月別記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
2016年07月31日
 ・体験談:最近無言でボケるのにハマっている [ほのぼの] (4)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:数年前、気が付けば俺は結婚してた [衝撃] (15)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:ヲタ女子だった私はその先生と美術が大好きになった [おもしろ] (7)-[ おもしろ体験談 ]
2016年07月30日
 ・体験談:旦那の従姉妹に中学時代私を虐めに虐めた女(以下A子)がいた [衝撃] (3)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:姉貴の出産の時だったんだけど分娩室?に付き添ってくれって言われた [爆笑] (5)-[ 爆笑体験談 ]
 ・体験談:俺の車には元々バンパーに傷がついていた [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
2016年07月29日
 ・体験談:ショーツ型で、ただ履くだけという(要はオムツスタイル)の生理用品がある [衝撃] (15)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:甥が発達障害じゃないかという疑いがあり専門家にみてもらおうという話になった [衝撃] (14)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:親友のAちゃんがテディベアのぬいぐるみをプレゼントしてくれた [感動] (8)-[ 感動体験談 ]
2016年07月28日
 ・体験談:普段ヅラを被ってる上司がありのままの姿を晒していた [爆笑] (10)-[ 爆笑体験談 ]
 ・体験談:顔はいいんだけど小学校時代からいじめられてたらしくて凄く大人しい子 [衝撃] (6)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:いや、嫁ちゃんっていい女だなって思って [萌え] (4)-[ 萌えた体験談 ]
2016年07月27日
 ・体験談:ふざけんじゃねぇ!今までお前に会社が何百万かけたと思ってんだ! [おもしろ] (8)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:近所の奥さんが運転する車に撥ねられた [衝撃] (4)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:入社後配置された同じ部署で、旦那はいきなり天才ぶりを発揮したw [感動] (9)-[ 感動体験談 ]
2016年07月26日
 ・体験談:姉「混浴だー!家族風呂だー!(ry)」[萌え] (7)-[ 萌えた体験談 ]
 ・体験談:合格発表時に付近にいた茶髪の奴が涙流しながら喜んでた [おもしろ] (7)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:車にイタズラされて社会的に抹殺してきた [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
2016年07月25日
 ・体験談:成人になったのだからそろそろいいだろう。実は私子、お前は俺の娘なんだ [衝撃] (7)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:かめはめ波を放った男性の話 [おもしろ] (6)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:彼女、ズボンもスカートも履かずにパンツ丸出しだった [おもしろ] (4)-[ おもしろ体験談 ]
2016年07月24日
 ・体験談:ヒールの折れた女とそれを見捨てた男はこの度無事に結婚しました [ほのぼの] (6)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:俺と嫁の馴れ初めは俺が中3、嫁が中1のときだった [ほのぼの] (9)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:患者さんで金髪メッシュで気の強そうな浜崎あゆみみたいな女性が来た [萌え] (8)-[ 萌えた体験談 ]
2016年07月23日
 ・体験談:何時間残業したか計算して書かねばならない書類があった [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:姉の元旦那がクズの頂点に立つ男だと思っている [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:頬をオカメインコ見たく真っ赤に塗ってた [爆笑] (7)-[ 爆笑体験談 ]
2016年07月22日
 ・体験談:高校生の時、登校中に車と事故った [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:とある歌手の大ファンだったんだけど、その歌手があるときスキャンダルで干された [感動] (9)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:いつもありがとう、愛してるぞって口からツルンと出てきた [ほのぼの] (8)-[ ほのぼの体験談 ]
2016年07月21日
 ・体験談:今日親子3人で買い物に行った時、何故か3歳が突然号泣 [ほのぼの] (5)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:遅刻が怖過ぎて、気がついたら記憶が無かった [衝撃] (5)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:高校のころ、ケガしてないのに左足首に包帯を巻いていた [爆笑] (9)-[ 爆笑体験談 ]
2016年07月20日
 ・体験談:息子が夜熱を出したけど、近所の病院は診療時間外 [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:友人(女性)の友人義父母を一時的とはいえ離婚の危機にしてしまった [衝撃] (1)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:近所にカナダ人が住んでいる [おもしろ] (11)-[ おもしろ体験談 ]
2016年07月19日
 ・体験談:息子)ママ、パパに壁ドンされたことある?? [ほのぼの] (7)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:私は生理で、私は生理のときは下痢になるタイプ [衝撃] (13)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:お父さんお母さんに伝えて欲しいことはない? [ほのぼの] (5)-[ ほのぼの体験談 ]
2016年07月18日
 ・体験談:ある日給食の時間に低学年のクラスがある方から悲鳴が上がった [衝撃] (33)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:大学生の時、なんか地味でダサくてセンスの無い男が同学年にいた [感動] (5)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:俺と上司は同業だが違う大学で嫁と上司は同じ大学の先輩後輩 [おもしろ] (9)-[ おもしろ体験談 ]
2016年07月17日
 ・体験談:凍ってツルツルの道路を走り帰宅中、田んぼに落ちた車を発見 [ほのぼの] (8)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:語学授業の一コマを担当教官とそりが合わなくて単位を落とした [衝撃] (3)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:嫁は俺と同じ会社の同じ階一つ隣の課に配属された [感動] (7)-[ 感動体験談 ]
2016年07月16日
 ・体験談:君、さっきからいつまでゲームを独占してるんだ [衝撃] (20)-[ 衝撃体験談 ]
 ・テキスト:勇者「冒険中って性欲を持て余すなぁ……」 [エロ] (0)-[ エッチなテキスト ]
 ・体験談:あんた!うちの子を殺す気!?出てきて土下座しろ! [衝撃] (7)-[ 衝撃体験談 ]
2016年07月15日
 ・テキスト:勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ…」 エルフの里編 [エロ] (4)-[ エッチなテキスト ]
 ・テキスト:女勇者「伝説の武具を売って欲しいって?」商人「おねしゃす!」[おもしろ] (2)-[ おもしろテキスト ]

次のページへ
2016年07月31日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

旦那の笑顔が大好き。
というか旦那にかまってもらうのが大好き。
というのもあいまって最近無言でボケるのにハマっている。

今日はダンボールを活用。
リビングでテレビを見ている旦那の目の前にダンボールを無言&無表情で置いて、無言&無表情でその中に入り、無(ry で事前に開けておいた丸い穴から首だけ出して、晒し首ごっこ。

ちなみにダンボールには「この者、(旦那名前)に家庭内ストーカー等をし、尻を撫で回すなどのわいせつ行為をした罪により晒し首に処する」と書いてある。(文章適当)

無言で見つめ合って数秒後にブフッと吹き出した。
旦那が。
つられて吹き出しそうになるがこらえて、無(ry でダンボールをガタガタ揺らす。

私「祟りじゃ〜!チューすればお祓いできるぞい!」ガタガタ旦那「そうなの?w」

私「チューしないと祟るぞ!」ガタガタ

旦那「www」

私「早くチューしろよおおお!」ガタガタガタガタ

旦那「はいはいwww」チュ-

私「ありがとうございます。(旦那)さんが幸せになる呪いをかけておきますね」

少ししてダンボールで遊ぶのも飽きたので出てトイレに行って帰ってきたら、今度は旦那がダンボールかぶって無言でスネークごっこやってて笑った。
動くスピードが凄まじく早くて、そのまま玄関前まで行って戻ってきたら息切れしててさらに笑った。
毎日が楽しくてたまらん!


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

修羅場って言うか、俺としてはホントに不可解な出来事

かなり現実味のない話だし、俺自身も何でそうなったのか分からない
だからネタに見えるだろうけど、俺だってネタだって思いたいし、最初はドッキリか何かかと思ったくらい
だからこそ、俺にとっては超ド級の修羅場だった

数年前、気が付けば俺は結婚してた

この気が付けばってのは、冗談でもなんでもない
ホントに気が付いたら結婚してたんだよ

続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

自分が中学の頃の美術の先生がちょっとヲタクだった先生なんだけど、授業がとても面白かった。
ただ教科書のを教えるだけじゃなく、生徒が興味を持って楽しくできる授業をしてくれて(仮面ライダーのデザインを考えましょう、ユニークな自分だけの鉛筆を作りましょうなど)
クラス中みんな美術の時間は楽しみにしてた。
元々数学や国語が嫌いで、音楽や工作が得意で家庭科部でついでにヲタ女子だった私はその先生と美術が大好きになった。
それとその時流行ってた美大を舞台にした某漫画の影響もあってか、「私はこういうのがやりたいんだ!」と思った。
そして色々ありつつ高校卒業後は実家から遠いデザイン学校へなんとか通い、今はデザイナーという人生を歩んでいる。
あの時の先生にお礼が言いたい…
んで、今ウェディングアルバムのデザインをやらせて貰ってるんだけど、すっげえ!!!!
結婚したい泣きそう!?!?!?!?
毎日カップルの写真を編集だなんて楽しいなあ!!!!!!!!
仕事やめたいです!!!!!!


コメントの数(7)│ コメントを書く
2016年07月30日
カテゴリー:

衝撃体験談

旦那の従姉妹に中学時代私を虐めに虐めた女(以下A子)がいた。
この女、高校は別だった(というか私が引っ越した)がそこでも虐めをやって、そこで虐められてた子が自殺未遂。
旦那家はちょっと大きな家で本家。
田舎の地主の家系。
そして虐められてた子は旦那家の主筋で大問題になった。
A子は本家の当主(旦那の祖父、A子の祖父でもある)によって勘当となり高校中退、距離も血縁も遠い親族の家に預けられた。
もちろんA子の親(特に甘やかしてた母親)も厳しく叱責をうけ、生前の財産分与から外された。
そんな経緯で、A子と親族になったなんて知らなかった。
A子は私と旦那の結婚式にも呼ばれず、A子の名字(A子の父親の名字)もありふれたものだったし。

で、最近そういった経緯を知った。
親族が集まった席で、A子の勘当を解いてこちらに呼び戻す話が出て、その名前を聞いて驚いた私が旦那に尋ねてわかった。

続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
カテゴリー:

爆笑体験談

姉貴の出産の時だったんだけど、旦那さんが仕事場からで間に合いそうもないってことで何故か俺に白羽の矢が当たって分娩室?に付き添ってくれって言われた。

親父も仕事でお袋は親戚のところに用があって行ってたんだけど、家にいた俺に親父から電話→様子を見に行ってくれ→

看護婦さん「励ましてあげてください!」

正直出産シーンとかグロそうだったんで勘弁してくださいって感じで外の通路で棒立ちしてたんだけど、中から声がして

姉「なんで誰も来てくれないのぉー!!」

看「弟さんいらっしゃってますよ!」

姉「なんで部屋にいないのぉー!!」

看「弟さん手を握ってあげてください!!」

俺「いやホント勘弁してください・・・」

正直俺がビビりってのもあったんだけど、普段の姉貴の様子とは別人みたいにパニクってる姉貴の様子に引いてしまった。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

俺の車には元々バンパーに傷がついていた。
幅2世阿蕕ぁ長さ10cmぐらいの線状の傷。
春ごろに擦ったんだけど、そんなに目立たないからいいかと思ってそのままにしていた。
そしたら先日オカマ掘られた。
信号待ちで止まっていたら後ろから。
携帯弄りながら運転してての前方不注意だったので、100%向うの過失。

「事故はどちらかが100%の過失なんてことはないはず!そっちだって後方不注意とかあるでしょ!」

とお巡りさんの前でファビョるファビョる。

「信号赤で停止線に沿って止まってる車に追突したのですから、この人(俺)に過失はありませんよ」

とお巡りさんに窘められ、ついでに幼児を2人乗せているのに車内にチャイルドシートがない事で注意されてた。
(反則点?とかなんとか言ってた)
俺の車のバンパーは大きな傷がついて凹んでいたが、幸い本体には影響がなかった。
その傷を検証してるとき、上記の傷に触れ

「これは?」

と聞かれたので

「これは元からです」

と答えた。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2016年07月29日
カテゴリー:

衝撃体験談

ショーツ型で、ただ履くだけという(要はオムツスタイル)の生理用品がある。
私はそれの愛用者。
大学時代、付き合い始めたばかりの彼Aが突然朝私のマンションを訪ねてきた
(確かレポート写させてとかそんな理由だったと思う)。
私は寝起きでパジャマ姿、そしてズボンの端からオムツがはみ出ていた。
それを見た彼Aはショックを受けたらしい。

急に余所余所しくなり、後日

「ああいうオムツみたいなのは履かないでほしい」

と言って来た。

続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

甥が発達障害じゃないかという疑いがあり専門家にみてもらおうという話になった。
(甥=兄の長男)
特徴としては注意力散漫、忘れ物が多い、集中できない、聞き違いが多く会話にならない
誤解や曲解が多い、謝れない、カっとなりやすい、乱暴、他人との距離感がわからない等。
でもうちの父が大反対。
なぜなら甥は父そっくりだから。
甥の症状は全部父にもあてはまる。

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

結婚するとき、親友のAちゃんがテディベアのぬいぐるみをプレゼントしてくれた。
その友達、テディベア作りが趣味な人でウエディングドレス姿のを作ってくれて
それがすごく可愛くて、ケースに入れて棚に飾っていた。
あれから四半世紀が経って、現在私は認知症の義父を在宅介護中なんだけど
その義父が私が気付かないうちにそのテディベアをうちのトイプーにオモチャとして与えてしまった。
私が気付いた時には目と鼻がもげて片手が千切れていた。
トイプーを叱るわけにもいかないし、義父に言っても分かんないし
半泣きで裁縫道具を出して慣れない手つきで修理していたら
パンヤの中に何か薄くて固いものが入ってるのに気付いた。
なんだろうと思って出してみたら、幸福駅の切符だった。
そして重ねるように小さな紙が入ってて「見つかっちゃった?えへへ」とイラスト入りで。
涙腺決壊・・・もう泣けて泣けてその日には何もできなかった。
なんでこんないい人が45歳の若さで珍走団なんかに殺されなきゃいけなかったのか。
泣きながら元通りパンヤの中に埋めて、元のテディより不細工になっちゃったけど頑張って縫った。
糞じじいいいい!と思ったけど、おかげで気が付けたからヨシとしよう。


コメントの数(8)│ コメントを書く
2016年07月28日
カテゴリー:

爆笑体験談

今日出勤したら、普段ヅラを被ってる上司がありのままの姿を晒していた

でも俺は自分から突っ込む勇気はない
上司はいつも通りだし、他の人も不自然なくらい何も言わないし会話がない
どうしよう…と思ってたら同僚が出勤して来た
この同僚、DQNではないがちょっとチャラくて空気読めない
嫌な予感がした

案の定、同僚は上司見るなりブハッと噴き出す
同僚につられて噴き出す人数人
さすがに本人を前に爆笑は憚られたのか一部が場を逃げ出す

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

中学生の頃だけど、好きな男子がいた
顔はいいんだけど小学校時代からいじめられてたらしくて凄く大人しい子
(中学校はA小学校とB小学校の間にあって私はA小、彼はB小)
B小出身者が彼を小馬鹿にして弄ってたのでA小だった子も皆空気を読んで
必要以上には関わらなかった為いつも一人で浮いていた
でも面食い恋愛脳だった当時の私は恋に恋して一目惚れ
いつも一人で本を読んでて、聞こえるように言ってる陰口もガン無視な彼が
暗い過去を背負った王子様()に見えた、ホントにw

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

萌えた体験談

土曜日に言ってみた。
ちなみに嫁は25、俺28な
前提として嫁は基本的にツンデレな感じで、尻に敷かれている。
土曜日の午後、ソファーでコーヒー飲んでる嫁に近づき言ってみた

嫁「なに?おかわりくれるの?」

俺「いや、嫁ちゃんっていい女だなって思って」

嫁「ふんっ。ならそのいい女におかわりを持ってきなさい」

と、嫁が言ったあたりで嫁をソファーに押し倒した

嫁「きゃっ、ちょっとなに?そういう気分じゃないんだけど」

俺「いやいや」

と、ここで俺、お小遣いを貯めて買ったお高いネックレスを取り出し嫁に装着
少し動揺する嫁


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2016年07月27日
カテゴリー:

おもしろ体験談

サビ残、休出当たり前。
盆も正月も休み無し。
ボーナス何それ美味しいの?
有給は名ばかりで、忌引の時に2日だけしか貰えないテンプレみたいなブラック企業に6年勤めてたんだけど。

同業他社で、基本残業無し、休出無し、盆と正月休み、ボーナスもちろんあるよ!
な素敵な会社に転職出来る段取りが決まったので、退職の意をクソ上司とクソ社長に伝えたところ、

「ふざけんじゃねぇ!今までお前に会社が何百万かけたと思ってんだ!
 辞めやがったら全部返してもらうからな!裁判だ裁判!覚悟しておけ!」

と怒鳴り散らされたので、

「裁判!!やる!やるやる!
 今まで貯めた残業何千時間分の証拠のコピーと、正確な勤務日数等の書類もがっちりあるから!
 もうガチでやりましょう!」

って笑顔で返したら、社長室のドアをそっ閉じしたのち、

「それは勘弁してくれ」

と小声で言ってきてワロタw

「ここの職場、サビ残とか休出とか、使えない有給とか日常的に証拠押さえてる人多いから気をつけてくださいね」

と社長に伝え、未払い金をゲットしつつ月末に退職成功。

で、今の職場に移ってから たまに前の同期と飲むんだけど、なんだか残業代もキッチリ出るようになったし、残業休出は(費用が嵩むから)極力やらない。
有給も割と取りやすくなり、会社の雰囲気も良い感じになったとの事。
なんだよー!俺居た時にそんなだったら辞めなかったのになぁ。


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

もう10年ぐらい前の話だけど、マンションの駐車場に向かう途中で
近所の奥さんが運転する車に撥ねられた。
撥ねられたと言ってもその時は軽い感じでポーンと突き飛ばされた感じ。
転んだ時の手の着き方が悪くて手首を骨折した。
その奥さん、両サイドに車が止まっている時のバックでの車庫入れが苦手で
そういう時は頭から突っ込んでたらしい。
で、車を出す時に後方を確認せずに、私が後を通っているところでバックしたわけ。
それもゆっくりじゃなくて、そこそこ勢いつけてのバックだったから
ランプがてかっ!って点いたのに気付いて慌てて走り出そうとしたが遅かった。
一応保険で出来ることは全部してもらったけど、何故か加害者であるその奥さん本人から

「駐車場内ではもっと気を付けて歩いて下さい」

と注意を受けた。

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

旦那は私が入社した会社の同期。
入社リクリエーションの研修でも
これといって特徴のない人畜無害系な感じで同期女性からは話題にも
上がらず。

入社後配置された同じ部署で、旦那はいきなり天才ぶりを発揮したw

あまり詳しく書くと身バレしそうだけど大手外資コンサルに委託してた
流通関係のフロー構築を数日で一人で完成させたり、
いきなり担当外の製造工程の改善提案(激的に改善された)を出したり、
どんな速度で物を考えているのか私の頭では完全に不明な生き物と判断していた。

懇親会の時に少し話した事で意識しだした。
旦那は親の工場で事故があり両親とも他界され身寄りがないそうだ。
だから流通や製造での事故を無くすために頑張るんだと照れながら語ってた。
ウチも父親が交通事故で死んでいたため、おとなになっても他人が悲しまないために頑張るという旦那に惚れたww
顔とか全然タイプじゃないのにww

付き合い始めて2年で結婚、すぐ男の子が生まれ今は小学生。
妖怪なんちゃらより宇宙と光と速度計算に夢中な謎小学生に育ったが理系の旦那も喜んでいるし
旦那と私の遺伝子の結晶を残せて凄く幸せだ。


コメントの数(9)│ コメントを書く
2016年07月26日
カテゴリー:

萌えた体験談

今日久々に実家に電話かけた

母「俺君から電話かかってきたよ〜」

姉「ぅおおおおおお!(受話器から離れてるとこから叫んでる)」

母「春先には帰って来れるん?」

姉「おねえちゃんだよぉおお!(受話器から離れてるとこから叫んでる)」

母「こっちは旅行の予定立てとんよ」

姉「親孝行ぉ♪親孝行ぉ♪(受話器から離れてるとこから歌ってる)」

母「そうなんよ、おねえちゃんが連れてってくれるんよ〜」

姉「帰って〜来いよ〜♪(受話器から離れてるとこからry)」

母「それで俺君も」

姉「さびしいぞ!くぁwせdrふじこ!(受話器から離れてry)」

母「来れるんやったら一緒に」

姉「混浴だー!家族風呂だー!(ry)」

母「もうおねえちゃんに替わるね」

姉「いいよ、しゃべることないー!(ry」

姉「・・・もしもし、顔見せろ、以上」

母「ごめんね、おねえちゃん照れ屋だから〜」

姉「ツンデレおねえだよぉお!(受話器から離れてるとこから叫んでる)」


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

高校生の時の話
県下でも有数の進学校受験して合格!合格発表時に付近にいた茶髪の奴が涙流しながら喜んでた
不良でも受かるのか・・・と思いつつも4月に登校、なんとそいつは同じクラス!

茶髪ではあったが、凄く面白い奴でクラスでもすぐに人気者おまけに顔も良かったのですぐに別クラスの女の子から告白とかされてて、内心「ごのぉぉぉぉやろうぅぅぅ」とか思った
でも、そいつはビックマウスですぐに大げさに喋る奴、それで笑いを取る

仲間内と話している時でも、中学の時は警察沙汰は当たり前、空手有段者と同等レベルの強さ、3人までなら勝てるとか
悪い奴では無かったので皆その話になると「ハイハイ」って感じで聞き流してた
俺も嘘だと思ってた

ある日、学校帰り4人(茶髪含み)で帰宅している時にそれは起きた

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

大学の同期生(顔しか知らない)に車にイタズラされて社会的に抹殺してきた。
内定取り消しと退学のダブルコンボ。
ついでに彼女に振られて、借金11万を210万にする馬鹿な奴。
なんでこんな奴が大学にいたのか疑問に感じる。
頭おかしいとしか言い様がない。

車はBRZで、転勤で車が使えなくなった叔父から借りているもの。

「どんどん乗れ」

と言われてありがたく使わせてもらってた。
それに嫉妬したのか馬鹿がボンネットにガリ傷をつける暴挙しやがった。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2016年07月25日
カテゴリー:

衝撃体験談

結構前だけど
母方祖父70越え 両親40半ば 兄 私 弟 の6人暮らし。
祖母は他界
私の20の誕生日祝いでちょっと豪華な夕食を食べていたとき
祖父がいきなり

「ちょっと聞いてくれ」

両親含め家族全員いきなりなんだと注目したあと

「私子も成人になったのだからそろそろいいだろう。実は私子、お前は俺の娘なんだ」

全員ぽっかーん。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

かめはめ波を放った男性の話。
私は飲食店で働いているのだが、お客のAさんからこんな話を聞いた。
Aさんは大学時代なんとなくトルコ語を履修したことをきっかけに、トルコの魅力に取り憑かれて行った。
必死にトルコ語を勉強し、卒業するころには、読み書きはもちろん聞くのも話すのもお手の物になっていた。
そして実際現地にも足を運ぶようになり、Aさんはますますトルコが大好きになった。
初めは観光地を楽しんでいたが、徐々に地元の人しかいかないような場所に興味がわいた。
ガイドブックには決して載っていない場所へ行くことが楽しくて仕方なかったと言う。
しかしある時、トルコの山道でAさんは数人の盗賊に囲まれてしまう。
持ち物を全部置いていけ、さもなければ殺す、と言われ戦慄するAさん。
荷物を渡したら旅が続けられないどころか、街までの地図もなくなってしまう。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

朝、駅に向かって住宅地を歩いていたら、ちょっと先で女の人がちょうど家を出たとこだった。
前を歩く彼女のピーコートを見て、あれっと違和感。
ちょっと早歩きで近づいて、ぎょっとした。
彼女、ズボンもスカートも履かずにパンツ丸出しだった。


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2016年07月24日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

嫁と仲良くなれたきっかけは東日本大震災
帰宅困難者の俺と嫁は自宅まで20km近くの道中親切なご夫婦に助けて頂きました

この場を借りてお礼を述べさせてください
その節はお世話になりました
ヒールの折れた女とそれを見捨てた男はこの度無事に結婚しました

震災当時、俺24歳、嫁26歳
震災までは俺と嫁はただの会社の後輩と先輩、全く親しい間柄ではありませんでした

震災当日の夕方、東京では帰宅困難者で溢れかえっていました
帰宅しようにも電車が動いていない、タクシーも捕まらない、道路や歩道は大渋滞
そんな中、俺と嫁(当時は先輩)は変える方向が同じだったため徒歩で一緒に帰る選択をしました
俺の自宅までは会社から20km弱、嫁の自宅は俺と同じ沿線の1駅先でした

特に話したことがない間柄だったので道中はもっぱら仕事の話ばかり
そんなこんなで数キロ歩きましたが、嫁のヒールが根元から折れるアクシデント発生
嫁が瞬間接着剤を常備しているタイプだったので、その場で修復したのですが、こんな時に肝心の接着剤の量が足りない
嫁はなんとか騙し騙し歩きました


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

俺と嫁の馴れ初めは俺が中3、嫁が中1のときだった
俺も嫁も剣道部で先輩後輩関係だったんだが、嫁は他の一年生と比べると下手というか運動音痴で他の一年生よりも覚えが悪かった
俺の方は小学校一年生から剣道をやっていて、部内No.2だった

したがって俺が嫁の指導係になった

指導係となったがどうすればいいかよくわからん
よくわからんが俺がどうにかしないと嫁は何も成長しないし同級生と比べて自分だけ弱いままじゃ楽しくないことは明らかだな、俺の国語の勉強として頑張ろうといった動機で指導係をやっていたが、嫁は頑張り屋さんだった

細かいとこは省くけど、俺が「適当な素振りを1000本するより本気の素振りを100本やれ」といえば本気の素振りを何時間かけても1000本やるような頑張り屋さんだった

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

萌えた体験談

自分は歯科医をやってるものだけど、この間患者さんで金髪メッシュで気の強そうな浜崎あゆみみたいな女性が来た。
まぁ美人
でも、たいていこーゆうタイプは待合室で電話したり予約すっぽかしたり、ため口(かったるそうに喋る感じ)聞いてきたりするから、あまり好きじゃないんだけど、その娘は違った
まず問診表に「痛いのが苦手です。
痛い治療をするときは麻酔をお願いします」

と書いてありその時点でちょっと以外だなぁ〜思ってわらたんだけど、そのあとが凄かった
名前を呼ばれると

「は、はいっ!」

とかなり大きな返事。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2016年07月23日
カテゴリー:

衝撃体験談

九九が解らない大学生、みたいなニュースがあるけれど当時衝撃的だった事件。
数年前、中途採用されて就職した会社。
自分と同時採用の女子が4人。
当然同時に研修を受けたりするのでお昼一緒したり徐々に仲良くなった。
就職して約1ヶ月して、初めての会社の締め日があり、タイムカードを持って
その月に何時間残業したか計算して書かねばならない書類があった。
同時入社のA子は、その書類を前に延々固まってた。
A子は、60進数が理解出来ておらず、1時間30分が1.5時間になる理屈が解らない。
1時間15分+1時間15分=2.5時間になる理屈も解らない。
終いにはその書類を前に泣きだした。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

姉の元旦那がクズの頂点に立つ男だと思っている。
私と姉の両親は共に他界している。
私は結婚していて旦那実家で同居。
姉が結婚して姉は旦那と2人で2人の夢だった沖縄に移り住んだ。
姉の元旦那はとても好印象な人でした。
姉に尽くし、優しく、姉が幸せになれてよかったと心から思った。
姉だって尽くされてたけど完全に寄りかかってたわけでは無いし、元旦那の為ならと家事仕事を頑張ってた。
ある日から突然姉と連絡が取れなくなった。
姉の家には家電が無いため連絡ツールは携帯だけ。
どうしても姉に伝えたい事があったので、元旦那の携帯にかけてみるが出ない。
仕方なしに姉宅へ行ったら引越し済みだった。
私になんの連絡もなしに引っ越したの!?と私は混乱。
元旦那実家にも電話がつながらない。
私の旦那と姑は、それは怪しい。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

爆笑体験談

もう10年以上前に別れた元彼から粘着され、ロミオメールレター電話を寄こし、面識の無い旦那の悪口をひたすら留守電に時間いっぱい録音された。
警察もストーカーとまではいかないしぃ・・・と注意してくれることすらしてくれず、途方に暮れる毎日。
ある日、アドレスを変えたのにロミオメールを受信したとき、トメが私に任せろと言って化粧台の前に座り込んだ。
なにやら化粧をしているらしく、顔を真っ白に塗りたくり、頬をオカメインコ見たく真っ赤に塗ってた。
私の携帯で自撮りし(真顔)、元彼に返信。
「嬉しいわ、若い男の子なんて久しぶり・・・」と写真付きで返信した。
「智男が間違えたようです。失礼しました(´・ω・`)」と返ってきたのでアド漏れの原因が智男だと判明。
智男に対する制裁は割愛。
数日後、旦那から

「お前の元彼のTwitterのトップ画像が母さんになってる・・・」

と言われて急いでトメと確認。
トメは息が止まるじゃないかというくらい爆笑、旦那は気持ち悪いもん見たと食欲が減少した。
その後、またしても元彼からメールを受信。
トメに対する求愛が長文に渡って綴られてました。
元彼は私の姑とは知らず、しばらく粘着してきましたが、次第におさまってきました。


コメントの数(7)│ コメントを書く
2016年07月22日
カテゴリー:

衝撃体験談

高校生の時、登校中に車と事故った。
こっちが道路を走ってて、車が駐車場から出てくる所。
双方止まって、「先に行くのかな?」とか思ってたら車の運転手が「どうぞ」と合図してくれたので行こうとしたらなぜか車も発進。
乗っていた自転車の真横にぶつかられ思いっきりこけた。
足とかすりむいて血が出てたんだけど「事故った!」と混乱してたら運転手が出てきて

「大丈夫ですか?学校行けますよね」

と言われ

「行けます!」

と返事をして解散。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

もう大昔の話。
姉は当時、とある歌手の大ファンだったんだけど、その歌手があるときスキャンダルで干された。
テレビにも出演しなくなり、大勢いたファンもどんどん離れて行ったらしい。
姉に「残念だね」と話したのだけれど、姉の方は「私はそれでもあの人のファンだから」と、ファンレターを送り続けていた。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

昨日仕事から帰ってテーブルに晩飯お膳してるの見て思わず、いつもありがとう、愛してるぞって口からツルンと出てきたんだよ
まー嫁さんすんげーにやけるのね

で、普段飯食うときはテーブルで向かい合わせなんだけど、昨日と今日は隣にべったりだ
あーんなんて付き合って頭お花畑の時ですらやったことないぞ…拷問に近いなアレ。
ハメ外しすぎて今日の仕事休むハメになったしな…

まぁ、ありがとうとかメールやLINEでしか言ってなかったからよかった

一緒に風呂入って、ベッドで体拭いてたら嫁さんに頂きますって言われてな、ハメにハメ外して朝までコースして、朝七時に職場に熱出たって突休連絡した

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2016年07月21日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

今日親子3人で買い物に行った時、何故か3歳が突然号泣

「1個だけね?」

と2人と約束をし、お菓子売り場に向かうと選んできたのが棒のついたアンパンの人のチョコ

「○○ちゃん(1歳半)の!○○ちゃんの!」

と2つ差し出してきた
ここで母は悩む
1個だけを貫くか、下の子を思える優しさを褒めるか…
まぁそんなのは一瞬で、キラキラとした瞳に負け即座に褒めた

1歳半に

「良かったね!にーにが○○ちゃんにもって!」

と振り返ると何故か1歳半も棒のついたキャンディを2本持っていた

結局2個ずつ買わされてしまい、可愛いような、騙されたような、複雑な気持ちで帰路につきました


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

遅刻が怖過ぎて、気がついたら記憶が無かったこと。
私は学生時代、電車遅延以外の遅刻をしたことなかった。
社会人になってからは益々遅刻が怖くなって、絶対に遅刻しないように会社に1時間前に着くようにしてた。
ある日電車が遅れて、30分前に会社到着。
上司何人かに、

「今日はいつもより遅いねー」

って、言われた。
別に遅くないんだけど、すごく失望された気がして怖くて怖くて壊れた。
寝過ごすのが怖くて眠れなくなってね、11時に布団に入って、2時くらいまでアラームかけたのかひたすら確認、再確認。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

爆笑体験談

高校のころ、ケガしてないのに左足首に包帯を巻いていた
テニス部に所属してて、試合にも包帯を巻いたまま出てた
でもさすがにそんなことが一年以上も続けば周囲も疑問に思う
ある時、顧問に呼び出されて

「おまえ、その包帯ちょっと取ってみろ」

と言われた
当然ながら無傷な足首を見て、

「・・・まぁ、俺もそんな時期があったよ」

と生ぬるい目で言われた


コメントの数(9)│ コメントを書く
2016年07月20日
カテゴリー:

衝撃体験談

10年くらい前の話だけど。
幼児だった息子が夜熱を出したけど、近所の病院は診療時間外。
でもまだ自治体がやっている夜間小児診療の時間内で、タクシーでいけば間に合いそうだったので急いで向かうことに。
22:00までの診療で、診療センターの前に到着したのが21:50。
タクシーの運転手も

「間に合いましたね」

と言ってくれてたのではっきり時間は覚えてた。
嫁にタクシー料金払ってもらっているあいだに、先に子ども連れて診察室へ向かう。
館内に入ったところで、別の出入り口からいそいそと退出してく人影が見えた。
その時は気にもとめなかったのだけど。
で、受付の部屋に入って

「子供が熱を・・」

と言いかけたら、こちらに気がついた受付の看護師が「しまった」という表情。


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

友人(女性)の友人義父母を一時的とはいえ離婚の危機にしてしまった。

友人夫婦は結婚してからも別居の友人義母の過干渉に困っていた。
友人夫婦宅に事前告知無しに訪問しては孫の催促、料理や掃除の手順から完了まで、生活費の使い道など様々。
そんな中いつもは防波堤となり諌めている友人夫にどうしても断れない出張が入る。

他人がいれば友人義母も訪問を遠慮するだろうと頼まれ他の友達2人と友人宅へお泊りに。
お酒も入り近況話などで盛り上がってるとインターフォンの呼び出し音。
まさかの友人義母訪問。
お泊りの件は事前に告知してるにも関わらず。


続きを見る


コメントの数(1)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

近所にカナダ人が住んでいる。
本国で学んでいた剣道を極めるために日本に来たそうだ。
週に何回かゴミの日にゴミ捨て場で会うたび少し会話する。
「日本は暖かいね〜」が口癖の彼は
8月は上半身ヌードで9月はタンクトップだった。
流石に10月後半には「少し涼しくなってきました」と言い半袖Tシャツを着るようになり
11月半ばあたりに会ったときは「寒くなったね!」と半袖Tにマフラーと手袋をしていた。
違うそうじゃない、と言いたくてたまらなかったが言わなかった。

今朝、ゴミ捨て場で会ったらセーター着てた!
こっちはダウンコート着てても寒くて震えてたけど・・・。
カナダ人寒さに強すぎ。


コメントの数(11)│ コメントを書く
2016年07月19日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

最近流行りの「壁ドン」
TVで特集していたのを子供(小1男子)と見ていたら突然、

息子)ママ、パパに壁ドンされたことある??

私)えっ・・(汗)いや、パパそういうキャラじゃないからされたことないよ
(夫はいわゆる草食系です)

息子)ふーん、じゃあ△△(息子)がやってあげようか?

私)ふぇっ!???


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

※食事中注意

高校生のとき彼氏の家におよばれした。
そのとき私は生理で、私は生理のときは下痢になるタイプなんだけど、彼の家で下痢に行きたくなってしまった。
トイレに行ってしようとしたら
彼氏のお父さんがノックしてきたため何も出さずに我慢して部屋へ戻った。
もう一度行ってしようとしたら今度は妹さんがノックしてきたのでまた我慢した。
もう限界すぎて冷や汗流しながら倒れて今日はもう帰りますと彼氏に伝えた。
帰りに公園かどこかでするつもりだったのに彼氏が心配して迷惑なことに付いてきた。
バスに乗らないといけない山奥だったためバスに乗る前に公園行くつもりがそのままバスへ。
バスの中でも彼氏を無視しひたすら下痢を我慢することに集中した。

やっとこさバス停について、泣きながらもう今日はここでいいんですと言ったら

「何かしたんだったら謝るごめんねどうしたの」

とまだついてくる。

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

この前、小2長男の個人懇談に行ってきた。
先生が長男に、

「お父さんお母さんに伝えて欲しいことはない?」

と聞いたところ、長男は先生に手紙を託したそうで、懇談の際に見せてもらった。

「どうしても、からあげがたべたい気持ちを分かってほしい」と書いてあった。

今までも何度かリクエストがあったが、揚げ物は面倒だから先伸ばしにしていた。
まさかこんなに思い詰めているとは。

今週末はからあげを作ってやるつもり。


コメントの数(5)│ コメントを書く
2016年07月18日
カテゴリー:

衝撃体験談

十数年も前の小学3年くらいの頃の話

ある日給食の時間に低学年のクラスがある方から悲鳴が上がった
なんだろなと思って友達と話してたら1年生の妹の友達が泣きながら駆け込んできた
その子は私に縋り付いて

「妹ちゃんがぁー!!!」

とギャン泣き

続きを見る


コメントの数(33)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

大学生の時、なんか地味でダサくてセンスの無い男が同学年にいた。
髪はボサっとしていて眼鏡をかけており、服装も変。
そしてやたら背が高くて色黒だった。
顔立ちはくっきり二重で、よく見れば悪くない。
身だしなみをしっかりすれば普通にモテるんじゃないかと思われる人。
「一人にしてくれ」というオーラを四方八方に振りまいてたから友人はいない。
派手目な女子達は

「あの男は恋愛対象外w死んでもナイw」

と嘲笑っていた。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

俺と上司は同業だが違う大学。
嫁と上司は同じ大学の先輩後輩。
・嫁、上司に誰か良い人を紹介しろとねだる。
・上司、自分の同業同大学別会社の後輩(嫁から見た先輩)を嫁に紹介。
・嫁、会った翌日に即行で断り、マシな男を紹介しろと上司に要求。
・上司、俺に話を持ってくる。
当時の俺、キャバクラやメイドカフェに通いまくり遊びまくりの上にヲタ。
・ある秋の日、上司仲介のもと、嫁と都内の超高級レストランでお見合い。
・会った時の互いの印象 俺→性格悪そうな女 嫁→何このヲタ
・空気読めない俺、ヲタ話全開、夜遊び話満載の会話、上司あせってが取り繕う展開で進む。
・上司命令で、帰りは俺が嫁を家まで送ってくことに。
この時、電話番号メアド交換。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2016年07月17日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

冬の夜、凍ってツルツルの道路を走り帰宅中、田んぼに落ちた車を発見。
取り敢えず脇道に車を停めて、

「大丈夫かー?」

と大きな声をかけてみたら、俺と同い年位の女が車から降りてきて泣きながら

「すいません。大丈夫です。警察には連絡しました。」

と言われた。

怪我や痛いところはないが車のエンジンが掛からなくなったと聞き、凍死したら大変だし、外も寒いからと成り行き上、俺の車の中で警察を待つことに。
ヒーター最強にしたら車の中が泥臭くなる。
足元見たら泥だらけ。
それに気付いて寒いだろうし、ジム用の上履きもあるから靴脱げば?と言おうとしたところ、二人同時に

「あの〜」

と言ってしまう。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

大学1年の時、第二外国語の語学授業の一コマを担当教官とそりが合わなくて単位を落とした。
えこひいきがひどかったり、発音が変な学生をその場で小馬鹿にするような先生で1/3くらいの生徒がボイコットしたり。
そうすると翌年に強制的に再履修ということになるのだけど、その担当が引退間際のお爺さん先生だった。
仙人みたいな風貌、年もけっこういっててヨボヨボ。
そのせいか歩くのがとても遅かった。
自分が行っていた大学では、授業開始から30分経過しても先生が来なければ自然休講。

続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

嫁は俺と同じ会社の同じ階一つ隣の課に配属された。
しかし配属後1年は挨拶程度で何の関係も持たなかった。
嫁は違うと言うが俺は嫁を魅力的と思えなかったので意識する事はなかった。

実家が高度成長期に土地成金になったクチで
嫁は根っからの上流階級に少々コンプレックスを持っている。
加えて容姿がデブスだったのが災いしお嬢様女子校時代は底辺グループに属して居たらしい。
別に卑下する必要ないと思うがコネ入社だった事も気にしていた。
自分は社会に受け入れられないと悩みちょっと残念な大学・OL時代を過ごしていたと思う。

ある日夜8時半ごろ誰も居ないはずのオフィスに帰るとコピー機の前で嫁が奮戦していた。
よく聞くと3人でやるはずだった仕事だが、先輩OLは年休を取り、後輩の新入OLはデートだからと帰ってしまったという。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2016年07月16日
カテゴリー:

衝撃体験談

今日彼氏が髪を切りたいというので、車を出してショッピングモールにあるお店まで連れて行った
私は待ってる間暇なので、音ゲーコーナーにいって初音ミクのゲームをして時間を潰すことにして、それを彼氏に伝えた
年末最後だからか他に人もいなくて、独り占め状態
ワンプレイして終わるごとに周りを見て、誰もいないのを確認してまた100円を投入
これを4回程繰り返した
そして5回目、また誰もいなかったので100円投入してプレイしていたら、選曲して楽曲開始直後、後ろから肩をポンポンと叩かれた

続きを見る


コメントの数(20)│ コメントを書く
カテゴリー:

エッチなテキスト

女戦士「しっかし、このサマンオサ……、着いたばかりだが、街の雰囲気が随分暗いな」

女僧侶「ほんとですね……。皆、落ち込んだ表情をしています」

女賢者「何かあったのかなぁ」

勇者(はぁ……、そんなことよりセックスしたいよ…………)

ここはサマンオサの城下街。
魔王討伐を使命とする勇者たちは、順調に旅を進めていたが、勇者は仲間たちと24時間ほぼずっと一緒に行動してるため、中々オナニーできず、毎日毎日、悶々とした日々を送っていた……。

〜サマンオサ城下の道具屋〜

勇者「消え去り草?」

店主「はい、ランシールから仕入れた貴重なアイテムでございます」

戦士「500Gは高いぜ。ボってるんじゃないのかぁ?」

店主「とんでもございません。元々貴重なものですし、輸送費を含めますとそのくらいに……」

勇者「何か役に立つ時がくるかもしれない。みんな、買ってもいいかな?」

僧侶「私は構いませんわ。勇者様がそうおっしゃるのなら」

賢者「いいんじゃないかなぁ」

戦士「まぁ、勇者に任せるよ」

勇者「それじゃ、ひとつ頂戴」

店主「はい、ありがとうございます」


続きを見る


コメントの数(0)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

今さっき買い忘れがあって買い物に行ってきた。
車で行ったんだけど、道が細いところがあって結構飛び出しが多いから徐行で通ってたら、子供が飛び出してきた。
そんなスピード出てなかったからちゃんと止まれた。

すると近くに居た親に

「あんた!うちの子を殺す気!?出てきて土下座しろ!」

とドアを思いっきり叩かれた。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2016年07月15日
カテゴリー:

エッチなテキスト

ノアニール西の深い森

勇者(アリアハンを発ってから、早3ヶ月……、一度もオナニーをしてない……。
チンチンが破裂しそうだよぉ……)

女戦士「噂じゃ、この辺りのはずだがなぁ」ガサゴソ

女僧侶「この森のどこかに、エルフの里があるはずなのですが……」

女賢者「うぅ〜、もう足つかれたぁ〜」

勇者たちは、ノアニールの街の人たちにかけられた眠りの呪いを解くために、呪いをかけた張本人であるエルフを探していた。

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろテキスト

女勇者「まぁ、魔王も倒しちゃったし、いらないって言えばいらないかな」

女僧侶「世界も平和になるでしょうしね」

商人「でしょ?だから私に売ってくれないですか?」

勇者「ん〜、私は別にいいけどねー。一緒に戦った仲間だし」

僧侶「戦士さんどうです?」

女戦士「別にいいんじゃね?あたしもまぁ剣は捨てようかと思ってるし」

勇者「ありゃ意外、このあとどうするの?」

戦士「まー故郷に帰ってから考えるよ」

商人「では武具や道具は私が引き受けるということで」

僧侶「商人さんに旅の資金や道具の管理してもらってましたからね」

商人「あざーっす!それで旅で残った資金なんですが、現金がこれくらいでして」

パチパチパチ

勇者「お・・・・・・おお」

戦士「すげぇ・・・・・・」

僧侶「こ、こんなに!?」

商人「おっとソロバンの桁が一つ低かったです。これだけです」

パチンッ

勇者「おわっ!」

戦士「こりゃ城が帰るんじゃね!?」

僧侶「あわわ・・・・・・」

商人「いやぁ、魔物からも魔王軍からもたくさんいただきましたからねー」

商人「それを山分けして一人これだけです」

パチッ


続きを見る


コメントの数(2)│ コメントを書く

TOPへ戻る 次のページへ
週間人気ページランキング

TOPへ戻る 次のページへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
タグ