺の母親は元々気が弱い方で親父が死んでからは俺に頼りっきりだったのにうちの嫁を福の神扱いして「義母さんって優し過ぎて申し訳なくなる」と嫁は嫁で気を使ってくれてる。


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2016年12月16日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

昨日のことだが、なんだか書きたくなってどこに書いたらいいかわからん
嫁とはかなり仲がいい(つもり)前提

昨日出先で嫁と家電を買いに行って、着日を決めるのに嫁が手帳を開いた。
そのときに「たかゆき(ハート)」を見つけた。(俺の名前はたかゆきではない)
その場で

「たかゆきって何??」

って聞いたら

『ん?いまそんなのいいから、着日決めなきゃ!』

と、パタンと手帳を閉じてしまった。


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

萌えた体験談

今日のトメコトメ
やっと親戚に配るお萩(超美味しい)作りが終わり
お茶してた時に私がお萩もらいに来たらしい

トメ「嫁さんの分これね」

コトメ「で、私が漬けた野菜はこれね、甘いのばかりだと飽きるっしょ」

トメ「え?私にはないの?」


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

不動産管理会社で働いている。
あるマンションの住込み管理人を募集した時の事。
住込みだと住居費&水道光熱費が無料なせいか
安易な気持ちで応募してくる中年夫婦が多く結構競争率が高い。
その時も5組ぐらいだったか応募あり、時間をずらして1組ずつ面接をした。
面接は俺ひとり。
一応責任者として任されている。


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2016年12月15日
カテゴリー:

衝撃体験談

どっかで似たような話を見たことがあるけど、生みの親と育ての親が違った
6歳の時に生母が家を出て、あまり間をおかずに養母がやってきた
当然「このおばちゃん誰?」と思ったがそこに家族全員から

「どうしたの、お母さんよ」

とやられて
みんな頭がおかしい!と泣きながら家出した

続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

会社の同僚が結婚して新婚旅行に行くことになったんだが、ペットのハムスターをどうしようということになった。
どちらの実家も遠いし・・・ということで、俺が預かることになった。

会社の駐車場でカゴごともらったんだけど、帰宅して様子見るかとカゴのカバーとったら、カゴの真ん中に明らかにハムスターじゃない毛玉が鎮座している。
何これ?と思って、そっと指でつついて転がしたら、下に金具がついてた。
なにー?!とビビって出してみたら、よくわからんけどストラップでもつけられそうな金具つきの毛玉だった。
カゴ中調べたけど、ハムスターはどこにもいない。

同僚に

「おまえ、ハムスターじゃないぞこれ!」

と電話したら、同僚も同僚嫁もびっくり。
慌てて同僚宅にカゴ持って行って毛玉見せたら、同僚嫁の鞄についていたチャームだということが判明。
じゃあハムスターどこ行った!?と3人で手分けして探したら、テレビ台の裏に巣を作ってたorz

無事に捕獲できたけど、どうして毛玉とすり替わっていたのかは未だにわからないままだ

コメントの数(7)│ コメントを書く

TOPへ戻る 次のページへ
週間人気ページランキング

TOPへ戻る 次のページへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
タグ