月別記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
2016年09月30日
 ・体験談:自分でもプロレスをやりたいと思ってプロレス教室で出会ったのが嫁 [感動] (6)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:ある時、うちの会社で派遣社員を大量募集した [おもしろ] (14)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:ずっと服とか共有してた [衝撃] (8)-[ 衝撃体験談 ]
2016年09月29日
 ・体験談:俺はオカマバーで嫁とあった [感動] (5)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:この半年、娘(小四)の胸がスクスクと育ってきてる [おもしろ] (8)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:嫁は大学時代ミスコンに推薦されるくらい容姿端麗だった [ほのぼの] (7)-[ ほのぼの体験談 ]
2016年09月28日
 ・体験談:俺が20歳の時に兄貴が8歳の女の子がいるシングルマザーと結婚 [感動] (13)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:4年間、意識がなかった [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
 ・テキスト:勇者「冒険の書が完結しない」 [おもしろ] (2)-[ おもしろテキスト ]
2016年09月27日
 ・体験談:担当クラスのある園児に腕をガッツリ噛まれた。 [衝撃] (7)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:両親の同級生で親友のおじさんがその手伝いをするようになった [衝撃] (5)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:幼稚園の頃。大好きなじいちゃんが死んだ。 [おもしろ] (5)-[ おもしろ体験談 ]
2016年09月26日
 ・体験談:結婚直前で破綻した [衝撃] (16)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:近所の整備工場を兼ねた販売店で買った [ほのぼの] (8)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:中学校で防災訓練があった時の話 [感動] (11)-[ 感動体験談 ]
2016年09月25日
 ・体験談:「スピード落とせ、ブレーキ踏め」 [衝撃] (6)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:最近旦那の言うことを聞き間違えてとんちんかんな回答をする [衝撃] (8)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:モニタのぞいたら顔をぐちゃぐちゃにした何やら横にふとましい女性が。 [おもしろ] (6)-[ おもしろ体験談 ]
2016年09月24日
 ・体験談:昔っから変な2人だった [衝撃] (4)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:この息子は遺産相続どうなるの? [衝撃] (7)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:作業を教えたら筋がよくて2日でベテラン並になった [おもしろ] (11)-[ おもしろ体験談 ]
2016年09月23日
 ・体験談:父は無精子症。しかし結婚一年目にして母が妊娠 [感動] (6)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:私の実家と夫の実家のぎくしゃくが原因で起こった事件の話 [感動] (4)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:アクアリウムを始めたという友人の家へ行った [おもしろ] (7)-[ おもしろ体験談 ]
2016年09月22日
 ・体験談:職も金もない人生どん底で人間不信女性恐怖症を発症していた俺 [感動] (4)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:サバゲーフル装備で職務質問を受けた [おもしろ] (13)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:自分が中学生1年の時、母親が子供を身ごもった [衝撃] (7)-[ 衝撃体験談 ]
2016年09月21日
 ・体験談:ゲロまみれの山姥を拾ってオシッコかけられたのが出会いでした [感動] (3)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:息子さんが彼女を連れてくることになったけど、卵アレルギーらしい [衝撃] (21)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:DQ…いや、マイルドヤンキーな方々が降りてきた [ほのぼの] (6)-[ ほのぼの体験談 ]
2016年09月20日
 ・体験談:今まで古い女にネチネチやられていてもスルーしていた旦那 [感動] (5)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:体調不良で早めに家に帰ったら嫁が全裸で踊ってた [萌え] (7)-[ 萌えた体験談 ]
 ・体験談:真剣に付き合うつもりで、相手の両親に挨拶に行った [おもしろ] (10)-[ おもしろ体験談 ]
2016年09月19日
 ・体験談:土偶と埴輪の違いは解るか? [ほのぼの] (17)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:待望の赤ちゃん!2人の宝物が来てくれたね☆ [おもしろ] (5)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:宝くじに当たったら泥棒に入られました [衝撃] (11)-[ 衝撃体験談 ]
2016年09月18日
 ・体験談:旦那は大の動物嫌いだった [おもしろ] (6)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:大学生の時に友人の死体の第一発見者になった [衝撃] (8)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:非常に重大な、ベビーな話があります [爆笑] (5)-[ 爆笑体験談 ]
2016年09月17日
 ・体験談:バイト先にいじめの主犯が入ってきたので濡れ衣を着せクビに追いやり前科持ちにしました [おもしろ] (8)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:近所の倉庫の前にでっかいセダンが大名止めしてあった [衝撃] (1)-[ 衝撃体験談 ]
 ・テキスト:勇者「お、おんなになってるだと?!」 [おもしろ] (8)-[ おもしろテキスト ]
2016年09月16日
 ・体験談:煮え切らない態度に女の子はすぐ離れていく [ほのぼの] (5)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:借金があったので、返し終わったら結婚と思っていた [衝撃] (3)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:俺だけが文化部(パソコン部)だったので、唯一の格下認定 [萌え] (9)-[ 萌えた体験談 ]
2016年09月15日
 ・体験談:パートから帰宅したトメさんが足血まみれ [ほのぼの] (5)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:母さん(姑)がいきなり料理下手になった。助けて [衝撃] (7)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:うちの猫様が〇吊りを見つけた [衝撃] (5)-[ 衝撃体験談 ]
2016年09月14日
 ・体験談:昔から裁縫が好きで、服とか鞄とか自作してる [衝撃] (3)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:べそをかきながら「応援して」と言った [ほのぼの] (5)-[ ほのぼの体験談 ]

次のページへ
2016年09月30日
カテゴリー:

感動体験談

17歳の時にプロレスにハマり、自分でもプロレスをやりたいと思ってプロレス教室で出会ったのが嫁
3歳年上の20歳で女子大生の嫁は身長175cmあるショートヘアで筋肉質の女だった
そこそこ美人だけど第一印象では全く好みじゃなかった
小柄な感じの女の子が好きだったから「本当に女か?」ってのが最初の感想
でも実際接してみたら全然見た目の印象と違った

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

ある時、うちの会社で派遣社員を大量募集した。
採用したのは20〜40代の女性10人くらいだったんだけど、その中の20代後半女性2人(Aさん・Bさんとする)が突出して優秀だった。

他の派遣さんたちが10説明してやっと3理解するっていうレベルなのに、その2人だけは3説明すればなぜか10理解する。
初めての業務について説明しても、他の派遣さんたちは
最初は内容すら理解できてない様子なんだけど、2人だけは耳で聞くのと同時に全体像を理解して、説明の最中に
「じゃあこういう時はどうするんですか?」

と複数のパターンを一瞬で想定して質問を飛ばしてくる。

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

私には年子の妹がいる、身長も体格もほぼ同じで成長してきて
だからずっと服とか共有してた。
着れる服が二倍になってお得だと思ってた
その状況が変わったのは私が高校生になった時期
妹がある日

「服を一緒にしたくない、自分だけの服がいい」

って言い始めた

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2016年09月29日
カテゴリー:

感動体験談

俺はオカマバーで嫁とあった

どっちもIKKOじゃないんだがどちらかといえば俺がIKKOだ
トランスジェンダーを貶すような内容があるんで注意してくれ

俺が学生のときにオカマの振りをするのにはまってたんだ
真っ赤な口紅塗って青髭蓄えたままケバ目の化粧して派手な服をきる
そしていつも同じくらいの時間にちょっと遠目のマ○クで朝マ○クを食べに行く
いつも同じ

「コーヒーと・・・ソーセージ(はぁと)。コーヒーはあんんんまいのね」

と男声で言って遊んでた

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

ちょいと質問。
正直困ってる。

この半年、娘(小四)の胸がスクスクと育ってきてる。
で、俺に

「走ると胸が痛い。どうにかならないか?」

と質問が来たわけだ。


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

嫁は大学時代ミスコンに推薦されるくらい容姿端麗だった
白人と日本人のクォーター(四分の一が日本人)で、透き通った肌と赤茶色の髪が印象的
対して俺は天パなタレ目ヒョロ男
そのせいか既婚者と知ってるのに嫁を口説いてくるやつは少なくない
でも嫁はフクシソウタやミズシマヒロばりのイケメンにもなびかない
なぜなら嫁のタイプは
温水洋一と酒井敏也だから・・・
あの雰囲気が好きらしい


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2016年09月28日
カテゴリー:

感動体験談

俺が20歳の時に兄貴が8歳の女の子がいるシングルマザーと結婚して、俺と親父が住む家(母親は俺が中学の時に亡くなった)からすぐ近くのアパートで新生活を始めた。

兄嫁さんはメチャクチャ美人だし、近距離とはいえ別居している俺と親父の分まで毎日夕食の準備をしてくれるような優しい女性。
その娘である姪も母親似の美少女だし、暇を見つけては(というより毎日)俺と親父の家に顔を出してくれる優しい子だった。
兄貴も兄嫁さんはもちろん、姪のことも本当に大切にしていて『幸せ家族』って言葉を検索したら兄一家と出てくるんじゃないかってくらいに幸せそうだった。


続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

4年間、意識がなかった
その間は普通に寝てる感じで、特にたくさん寝たって感じはしなかった
夢も見てたと思うけど、目を覚ましてしばらくして全部忘れてしまった
目を覚ましたとき、家の天井じゃないってのはわかったけど、どこここ?ってしばらく寝ぼけた頭で考えてた
起きようとしたけど体がものすごく重くて動かせなくて困った
たまたま女性(看護婦さん)が近くにきたので声をかけようとしたら声も出なかったし、口もあんまり動かなかった
でも身じろぎしたのをわかったのか、女性がこちらをびっくりしたように見て、ドラマみたいに

「先生〜!○○さんが!」

って叫びながらどっかに行ってしまった

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろテキスト

王「よくぞ もどった!」

王「ではゆくがよい! ゆうしゃよ!」

勇者「……」

勇者「えっ?」

戦士「この戦いも大詰めだな! 後は魔王を倒すだけだ!」

賢者「今の私たちであれば、勝機は十二分にあると思われます」

僧侶「気を引き締めていきましょうね、勇者様!」


続きを見る


コメントの数(2)│ コメントを書く
2016年09月27日
カテゴリー:

衝撃体験談

昔々、幼稚園教諭をやっていた。

ある年の春、入園5日目の担当クラスのある園児に腕をガッツリ噛まれた。
本当にガッツリと。
血が噴き出して他の園児がパニック起こすほど。

その時はお遊戯の準備を他の先生としていた時で、特にその園児と接触していなく、噛まれた理由は全くわからなかった。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

父と母は同級生。
母は在学中に妊娠して父は卒業後に就職した。

母は姉と俺を立て続けに産んだ。
姉が4歳、俺が3歳にになる頃、母は大学に受験して合格。

学業と育児を両立させるのは難しいためか、両親の同級生で親友のおじさんがその手伝いをするようになった。
おじさんは在宅ワークなので都合が良く、快く引き受けてくれた。
おじさんは良い人だった。
幼稚園の送り迎えをしてくれたし、遊んでくれたし、勉強も教えてくれたし、美味しい夕食を作ったり、相談相手にもなってくれた。
おじさんがいたから両親がいない寂しさも感じなかった。


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

幼稚園の頃。
大好きなじいちゃんが死んだ。

葬式で来た坊さんがじいちゃんを殺したと思って、お経中に

「死ね!ナッパ!」

と叫びながら思い切り後頭部殴った

コメントの数(5)│ コメントを書く
2016年09月26日
カテゴリー:

衝撃体験談

結婚直前で破綻した。

新しく転勤してきた営業社員が初めての単身赴任ということで、女子社員であれこれ買い物に付き合ったり、簡単な料理とか作ってあげたりしてた。
本来、奥さんがすることなのに・・・この時点で引けば良かった。


続きを見る


コメントの数(16)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

車を買い換えるとき、地元の経済に貢献しようと思って
近所の整備工場を兼ねた販売店で買った。
新車なんて数年ぶりに売れたらしく、お店の人も嬉しそうだった。

そして納車の日。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

中学校で防災訓練があった時の話。
教室は三階まであったけど、公立中学校だからエレベーターはなかった。

そんな中、クラスのリーダー格が足を骨折をしていて、そいつだけは防災訓練中も教室で待機ってことに朝のホームルームで
決まっていた。

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
2016年09月25日
カテゴリー:

衝撃体験談

私が新卒で入った会社での話。

職場内サークル仲間で

「ハイキングに行こうぜ!」

という話になり、4人車出してくれて乗り合わせていった(ガソリン代はサークル経費持ち)。
うち1台の内訳:私助手席・Aさん運転・BさんCさんDさん後部座席。

車内はなごやかで話も弾み、Bさんは口数少なめだったけど特に気にしてなかった、その時までは。


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

最近旦那の言うことを聞き間違えてとんちんかんな回答をすることが多くなって
旦那に

「おまえ大丈夫?」

と若年性痴呆か何か脳の病気を疑ってくるレベルに。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

うち(と言ってもレオ○レス)で晩御飯食べてたらピンポ〜ン。
モニタのぞいたら顔をぐちゃぐちゃにした何やら横にふとましい女性が。
どなたか尋ねたら

「おね゛えぢゃ〜〜ん」

と。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
2016年09月24日
カテゴリー:

衝撃体験談

うちの兄貴、大学を途中で止めてニートデビュー…と思ったらFXだかでポンと1000万近く稼いで、そのままどっか行った。
うちの姉貴、ちゃんと就職はしてるけど何故か海外を年中飛び回っててイマイチ行方がわからない。


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

昨日の夜、夫婦で義実家行ってきたんだけどさー
テレビのニュースで「社長夫婦を息子が殺害」ってやってて、
旦那が

「この息子は遺産相続どうなるの?」

って言うから、

「この息子が殺したの確定したら、両親からの遺産相続の権利は無くなるはずだよ」

って私が言ったら、義妹が急に

「えええええぇー!!!」

って大声上げて、すごい驚いた。

なんか義実家の面々もシーンとしてしまった。

ただのオーバー気味なリアクションだったのだと思うけど、義実家小金持ちだし、義妹はリボ払い大好きのプチサイマーだし、何となくちょっと怖かった。

コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

食品加工工場で働いてる
ある新人に包丁を使った作業を教えたら筋がよくて2日でベテラン並になった
作業は片側に流し台がついた大きなまな板挟んで向かい合ってするんだけど
新人はその2日間流しの右側の位置で作業してた

3日目、たまたま新人が流しの左側になった
(どの位置で作業するとかは決まってなくて適当に空いたところに立つ)
すると2日間あんなに上手にやってたのに急に作業が遅くなった


続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
2016年09月23日
カテゴリー:

感動体験談

父の修羅場
父は無精子症。しかし結婚一年目にして母が妊娠

父「」母「相性が良かったのね」

「出来無くも無いけど、出来無いかもしれない」

婚約中、自然妊娠は極めて難しいという診断結果を若干オブラートに包んでみた結果

「出来なくてもいいよ。二人で仲良くやっていこう」

と大らかに笑ってくれた女である


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

修羅場とは少し違うけど、私の実家と夫の実家のぎくしゃくが原因で起こった事件の話

義実家は絵にかいたような上流家庭で、割と貧しい家で育った私は、その空気にあまり馴染めなかった
うまく溶け込もうとはしていたのだけど、住む世界が違うという感じで、どうも話がかみ合わない

義両親ももったいないくらい優しい方々で、馴染めない私にとても気をつかってくださったのだけど、そうすると余計に疎外感を感じてしまって、うまくいかなかった

私自身がそうなのだから、私の実両親はもちろん義両親とうまく付き合えず、実家と義実家はほとんど交流がなかった


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

アクアリウムを始めたという友人の家へ行った。

俺も熱帯魚を飼ってるので楽しみにして見に行ったら
立派な90cm水槽がセットアップされていた
(メーカー全部知ってるけど、総額で20万位する設備)。

水は透明で澄んでいて、濾過もバッチリと言ったところだけど
魚が一匹も泳いでいない。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2016年09月22日
カテゴリー:

感動体験談

職も金もない人生どん底で人間不信女性恐怖症を発症していた俺(25)が人間不信男性恐怖症だった恩人の娘さん(17)に家庭教師することになったのがきっかけ。
今思えばいくら「持ってる」恩人とはいえ無茶したものだと思う。

登場人物
俺 フツメン 人間不信の上女性恐怖症を発症
現嫁 Aさんの娘 人間不信の上男性恐怖症を発症
Aさん 現義父 入社当時の直接の上司で大恩人
B君 地元支社に異動してきた後輩
元嫁 幼馴染 俺のトラウマの元凶の片割れ
クズ太 同級生で同僚 俺地元の名家の出 俺のトラウマの片割れ
逝 イケメン 現嫁の同級生 現嫁のトラウマの元凶 


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

まさに修羅の国での修羅場。
サバゲーフル装備で職務質問を受けた。
格好が格好だったから焦りすぎてしどろもどろになって挙動不審に。
車から降りてと言われて降りたらホルスターに拳銃さしたままだったから両手を上げろと怒鳴られた。
それに焦ってしまいおもちゃですおもちゃですと抜いて差し出そうとしてしまい警察官が本物の拳銃を抜こうとしたのがガチ修羅場。

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

自分が中学生1年の時、母親が子供を身ごもった
ある日学校から帰ると唐突に母から知らされた。

母「ねえ、なお(自分の仮名)弟欲しいって言ってたよね?」

自分「えーそうだっけ?(多分言ってない)なんで?」

母「お母さんね、赤ちゃんできたの」

自分「えっ本当かよ」

母「本当。なおの為に産まれてくるんだよ?」

のような会話をして、当時どうすれば子供ができるのかを知ったばかりの自分にとっては
弟妹ができる喜びより、両親がまだそんなことをしているんだと知ったショックの方が大きかった。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2016年09月21日
カテゴリー:

感動体験談

妻とは、真冬にゲロまみれの山姥を拾ってオシッコかけられたのが出会いでした。
その後我が家へ居候→住み込み家政婦化→交際に発展、と言う流れで、妻の借金(連帯保証人)など少々問題がありましたが去年ようやく入籍に至りました。
今年は、遅ればせながら近しい人達だけを招いて小さな式をあげる予定です。

後々そのようになってた経緯を詳しく聞きました。
・当時妻は借金の肩代わり返済でにっちもさっちもいかない状況
・帰宅したらポストにアパートの最終退去通告が大量の督促状と共に入ってる
・糸が切れて自暴自棄になり最後の所持金全部使ってお酒や菓子パンを暴飲暴食
・めずらしく雪が積もった深夜に雪馴れしてない妻がえずきながら雪上を歩く
・当然のごとく足をひねって転び背中をうちつけその拍子に噴水リバース
という流れで、自分が通りかかったのはそれからしばらくしてからだそうですが
自分の前に通りかかった人には無視されたそうです。
都内なので仕方ないですね。

この時、顔から髪から上半身全部がゲロまみれ、髪が顔中にへばりついて山姥でしたし。


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

ちょっと前に超お料理上手な友人に料理のことで相談があるって言われて話を聞いた
息子さんが彼女を連れてくることになったけど、卵アレルギーらしいし
あれやこれやと献立考えたけど、良く考えたら卵一切不使用って難しい
何を作ればいいのか…とのこと
我が家は子供が卵アレルギーで除去食作ってたの思い出したってことだった
で、色々教えて卵なしのパーティーメニュー風の献立を
当日作って振る舞ったらしいんだけど
訪問した彼女が〜発狂したらしい

「卵無しで作れる筈がない!苛めだ!イビリだ!」

って大騒ぎ

続きを見る


コメントの数(21)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

深夜のドラッグストアで自販機横に車を止めたところ
複数のDQ…じゃなくてカスタムカーから
DQ…いや、マイルドヤンキーな方々が降りてきた。
嫌な予感がしたのでいつも飲んでる缶珈琲を買って
急いで車に乗り込んで退出。

…すると、何故か先ほどの車が後方から迫ってきた。
訳判らず逃げようとしたが信号で停止した所で
先ほどの方がやってきて運転席の窓をノックしたので

「な…何でしょうか…?」

と震え声で聞いてみたら

「当たってたぞ!」

との一言と共に俺が先ほど買ったのと同じ缶珈琲。

実は自販機で珈琲を買った直後、もう1本が当たったらしく届けてくれてた…けど、爆音を轟かせて追い掛けて来たら誰でもビビるわw

コメントの数(6)│ コメントを書く
2016年09月20日
カテゴリー:

感動体験談

今まで古い女にネチネチやられていてもスルーしていた旦那が
最近庇ってくれるようになった。
嬉しいというより、不審で気味が悪かったので「何なの今さら?」ときいたところ、「お前の弟に怒られて泣かれた」そうな。

「うちの親は忙しくて俺は姉ちゃんに育ててもらったようなものだ。
 ブスだけど優しい姉ちゃんであんたにもらってもらえて、幸せになれると思って本当に嬉しかったのに、
 なんであんたの母親から守ってくれないんだ?
 粗末にするなら返してくれよ、そんで他の幸せ探させてやってくれ」

ぬぼーっとしてる弟がいつの間にそんな話を…と思いつつ泣けた。

コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

萌えた体験談

体調不良で早めに家に帰ったら嫁が全裸で踊ってた。
いや体を鍛えてた?
ブートキャンプを居間のテレビの前で必死にやってた全裸で。

それをドアのガラスのところから眺める俺。
5分ぐらい見てたけどようやく終わってサンキュービリーと言って汗だくで親指を立てる嫁。
そして俺に気づく嫁。
叫び声を上げる嫁。
貧相な体を必死に隠しながら何故か謝罪する嫁。

色んな意味で衝撃的な嫁の一面を見た出来事だった。
体調の悪さも吹っ飛んで笑い転げたけどね。
ちなみに全裸だったのは開放感から発汗しやすくなって脂肪燃焼するとか言ってた。
シーツを敷いているとは流石に全裸はダメだよね。
あと十分痩せているから脂肪燃焼する必要はないって言っといた。

これが2時間ちょっと前の話。
嫁は今お風呂に閉じこもってます。

コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

嫁と結婚前の交際時の頃。
真剣に付き合うつもりで、相手の両親に挨拶に行った。
家に通され、付き合っている事や将来の事も考えている事を伝えた。
最初は和やかに会話が進んで行ったが、相手両親が俺に

「俺君はどこに努めているんだね?」

と尋ねてきたので
単純に

「XX町の○○(コンビニ店)です」

って答えたら態度が・・・・
そんなコンビニ店員に娘を渡すわけにはいかないとか
真っ青になってマシンガントークで否定された。


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2016年09月19日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

妹の勉強を見てる時

俺「土偶と埴輪の違いは解るか?」

妹「解るよ!土偶はこう(土偶のポーズ)で埴輪はこう(埴輪のポーズ)でしょ!」

そういう話じゃねえんだよ

コメントの数(17)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

旦那から

「待望の赤ちゃん!2人の宝物が来てくれたね☆
 今まで辛い思いさせてごめんね、安定期までは秘密にして落ち着いたらあのうるさいババアを倒しに行こう!」

みたいなメールが来た。

仕事中だったけど、あー浮気相手へのメールを誤送信かー
しかも相手妊娠かよ
不妊5年だししょうがないか
てかうるさいババア呼ばわりなのかよ
あはははは
って涙ぐんだ。


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

宝くじに当たったら泥棒に入られました。
しかも3人。

あるとき私が年末ジャンボで10万円が2本も当たったので、幼稚園の送迎時井戸端会議で話した。

例の大地震から一年近くたってたとはいえ、家の修繕も完全でなかったので、これで家が直せるわーと言う話になった。
その地区でうちはちょっと他の家とは違う打撃を受けてて、一部の破損部分をずっとブルーシートで覆いっぱなしになってた。
大きな破損だったために被災補助だけでは足りず、ローンとかも無駄にお金をかけたくないということで、修繕費ができるまで 放置しようということにしてたのがこれで目標額になるために、これでやっと直せるわーというと話してた。

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
2016年09月18日
カテゴリー:

おもしろ体験談

旦那は大の動物嫌いだった。
過去に犬に噛み付かれてから犬も猫も鳥も無理。
そんな旦那の衝撃的な話です。
我が家の庭に茶トラのメス猫が入り浸るようになった。
餌付けしていたわけじゃないんだけど、あちらこちらで可愛がられているのか、やけに人慣れしている猫でした。
旦那は

「毎日鬱陶しいな。でも俺だって鬼じゃない。保健所には通報しないでおいてやる。」

と静観。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

大学生の時に友人の死体の第一発見者になったのが最大の修羅場。
それも腐乱していた。
俺が帰省したりしていたから会う機会がなかっため、夏休みに入ってからは一度も会っていなかった。
それで大学が始まる1週間ぐらい前におみやげを持ってそいつの家に行った。
メールとかしてたけど返信はなかった。
居なかったらドアノブにおみやげ吊るせばいいかなと思ってた。
俺の家から10分ぐらいのアパートにそいつは住んでいた。
学費と生活費を稼ぐためにパチンコ屋のバイトをほぼフルで夏休みは入れていたらしく帰省もしていなかったらしい。
そいつの家に着いた時に郵便受けにポスティングとかが大量に溜まっていて変だなと感じたのを今でも覚えてる。
ピザ屋の広告だった。
そしてそいつの部屋の前に来た時に微かな異臭を感じた。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

爆笑体験談

昨日の夜の出来事

嫁「ねー相談なんだけど」

俺「なに」


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
2016年09月17日
カテゴリー:

おもしろ体験談

いじめっ子にした中で一番の復讐について書きます。
バイト先にいじめの主犯が入ってきたので濡れ衣を着せクビに追いやり前科持ちにしました。

小5から卒業まで同じクラスの3人にいじめられてた(クラス替えは2年ごと)。
やられたことは、・あることないこと噂を流される。
・盗難事件の濡れ衣を着せられる。
・盗難事件を口実に物を壊されたり捨てられる。
・トイレ掃除の際水をかけられる。
・階段から突き落とされる。
・狭い場所や暗い場所に閉じ込められる。

私が中学受験したためいじめは終わった。


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

昔の話だけど、早朝に犬の散歩で出かけたら、近所の倉庫の前にでっかいセダンが大名止め(っていうの?どーんって横付け)してあった。
他県ナンバーだしこの辺じゃ見ないなーと思ってスルーしたけど、数時間後
買い物に行こうとその道通ったら、倉庫の会社の兄ちゃんたちがセダン取り囲んで大騒ぎしてた。
話を聞くに、無断駐車されて動かせないから困ってる。
しかもそろそろ倉庫の荷物を搬出しなきゃいけないんだけど、そこにセダンがいるから
フォークも使えなきゃ、運び出すトラックも停められないと。

続きを見る


コメントの数(1)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろテキスト

勇者XXX「ふふっここまでだな、大魔王よ。」

大魔王「ぬぅう、たかが人間にここまでされるとは…。油断したわ…。」

勇者XXX「最後にお前の泣き言が聞けてうれしいよ。じゃあな。」

―勇者XXXは剣をゆっくりと振り上げた。―

大魔王「あまいわ!!!」

ピカーー!!!


続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2016年09月16日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

バイトに一日先に入ってたのが嫁
俺が始めてバイトのシフト入った日にご対面で、俺が一目惚れ
でも、話の中で向こうの好きなタイプとは俺はかけ離れてたし、さっさとあきらめて友人として接するようにした
彼氏がいないと聞けば、大学のイケメン、高身長、しかもめっちゃ性格良い奴を紹介したりもしてた
俺は合コンばっかだったけど、嫁に惚れてたもんでせっかく良い感じになってもつきあえず、煮え切らない態度に女の子はすぐ離れていく

1年ほどすると、嫁とはかなり親しくなってお互いいろんな相談をするようになってた
で、ある時俺が他のバイトの女の子から積極的なアプローチを受けた
ギャルだったけど、性格は明るくて、スタイルも良かったw
俺もいい加減、嫁への気持ちも吹っ切ってつきあってみようかなーぐらいに考えてて、そのことを嫁に相談した
もちろん嫁への気持ちは隠したままで
嫁は同じバイトでギャルの俺への気持ちも知っていたようだから、なおさら話しやすかった


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

元彼と結婚の約束をしていたときの話。
借金があったので、返し終わったら結婚と思っていたんだが、返し終わってないのに仕事を辞めたいとか言い出した。
この時点でもう心の中は修羅場。
どの口が言ってるんだと思ったら、返し終わる目処がついてるという。
その頃に仕事をやめたかったらしい。
証拠がないので、残高いくらなのか明細を請求すると拒否され、信用ならないので別れ話を切り出し、続きが話したかったら明細をもってこいと告げ、その日は帰った。
2日後、明細を用意したというので、深夜のファミレスへ。
日時場所指定したのは私。

続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
カテゴリー:

萌えた体験談

俺と嫁の馴れ初め

嫁と初めて会ったのは高校1年生の4月
希望進路別クラス編成のマジックで、男女比率1対6のクラスで嫁と出会った
女子が圧倒的に優位なこのクラスでは、男子はおとなしく過ごすことになる(よくあるギャルゲみたいな設定に喜べるような空気じゃない)
しかし他の男子生徒は運動部だったこともあり、それなりに一目置かれていたのに対し、俺だけが文化部(パソコン部)だったので、唯一の格下認定
率先して俺をパシリに使っていたのが、嫁
呼び名も、例:山田太郎なら、山田君→山田→太郎→タロ、と遷移していく徹底ぶり
嫁は1年生にして水泳部のエース候補でありながら、美術部にも入っているというバイタリティで、他の女子からの人気もあった(運動部と文化部の兼部は許されていた)
そんな嫁にひっぱられた他の女子も俺を呼び捨てにする、という流れ
これで俺の1年間のパシリ生活が決定した
(ちなみにこの件が悔しかったため、理系をむっちゃ勉強して2年次には理系クラスに移り、のちに国立大の理系学科に合格する)


続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2016年09月15日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

今日(昨日)の同居トメ

自転車と電車を乗り継いでパートから帰宅したトメさんが足血まみれ。

「自転車で転んじゃった(´・ω・`)嫁子ちゃんから借りたあいぽっどが壊れちゃった」

を連発。

「そんなことより手当て手当て!結構傷がふかそうだから病院行きましょうか!?」

と言っても

「それより嫁子ちゃんのあいぽっど(´・ω・`)」

・・・このやり取りを数回繰り返した後、

「iPodなんてどうでもいいですから!」

と怒鳴ってしまった。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

舅から

「母さん(姑)がいきなり料理下手になった。助けて」

と電話があったので義実家に行った。
昼食として作ったという野菜炒めがあったが、なんか臭いし黒い…
舅いわく、先月から料理の失敗が増えてきて、最近は毎日こんな感じらしい。
前はメシウマ姑だったのに訳がわからず、たまりかねて息子夫婦にヘルプ出したそうだ。


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

うちの猫様が〇吊りを見つけた時の話。
念のためフェイク入り。
我が家の猫様の朝ご飯を用意して、いつもなら準備した時点で駆けよってくるのに来ないので、猫様ー!と呼んでみる。
しかし来ない!
どこ行った?まさか拐われたとか?と探しまわるとうちの裏手の方で鳴き声がしたので、本気で慌てて外に出た。
(通勤する車が抜け道によく使う側道があるので、まさか轢かれた?とか思った)
裏手にある空き家の前で鳴いてる猫様発見!パッと見は無事。

「猫様!よかった〜!」

駆けよる私を無視して、上を見上げたまま鳴く猫様。


続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
2016年09月14日
カテゴリー:

衝撃体験談

昔から裁縫が好きで、服とか鞄とか自作してる。
高校時代に友人母の依頼で園グッズ作ったら割と評判がよかったので、あまったものをオクに流したら
売る時期がよかったらしく意外と高値がついた。
こりゃいいわと、高校から大学に進学した今でも毎年園グッズをちまちま作ってオクで売ってた。
裁縫は趣味だし、売れたら半期分の書籍費くらいにはなるので、趣味と実益を兼ねて。
今年大学卒業なんだけど(卒業式済み)さすがに最終年は卒論があるのでその余裕ないわと作らなかった。
その後卒論終わって、就職先への引越準備も進めながら卒業旅行の予定立てて・・・と毎日充実してたんだけど、久しぶりにオク用のメアドを確認してみたら、オクに何も出してないのに何故か新着3桁。
全部、以前に取引した女性からのメールだった。
マイルドにして書き出してみたけど、媚びから罵詈雑言へ移行する段階が、なんかもう狂気じみてて怖かった。


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

息子(4才)が耳が痛いというので耳鼻科に行った
普通小さい子は母親が抱っこして診てもらうんだが
あいにく自分は妊娠中で抱っこできないので
ガタイのいい看護婦さんががっちりホールド
小心者の息子は案の定暴れようとしたがビクともしない
ひとしきり抵抗して無駄だと判ったらしく
べそをかきながら

「応援して」

と言った
そこにいる看護婦さん3人位が

「頑張れ!頑張れ!」

の大合唱
お医者さんが吹き出して中座するハプニングがあったが
無事診察完了
優しい看護婦さん、どうもありがとう

コメントの数(5)│ コメントを書く

TOPへ戻る 次のページへ
週間人気ページランキング

TOPへ戻る 次のページへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
タグ