月別記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
2014年11月30日
 ・体験談:すいませんw俺の知り合い板金やってるんで [おもしろ] (4)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:私とそのA子という人はかなり似てるらしく [衝撃] (11)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:不良っぽい問題児だった洋平って奴がいた [感動] (8)-[ 感動体験談 ]
2014年11月29日
 ・体験談:DQN高校を中退してひきこもり中)に彼女が目をつけられた [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:嫁子さんは食べられないものってあるかしら? [おもしろ] (10)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:仕事を片付けるまで帰ろうとせず、サービス残業を繰り返していた [衝撃] (7)-[ 衝撃体験談 ]
2014年11月28日
 ・家族が待ってるんでもう帰りま〜す! [衝撃] (6)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:引き取って育ててたかわいげ皆無なクソガキがけっこーいい大学に受かった [感動] (4)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:ようやく私がアゲマンであることが証明されたわね [爆笑] (10)-[ 爆笑体験談 ]
2014年11月27日
 ・体験談:一人暮らしの大学生…という名のロクデナシだった [感動] (6)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:駅で切符を買ったとき、Bさんの財布から指輪が落ちてきた [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:招待客の中にお金持ちのお嬢様が居た [おもしろ] (10)-[ おもしろ体験談 ]
2014年11月26日
 ・体験談:やたらめったら古い木でできたタライがある [衝撃] (7)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:先日、会社に泥棒が入った [衝撃] (8)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:隣のOLが先に線路めがけて飛び込んだ [感動] (11)-[ 感動体験談 ]
2014年11月25日
 ・体験談:俺の大好物のコロッケを揚げていてくれたんだ [感動] (11)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:「日本は戦争責任が〜」と授業で述べた [感動] (21)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:さっきの犯人じゃない? [おもしろ] (12)-[ おもしろ体験談 ]
2014年11月24日
 ・体験談:衛生の問題がありますので、お持ち帰りはご遠慮します [衝撃] (15)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:それなりに出来が良い兄だ [感動] (6)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:男の子の服ばかりで買い物も寂しいでしょ [衝撃] (8)-[ 衝撃体験談 ]
2014年11月23日
 ・体験談:おれ中の時犬連れてきた [感動] (19)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:ドシで泣き虫で勉強も、運動も出来なかった女がいた [感動] (11)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:知り合いの前で私を扱き下ろす癖があった [衝撃] (14)-[ 衝撃体験談 ]
2014年11月22日
 ・体験談:甥にあげる約束をした中古のゲーム機とポケモンのソフト [衝撃] (13)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:里帰りされたら家のことはどうすんだ [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:大学生のきれいなお姉さんが俺の隣に座った [感動] (9)-[ 感動体験談 ]
2014年11月21日
 ・体験談:この子は園児ですってば [衝撃] (3)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:は?意味わかんない、ひとを勝手に殺すな [萌え] (8)-[ 萌えた体験談 ]
 ・体験談:中学の2年生頃部活の先輩に虐められてた [おもしろ] (7)-[ おもしろ体験談 ]
2014年11月20日
 ・体験談:家の畑で勝手に野菜を収穫していた親子 [おもしろ] (6)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:集団登校中に子ども達がカバンを見つけた [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:ヤンキーかギャルかわからないような女たち [感動] (13)-[ 感動体験談 ]
2014年11月19日
 ・体験談:従兄弟から性的虐待受けてて親友に相談した [衝撃] (15)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:読者モデル経験のあるコトメは確かに美人でスタイルいいんだけど・・・ [感動] (6)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:ドライブ中、トラックに追突されて旦那と姪御は帰らぬ人になった [衝撃] (15)-[ 衝撃体験談 ]
2014年11月18日
 ・体験談:カニの本場に旅行した時に市場でカニを買って送ってもらったら [衝撃] (22)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:私は生まれ付いての売春婦って、親戚と近所に言いふらしてくれた [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:幼稚園の役員ママに一人、手癖の悪い人がいる [衝撃] (6)-[ 衝撃体験談 ]
2014年11月17日
 ・体験談:妹が短大を中退した [感動] (14)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:不思議の国のアリス症候群になる事があった [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:ミナちゃんのお父さんは低学歴だからお豆腐屋さんなんだね [感動] (19)-[ 感動体験談 ]
2014年11月16日
 ・体験談:ゲームボーイソフトを贈ったんです [感動] (9)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:主婦グループで、ファミレスでお昼を食べることになった。 [衝撃] (9)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:チャットソフトで知り合った7歳年下の女の子と成り行きで付き合うことになった [感動] (10)-[ 感動体験談 ]
2014年11月15日
 ・体験談:某国ド田舎で暮らしていた時の人生最大の修羅場 [衝撃] (24)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:クラスのリーダー格の女子Aに、ブスという理由でいじめられてた [衝撃] (6)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:私は1週間前に自転車を盗まれた [衝撃] (8)-[ 衝撃体験談 ]
2014年11月14日
 ・体験談:当然のごとくゴムが持ち物入り [おもしろ] (9)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:うちの姫のほうが似合うから貰ってあげる [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]

次のページへ
2014年11月30日
カテゴリー:

おもしろ体験談

国道をノリノリで熱唱しながらドライブ、赤信号で停車中。
その時、前の軽自動車が急バックして俺の車と衝突。
俺は車道の端へ車を寄せフロント部分を見ていた。
軽自動車の運転席から出てくる男。
18〜20くらい、上下ジャージ、金髪プリンの見た目DQN。
ヘラヘラしながら近づいて来て

「すいませんw俺の知り合い板金やってるんでそこに頼んだら完璧に直せるっす」

俺「これ国産じゃないからディーラーに出すけど、とりあえず警察呼ぼうか」

DQN「いやいやいや、まじ警察勘弁っす。マジ知り合い完璧に治せるんすよ」

俺は無言で携帯から警察へかけようとすると、そのDQNは俺の携帯を取り上げ

DQN「いやいやいや。マジで。マジで。なんなんすか自分マジで。」

と、俺の車のフロントガラスを叩いた。

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

進学により上京してた頃の話。
私は女で今はUターンして地元にいる。

ある時期、やたら道を歩いてると

「あ、A子!」

って声をかけられた。
そのたび

「違います」

って否定してたんたが
私とそのA子という人はかなり似てるらしくてあちこちで声かけられた。

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

中学校の時、もともと不良っぽい問題児だった洋平って奴がいた。
そんなに怖がられるような奴ではなかったし暴力騒ぎはおこさなかったが、洋平の大学生の兄がバイク事故で亡くなった。
洋平は荒れて、学校に来ない日が続き、ようやく出席しても特に先生に対する暴言、暴力を振るった。
更には同級生にまでささいな事で一方的に喧嘩をふっかけた。
担任の赤田先生はそれでも洋平にストレートにぶつかっていた。
洋平は赤田先生に平気で暴力をふるうまで荒れて、手が付けられない、そんな状態でした。

しだいに生徒の親やPTAで問題視され学校側も対策を考え出したみたいでした。
ある日、洋平はいつも通り赤田先生に注意を受け、暴言で返し、再度注意を受けると赤田先生に蹴りを入れました。

「いちいちうるせぇんだよ!死ねよ!」

洋平は赤田先生にそう言いました。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2014年11月29日
カテゴリー:

衝撃体験談

彼女を親に会わせるため実家に招待したら
近所のA(年は俺の1コ上、DQN高校を中退してひきこもり中)に彼女が目をつけられた。

Aはガキの頃からとにかく性格が悪くて
1コ下で当時体の小さかった俺はさんざんいじめられた。
Aはすごい無口で、外で俺を見かけると無言で俺の持ってるもの何でもひったくっていく。
取り返そうと追いかけるとボコボコに殴られたこともしょっちゅう。
Aの親は近所でも有名なクレーマー気質の人で
俺んちの親は事なかれ主義だったからいつも泣き寝入りだった。
でも中学に入る頃には向こうもかまってこなくなり
Aが底辺DQN高校に進んでからはもう完全に接点なくなった。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

結婚して初めて義実家に顔を出したとき、トメに

「嫁子さんは食べられないものってあるかしら?」

と聞かれたので素直に

「カキが苦手です」

と答えた

その日の夕食、牡蠣ご飯に牡蠣フライ、牡蠣入りのスープ…と見事な牡蠣料理オンパレード
柿は苦手だが牡蠣は大好きな私
狂喜乱舞してむしゃむしゃと食べまくった
トメ、当然変な顔

「嫁子さん牡蠣苦手って言ってなかった?」

「違いますよ〜苦手なのは果物の柿で海の牡蠣は大好きなんです!牡蠣ご飯美味しいですねー!」
(無意識)

というか私は前述の問いかけに柿と答えたつもりだったのだが私は昔から発音がおかしいので
トメは牡蠣だと思い込んだらしい
そのやりとりを聞いた旦那とウト、後ほどトメをしっかり〆てくれた
(その場では私がトメの嫌がらせに全く気付いておらず牡蠣に大喜びしてたので)

しかしその食べっぷりは作った方としては気持ちよかったらしく
トメとは何故か割といい関係を築けているので、結果的によかったのかね?
しかし発音の悪さだけは直したいです


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

A子(24):会社の後輩。かわいい。
B男(32):A子、私の上司。イケメンだが既婚者。
C男(?):A子の彼氏。アパレル店員。
D男(?):C男の友達。
私(26):女。
彼氏(29):私の彼氏。

去年の話。

その年に派遣で入社してきたA子。
まじめっぽい、いかんせん仕事ができず、フォローする私は結構苦労させられていた。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2014年11月28日
カテゴリー:

衝撃体験談

そういえば、せこい母がいたなぁ〜
息子のスポーツクラブの、母だけの飲み会を企画した。
午後6時半集合〜ってなってたんで、5分前ぐらいに着いたらば、そいつ、既にちゃっかり飲んでいて

「もう〜遅いよ!!何してたの?」

・・・普段、そいつは試合も来なければ練習時の手伝いもしないし
みんなもそれほど話したりしたこともないのに(それでも飲み会には来る)
いきなり何じゃ?と思ったけど、まあ飲みの席だからと

「あはは、ごめんね」

と言いつつ着席し宴会へ。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

訳あって引き取って育ててたかわいげ皆無なクソガキがけっこーいい大学に受かった。
正月に親戚が集まったときあんまり性格がよくない俺の嫌いなおばちゃんに

「私たちのところで引き取ってたらもっといいところに行けたかもね」

ってそのそいつが言われてて、
(そのおばちゃんはこいつを誰が引き取るかっていう親族会議になったとき
 「私は絶対嫌」って本人の前で言いやがった。一番経済的な余裕があるのに!
 それで俺が勢いで「じゃー俺育てます」って言っちゃったんだけど)
俺はいらいらしつつもああそうなのかもな、俺がもっといい会社に就職したりはやく出世したりしてれば、
こいつにもっといい環境を与えてやれただろうし塾だって通わせてあげれたのにな、よく考えれば俺があのときこいつを引き取るなんて言わなければ他のもっと金持ってる誰かがこいつを引き取っただろうし、あー俺もしかして悪いことしちゃったのかな、って思ってたらそのクソガキ、

「今の自分があるのは○○(俺の名前)さんのおかげだし、
 俺がこんなとこに受かれたのも○○さんのおかげです」

って。
言ったんだよ。

続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
カテゴリー:

爆笑体験談

この春、昇進しました。
ありがとうございます。

で、嫁にそのことを伝えると

「ふっ、ようやく私がアゲマンであることが証明されたわね」

と・・・

俺さ、アゲマンのマンってマソコのマンだと思ってたのよ。
だから

「おいおい、アゲマンなんて家の外で言っちゃダメだぜ」

って言ったんだけど、嫁は

「そうなの?」

と・・・

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2014年11月27日
カテゴリー:

感動体験談

13〜4年前、俺は親元を離れて一人暮らしの大学生…という名のロクデナシだった。
自己愛性人格障害の父親に反発しつつも影響をモロに受けプライドばかり高く、傲慢さを誇りと取り違え、感謝の気持ちを知らない鼻持ちならない香具師だった。

そんなとき俺は交通事故を起こした。
原付で90歳の爺さんにぶつけてしまった。
夜中とはいえ横断歩道を渡っていたのに直前まで気が付かなかったこちらのミス。
地元の名士だったらしく、集まってきた付近の住民たちが口々に俺を責め立てる。
救急車で運ばれる爺さん。
オタつきながら俺はこう考えていた。
「これで前科者か?どうしよう…」
「死んじまったら補償が…」
下衆だった。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

娘(二歳)と同じ年の子持ちママ三人が我が家に遊びにきた。
帰る前に、棚の上の婚約指輪がないことに気づく。
因みに婚約指輪といっても、バカ高いものではなく、普段使いできるもの。
旦那が少ない給料で頑張ってくれた私にとっては大事なもの。
洗い物もないからつけようと思ったらない!
慌てて、その辺に落ちてない?子供口に入れたら大変!と探してもらった。
探しても無くて、半泣きになりながら、自分で探すから、とお礼を言って帰ってもらった。
帰って10分ほどでAさんから電話がきた。
駅で切符を買ったとき、Bさんの財布から指輪が落ちてきた。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

新婦友人で出席したんだけど、招待客の中にお金持ちのお嬢様が居た。
成金とかじゃなくって、昔ながらの旧家のお嬢様。
家にある着物や古文書や鎧や食器を博物館に展示したりとかしてる家の人なんだけど、以前某人気歴史ドラマでその家の着物をモデルにして複製を作ったらしくちょっと身内で話題になってた。
そして当日、そのお嬢様は振袖で出席したが、

「ちょっと…」

と呼ばれて、1時間半位した後変なドレス着て現れた。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2014年11月26日
カテゴリー:

衝撃体験談

自分の家にやたらめったら古い木でできたタライがある

幼稚園のころの俺は一人でトイレに行けなかったのだけど、家の中で遊んでるとき尿意を催した
母を呼ぶも返事がなく、もらしちゃったら怒られる
でもトイレには行けないであせってると
ご丁寧にもタライが床の間に飾ってあった

あとはわかるな、オマル代わりにつかっちゃったんだよ、タライ

そしたら、俺の異変に気づいて部屋に来た母親発狂
俺すっきり

その夜なぜか親族会議
母親土下座。
俺もなぜか土下座

理由もわからなくて、最近ふと思い出したから
なんで土下座だったのか聞いたら

そのタライ平安時代のもので文化財指定されてたんだと

幸い小だけだったんで、洗浄でなんとか
もともと洗顔だかなんだかに使ってたものらしく水分には強かったのが幸いでした

あのときの母の心境を思うと。。。。
ただ、物分りのいい年寄りが多いのと、自分が跡取りだったんで

「跡取り息子の物になるものだしね」

ぐらいでお許しくださったようです


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

先日、会社に泥棒が入った。
犯人はパートのAママ。
うちの会社は運送業で倉庫がある。
Aママはピッキングのパート。
早番と遅番が会社の鍵とセコムの鍵を持ってる。
朝方、早番(私)が出勤する1時間前に仕事用の電話が鳴った。
泥棒が入ったから来てくれと。(チャリで10分)
会社の前には上司、Aママ、セコム、警察。

上司「朝早くからすまん。鍵あるか?」

と聞かれた。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

ホームに滑り込んできた電車に飛び込もうと身構えた
その瞬間、隣のOLが先に線路めがけて飛び込んだ。
あっと言う間の出来事だった。
思わずそれに続いて俺も飛び込んだ。
急ブレーキをかける音が駅一帯に広がった。
ほんの数秒間ホーム全体が静寂に包まれた。
少々のかすり傷で俺と彼女は救出された。
またたく間に拍手と喝采で周りはにぎわった。
あれから5年後俺達は3人の子宝に恵まれ
ささやかながら幸せな毎日を送っている。
俺の妻となった彼女には、あの日自殺を図ろうとホームに立っていた事は冥土の土産にする予定だ。
今は妻に俺の命を救ってくれたことを心より感謝している。


コメントの数(11)│ コメントを書く
2014年11月25日
カテゴリー:

感動体験談

仕事が10月中旬頃から忙しくて一緒に晩飯も食えない状態だった。
ようやく仕事が一段落して嫁に今日は早く帰れるってメールを入れてから帰った。
普通にただいまーて帰ってくるといつもよりでかい声でおかえりーと返事がきたが嫁は姿を現さない。
でも出てこない理由はすぐに解ったね。
俺の大好物のコロッケを揚げていてくれたんだ。
嫁のコロッケはうまい。

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

俺が中学生の頃、日本史担当の教師が、「日本は戦争責任が〜」と授業で述べた。
その女性教師は、普段から授業でそんな事を言うってのは結構知られていた。
中にはそうじゃないヤツも居たんだろうけど、多くの生徒は彼女に感化されていたと思う。

んで、うちのクラスでもそんな話をしてたんだけど、その時1人の男子生徒が彼女の話を中断させた。
彼は某国と日本のクォーターだった。
普段からあんまり喋る方じゃなかったんだけど、その時は全然違ってた。

続きを見る


コメントの数(21)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

ネタばれありになってしまうかもなので映画「セブン」観てない人は飛ばしてもらって・・・


字幕読むのが面倒で吹き替えでセブン観てたら
途中嫁が

「さっきの犯人じゃない?」

と言い出した。

「えっ、なんで」

と聞いたら

「だって声が野沢那智だったから。どうでもいい役だったら別の人がやってるでしょ」

・・・まんまと犯人でしたよ。


コメントの数(12)│ コメントを書く
2014年11月24日
カテゴリー:

衝撃体験談

離乳食用の我が子の食事をタッパーに入れてきたのまでは許せる。
だけど、空になったタッパーをトイレで洗ったあとに
その店で注文した焼いてない肉を持ち帰ろうとしたので止めると

「お金払ってるんだから、この肉は私達のものだからほっといて!!」

と怒鳴り、店員が店内の

「衛生の問題がありますので、お持ち帰りはご遠慮します」

を指摘しても

「私達は遠慮なんかいらないわよ!!」

とナナメの発言をし、赤が騒ぎで泣き出すと

「どうしてくれるのよ!!」

で店長が出て、支払いはいいのでとお引取り願うと帰りざまに

「食事券とかは渡すでしょ!!普通」

店長さんが

「先ほど、もう当店には出入りしないと納得された・・」

「他の店舗で使うからいいのよ!!」

で、店長とうとう

「警察呼んで話し合いしましょうか?」

で帰って行ったらしい。
こんな親が年末が増えるけど、世の中は不景気だねぇ・・と焼肉屋バイトの友人。
いや・・年末関係ないし、ただの変な人だからと返事しといた。


コメントの数(15)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

俺には4つ上の兄がいる。
それなりに出来が良い兄だ。(全く色恋沙汰に縁が無いのはどうかと思うが)
反面俺はあまり出来が良くないので、小さい頃からなにかと比較され苦い思いをしてきた。
兄はそんな事全く気づく様子も無く、飄々としてマイペースな人である。

はっきり言って大嫌いだった。
比較される側の立場なんて兄には分からないのだろうから。
兄の気遣いですら鬱陶しくて、何度も反抗した。

そんな兄が大学生になり一人暮らしを始めた。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

子供たちの洋服が欲しくてイ◯ンに行ってきた。
育ち盛りで最短半年でサイズアウトする息子のために冬用の服をがっぱがっぱとカゴに入れてレジへ。
全部で10枚以上の服を計算してもらってたら、女の子モノが数枚入ってて、てっきり入れ間違えたかと思いレジのお姉さんに

「あ、それ違う。返してきますね。」

と商品をレジに預けてカウンターを離れた。
で、戻ってみるとお姉さんがお客さん(2歳くらいの子連れママ)と言い合いをしている。
よく分からないのでちょっと離れたところで待ってたら、お姉さんが私を見て

「お客様、すいませんが」

と呼んだので行ってみた。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2014年11月23日
カテゴリー:

感動体験談

おれ中の時犬連れてきた。
ある歩道で走って自転車についてきたので
運命的なものを感じカゴにひょいっと入れ持ち帰った。。

おれが面倒は見た。
母さんに時々ご飯を頼む位で医者もカゴに入れて連れてった位。
散歩ももちろん行った。

続きを見る


コメントの数(19)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

小学生の同じクラスにドシで泣き虫で勉強も、運動も出来なかった女がいた。
悪ガキだった俺は、いつも泣かせていた

ある日そいつがいきなり入院して学校を休んだ。

1年たち、退院し明日登校すると聞いて俺はその子の机に菊の花を置いた。

そいつが登校し、机の花を見て泣きだした。
俺は笑った。
それを見ていた先生が俺をおもいっきり殴ったた。

「意味わかるか?」

と俺は泣きながら答えた

「わかるもんか!ホントは好きだったんだよぉ!」

教室は静まり返った。

小学校の俺は菊の意味を知らなかったんだぁぁ!!少ない小遣いで買える花は菊の花だけだったんだ!堂々と咲き誇る花を見て強くなってほしかったんだ。
泣いたのも嬉し泣きかと思って笑ったんだorz

しかし、誤解がとけたとき、泣かせる事しかできなかったその子を笑わせることができた
まぁ、その直後にふられたけどね…だか俺は、これからも妻となったその子を大切にしていきたい。

あっ、おまいら、花の意味はちゃんと調べとけ


コメントの数(11)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

小学生の頃、家の母は、知り合いの前で私を扱き下ろす癖があった。
その内容が、全て嘘。

さっき、テストで満点を取った事を母が褒めてくれたばかりなのに、外で知り合いに話しかけられると

母「家の子は全然勉強しないの!テストの点数が悪くたって構わないんだ!自分の責任だから!」

と大声を張り上げる。
お使いに行って買い物をして、洗濯物を干して、畳んで、クローゼットに仕舞って
食器を洗って、お風呂を掃除して褒めてくれたばかりでも、知り合いが来ると母は

「家の子は全然親の言う事を聞かないの!家の事だって全然手伝わないのよ!」

と大興奮で捲くし立てる。

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
2014年11月22日
カテゴリー:

衝撃体験談

昼休み、隣の部署の子持ち派遣のAが、机の下に置いていたポケモン柄の紙袋を目ざとく発見。
それは何だと執拗に聞かれた。

「甥にあげる約束をした中古のゲーム機とポケモンのソフト」

と返したら

「えっ!もーらいっ☆ミャハ☆」

と取り上げられた。

「うちの王子タンが欲しがってたの。ありがとー!!(クネクネ)」

「・・・その冗談面白くないから。返して」

「えー!やだやだやだやだ欲しいんだもんーっ☆(クネクネクネ)」

↑ここで全力でケリを入れなかった自分を褒めてやりたい。
流石に周囲が引き、注意するが、

「うち生活苦しくて買ってあげられないんだもん。可哀相でしょー?
 (私)さんは技術職だし独身だしオタクで身なりも構わないからお金いっぱいあるじゃない。

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

うちの母が産後鬱から糖質なった。
アル中も併発
10代からほんとまじヤバくて、毎晩飲んで愚痴や仮想敵に戦いを挑んでた
うるさくて寝られなくて、私も病んだ。
結局母はなくなって落ち着いたけど
「産後のケアちゃんとしないとヤバい」っていうのは心に染み着いた

友人が妊娠した。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

今を去ること十数年前。
九州ワイドを握り締め、東京を10時ちょうどに出る、急行「桜島・高千穂」には何回お世話になっただろう。
当時、工房だった俺には欠かせない存在だったその列車。
昭和50年に無くなる前の冬休みだったろうか。

横浜駅から、大学生のきれいなお姉さんが俺の隣に座った(車内はほどほどの込み方)。
小田原過ぎた頃、博多の実家まで行くというその人に話しかけられ俺の旅行プランに興味を持ってくれた。
いつの時代も思春期の少年が「年上の女性」に惹かれるように、俺もそのきれいな姉さんに魅了されてしまった。
車中で俺のたわいのない話に付き合ってくれたその女性。
恋心とはこんなものかと思いながら夜が明け、別れが近づくにつれ、「このまま、列車が走り続けてくれたら、一緒にいれたら」なんていう妄想を抱きながら勢い

「餓鬼ですが、付き合ってください!」

と言った俺。
ゴハチのSGにも負けないぐらい体は湯だって(?)いただろう。

その時のお姉さんは今も隣に居てくれる。


コメントの数(9)│ コメントを書く
2014年11月21日
カテゴリー:

衝撃体験談

自分の目撃したちょっと切ないセコケチ。
「一年生を年長と偽るケチ」の一種なんだけど、とある交通機関で同じようにセコママが

「この子は園児ですってば!ただにしなさいよ!!」

とわめいてて、でも小学校の名札はついてるしセコママの手にはピカピカのランドセルと制帽があるし
(誤摩化すために、子供がしょってたのを無理矢理自分が持つことにしたと予想)
さらに、その日はおそらく何かの会合や遠足の帰りだったのか、
周囲には同じような「ママ+新一年生」の集団がたくさん…

ヒートアップするセコママに、その交通機関の職員さんも通りすがりの人も周りのママさんもどうしたもんかと困っていたら、そのセコママの脇にいた子供が

「…○○、いちねんせいだもん!おにいちゃんになったんだもん!」

と真っ赤な顔でしゃくり上げながらそれでも必死に主張しだした。
慌てるセコママ、いちねんせいだもーん!と泣きじゃくる子供。
周囲の冷たい視線とその中に知り合いママでも発見したのか、当のセコママは鬼のような形相で小銭を叩き付けて逃げ出していった。

遠ざかる

「いちねんせいだもーん!」

の泣き声に、あのセコママを反面教師に強く育ってほしいと願わずにはいられませんでした…


コメントの数(3)│ コメントを書く
カテゴリー:

萌えた体験談

こないだ帰宅直後に愛してると言ってみた

そしたら

「は?なに?急に」

と訝しむような目線を向けてきた

「あ、会社で、妻が死んだらどうするみたいな話してて、
 もしそうなったときのためにもこういうことちゃんと言っとかないとなーって」

「は?意味わかんない、ひとを勝手に殺すな」

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

中学の2年生頃部活(美術部)の先輩に虐められてた。
先輩といっても二人しかいなかったんだが、これが日本語の通じないデブだった。
デブ1を眼鏡、デブ2をニキビとする。
絵捨てられたりしていい加減頭にきて復讐することにした。

まずは単純で馬鹿なニキビの方から手につけることにした。
そこそこ頭のいい眼鏡が出てくると面倒なので、眼鏡が休みの日に行った。
まずニキビより先に校門へ向かう。
うちの部活は片付けとかたいしてないから他の部活より終わる時間が10分くらい早く校門には私くらいしかいなかった。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2014年11月20日
カテゴリー:

おもしろ体験談

家の畑で勝手に野菜を収穫していた親子
その畑の隣の畑で作業していたので、他人を装って声をかけてみた

私「暑いですね、これだけ暑いと畑仕事が大変ですよね〜」

泥「…そうですね〜熱中症とか心配ですよね〜」

私「お宅さんは畑で何を作ってるんですか?」

泥「え…っと…胡瓜と、トマトと、茄子です」

私「後、ヤーコン、ペヒーノ、ウコンに食用ホオズキですよね、家の畑に何かご用ですか?」

泥「!!」

泥あわてて子供と一緒に車に飛び乗って、バックしたんだけど…
そのまま道を越えて畦道から下の溜め池に落ちて行った。
車半分位水に使ってたよ。

とりあえず駐在さんに来てもらったらそのまま連れて行かれた、最近野菜泥が増えてたから話しを聞かせて貰うって。
隣町の人だって、謝りに来た旦那さんと姑さんによると単品で返品されたみたい。

言ってくれたら少し位分けても良かったのにね…


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

集団登校中に子ども達がカバンを見つけた。
車道の真ん中にポツンと落ちてた。
中をのぞいたら、財布も携帯も入ってる。
(車道にカバン?猫の死体でも入ってるんじゃね?と思って、私が開けた)
子ども達が

「交番に持って行ってあげなきゃ」

と言うんで、行く事に。

他2人付き添い当番の母親がいて、そのひとりAさんが

「3人で行きましょう」

とかなり強引に言いだした。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

先日駅で見た出来事。
ヤンキーかギャルかわからないような女たちが駅の改札口前で5〜6人でたまっていた。
見た目が恐そうなので皆そいつらを避けて道を歩いていた。
俺自身も、そいつらを見て日本の行き先を不安に感じていた。
俺は改札前で待ち合わせだったのでそいつらの顔を見ながら時間を過ごすことを考え少し憂欝になっていた。
しばらくしてその中の一人の女がいきなり立ち上がった。
もしかして俺に何か文句を言いにくるのか?と思い心臓は破裂寸前だった。

心臓が破裂しそうな俺をその女は素通りした。
ホッとしている後ろで声がした。

『どこ行きたいん?』

俺は振り返った。
ヤンキー女が白い杖を持った小学生ぐらいの女の子に話しかけている。
目が見えない子だ。

『うちら暇やし連れて行くわ』

俺は正直その光景に目を疑っていた。
その後、ヤンキーの二人が少女の手を引き

『やっべー!夏だねー!』

などと、少女と会話をしながら歩いていった。
世の中捨てたもんじゃねーな、と感じた。


コメントの数(13)│ コメントを書く
2014年11月19日
カテゴリー:

衝撃体験談

10代のころ近所に住む従兄弟から性的虐待受けてて親友に相談したら
親友だと思ってたのは私だけだったらしくて次の日には噂になってた。
従兄弟だって言ったのに弟と近親相姦を楽しんでることになってた。
田舎だったから中学にあがっても高校に行っても
その噂を知ってる人が何人もいてずっとイジメの対象にされた。

1年ほど前、みくしーでその元親友を見つけた。
ぜんぜん恨んでないよ〜ってフリして接触したら、色々と悩みがあって弱っていたときだったらしく
すぐに仲良くなれて色々相談されるようになった。

悩みっていうのは不倫だった。
「真実の愛に目覚めてしまって辛い」等とぬかすので
元親友がしてくれたように、それを歪曲して広めまくった。

結果、元親友は離婚されて親権も取り上げられて
噂を訂正してまわったけれども不倫は事実だから誰にも相手されなくて
精神崩壊してメンヘラになった。

続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

読者モデル経験のあるコトメは確かに美人でスタイルいいんだけど、家事がまるでできないのに口だけ達者で嫌味満載。
良ウトメさん+夫がどんなに説得しても根気よく教えても

「セレブ奥様になってハウスキーパー雇うから必要ないわよwww」

と全スルー。

そんなコトメが

「今度実家に交際中の彼を招いて食事会を」

と言い出した。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

前提として、俺現在30代前半独身。
昔高熱出して種なし
ふたつ上の姉貴は20代半ばで結婚、元々そんなに身体が丈夫な方じゃなかったんで、夫婦で相談して子供は一人だけとしたらしい
そんで姉貴、女の子出産し俺両親も旦那両親も大喜びの孫フィーバーw、
俺も自分の子供はおろか結婚もあきらめてたんで、姪御フィーバーww

姉貴夫婦の人生は順風満帆だと、そのときは思ったんだ
でも、姪御が5歳の時、姉貴家族がドライブ中、トラックに追突されて旦那と姪御は帰らぬ人になった
姉貴は奇跡的に軽傷で済んだ

続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
2014年11月18日
カテゴリー:

衝撃体験談

昔、カニの本場に旅行した時に市場でカニを買って送ってもらったら
どえらいカスが届けられた。
もうカスカス、値段が高いくせしてカスカス。
実入り30%くらいで、カラの内側がカラッポくらい痩せている。

続きを見る


コメントの数(22)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

義実家も私の実家を先祖代々水商売やってる底辺家庭で、その娘の私は生まれ付いての売春婦って、親戚と近所に言いふらしてくれたっけ
旦那がそれ聞く度、怒ってきっちり義実全員説教してくれたんだけど効き目無しだった
だから付き合い最小限に留めて会わないようにしていたんだけど、旦那の兄がやってくれた事で完全に縁切りすることになった

私の従妹が入ったバイト先が何の偶然か義兄の会社だった
そこで従妹が私の親族だと知った途端に義兄のバカが

「あの女は家族ぐるみで水商売やってるからヤレる!」

って言いふらした

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

幼稚園の役員ママに一人、手癖の悪い人がいる。
ファミレスで打ち合わせをしていると、テーブルに置いてあるミルクやガムシロ、ドリンクバーのティーパックをいくつか持ち帰っちゃうタイプ。

先日、その人(以後A)を含めた3人で、Bの家で打ち合わせをした。
事前にBに、Aはああいう人だから、自宅に呼ぶのは危険では?と忠告はした。
当日は私の車にAを乗せてB宅へ。

打ち合わせ終了後、車でAを送っていた所、Bから電話。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
2014年11月17日
カテゴリー:

感動体験談

5年前のこと。
妹が短大を中退した。
たいした理由はなく、なんとなく短大をサボりがちになって
このままでは2年間で卒業できないのが明らかになったから。
かなり無理して妹の学費を用意した父は激怒。
妹は家を出て行くように言われた。
それから2週間で妹はアパートと契約社員で雇ってくれる会社を探し、家を出て行く準備を整えた。
その間、父と妹はほとんど口をきかなかった。
妹が家を出る前の日の夕食はオムライスだった。
母は私と一緒に夕食の準備をしながら妹にいった。

「お父さんの手前、赤飯を炊くのはできないからオムライスにしたの。赤いごはんは同じでしょ。
 自力で会社も探して引越しの準備もして、偉かったね。
 これはあんたのちゃんとした門出なんだからお母さんはお祝いするわよ」

妹はすこし泣き、その日オムライスを2皿食べた。
父はオムライスを食べなかった。
母の意図がわかったらしい。

去年、妹が結婚相手を連れて帰ってきた。
父は何事もなかったかのように妹と婚約者を歓迎した。
そして、札束の入った封筒を妹に渡して言った。

「お前の短大の学費が1年分余っていた。好きに使え」

その日はまたオムライスだった。


コメントの数(14)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

自分は幼い頃から風邪ひいた時限定で、不思議の国のアリス症候群になる事があった(今は治ったが)
具体的には白い壁紙がチェック模様に見えたり、寝ているはずのベッドが遠ざかっていくように感じたり、時間が異様に遅くなったりとか

それで大学生の時にひどい風邪をひいて三日間家から外に出られないほどになった
その時もアリス症候群が出て天井が膨張したり、テレビに映った人の顔と背景を区別できなくなったりした
で、さすがに三日も寝込んでいると当時付き合っていた彼女が心配したらしく家を訪ねてきた
ほうほうのていで玄関に出てきた自分に驚いた彼女は、そのまま自分を診療所に連れていった

そこで処方されたのがタミフル、その時は今みたいに副作用が知られていなかったので何も思わずに受け取って帰った

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

小学生の頃、営業を営んでいた父を、ませたクラスメイトが

ミナちゃんのお父さんは低学歴だからお豆腐屋さんなんだね!

と馬鹿にした。
私は深い意味も考えずに少しづつ父に対して、低学歴だから…と見下すようになっていった。
せめて自分は、高学歴の男と一緒になろうと思った。
子を持ったとき、自分の父を尊敬してもらいたかったからだ。
それが愛情だと信じた。

続きを見る


コメントの数(19)│ コメントを書く
2014年11月16日
カテゴリー:

感動体験談

一年前の話なんですが、この時期になるとどうしても思い出してしまうので空気も読まずに書きますね。
俺には3年前に離婚した妻との間に小学校5年生の娘が居るんですけど、去年のクリスマスに以前から娘が欲しがってた、ゲームボーイソフトを贈ったんです。
そしたら娘からお礼の手紙が届きました。

「お父さん元気ですか。プレゼントありがとう。ずっとほしかったからうれしいよ。毎日あそんでるよ」

そんな内容でした。

それから年が変わって正月に実家に帰ったとき、
うちのお袋が孫娘へのクリスマスプレゼントとして全く同じソフトを贈っていたことが分かりました。
しかも、俺が送った日より一週間も早く・・・。
全く同じソフトが手元に2本もあるのにもかかわらず、娘はそれを俺には一言も言わずに
精一杯父親の俺に気遣いをしてくれてたんですね。
改めてもう一度、手紙を読み直してたら、娘の優しさが心に沁みて涙が止まりませんでした。


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

主婦グループで、ファミレスでお昼を食べることになった。
一人がドリンクバーをつけたら、みんななんとなくそれに習って、
一人を除いてみんな料理+ドリンクバーというようなオーダーを。
「私、お水でいいわ」と言っていたその「一人を除いて」の人は、みんながドリンクバーに向かって立ち上がったところ、

「ワタシ、冷たいジュースか何かがいいな」

と。

もちろんみんなシカトして、自分のだけ注いでテーブルに戻ってきたところ、その人は

「え?ワタシのジュースは?」

と、まるでこっちが忘れたのをとがめるような口調で言う。

「だってあなた頼んでないでしょ?」

「えーだって、人数分頼む方が損だよ。みんな真面目すぎー。
 バレないし、みんなが好意で協力してくれればいいことじゃないの?」

「じゃ、みんなにその分のお金払う気あるの?」

「え! なんで?そしたら私一人が損するじゃない!てゆーか、早くジュースっ!」

みんなその後言葉すくなに食事して、おしゃべりして楽しむはずだったのにそそくさと解散。
・・・しかし、参加者の間でメールが回りまくっているw


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

世間がまだテレホーダイかISDNの頃にとあるフリーのチャットソフトで知り合った7歳年下の女の子と成り行きで付き合うことになったんだけど、相手はまだ高校生になりたてだったから俺自身としては、

「まぁ、遊び半分の付き合いで、俺が働いてるから遊びに行く時のお財布代わりなんだろう。
 可愛いし、飽きられたらそれでいいか。」

ぐらいの気持ちで付き合いが始まった。
彼女が高校卒業する頃に、

「結婚したい。」

って言われた時そこまで想われていた事に驚いた。
でも当時の俺は、彼女が、料理下手・ちょっとの事ですぐ泣く・とにかくお嬢様として育てられたから家事関係まるでダメ。
ということだから、相手の親が頭下げに俺ん家来るまでOKしなかった。

あれから3年。
最近お昼のお弁当が美味しくて楽しみです。
夕食の時は、俺が仕事で嬉しかった事とか、腹立ったこととか食事しながら上手に聞いてくれてる。
ありがとう。

時々、子供の人数でもめるけど、君の考えてる人数でいいよ。
給料上がるようにがんばる。

最後に、今年もいっぱい、いろいろ有り難う。
来年もよろしくおねがいします。


コメントの数(10)│ コメントを書く
2014年11月15日
カテゴリー:

衝撃体験談

もう10年以上前に、某国ド田舎で暮らしていた時の人生最大の修羅場

冬本番の時期の日が暮れた頃、自宅までの道を一人車を走らせていたら雪にタイヤをとられて動けなくなってしまった。
車を降りる前に周囲を見渡したけど誰もいなかったけど
念のため、ダッシュボードに入れておいた銃をポケットに入れ車を降りた。

雪に嵌ってるタイヤの様子を見ていたら
突然、木々の隙間から物凄い勢いでこっちに向かってくる巨大な物体が目の端に映った。

熊でした。

続きを見る


コメントの数(24)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

中学生のときの話。
私は、クラスのリーダー格の女子Aに、ブスという理由でいじめられてた。
フィリピンと日本のハーフです。

「ブス外人」だの
「国に帰れ!消えろ消えろ!日本汚染するな、フィリピンブス!」だの
「フィリピン臭い〜」とか

色々言われた。

「おーい、フィリピン貧乏ブス!臭いから帰れ!」

って言われ、消しゴムのカスとかゴミ投げられたりもした。
生まれ日本だから、日本人って言ってるのに

「臭いフィリピン人が日本にいんじゃねーよ」

と言われた。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

先週の土曜日の夕方、娘を自転車の後ろに乗せてスーパーへ買い物に行ってきました。
買い物を終え、駐輪場に行き自転車に娘を乗せようとすると
4〜5才くらいの朝青龍を小さくしたような感じの子どもを連れた
セコママに呼び止められた。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2014年11月14日
カテゴリー:

おもしろ体験談

大学時代の彼氏。
お互いに実家住みで互いの両親ともしょっちゅう顔を合わせていた。
彼氏のお母さんは凄く優しくて私にも温かく接してくれた。

交際1年記念に旅行に行こうという話になり、一泊二日で新幹線の距離にお泊まり。
当然のごとくゴムが持ち物入り。
彼氏が管理していた。
で、旅行から帰ってきて次のデートのときに旅行に使った彼氏鞄を開けたら
ゴムのしまい方が違う(紙袋→コンビニ袋の二重包みだったのがコンビニ袋→紙袋に)

彼氏が

「あ、そう言えば洗濯物とか出すよって母さんが鞄いじってた」

と話すのを聞いて本気で顔から火が出た。
いや、大学生の男女が付き合ったらあって当然の物だし、お泊まりな時点で
ある意味開き直ってるんだが、やっぱり実物見られるのは恥ずかしさがちがうよ。
ついさっき何食わぬ顔で私を出迎えてくれたお母さんと今後どう顔合わせればいいのかと。
そして何故彼氏は平然としているのかと。
真面目に消えたくなった。

で、そのお母さんは今私のお姑さん。
この度妊娠が発覚して報告に行ったときに変わらぬ笑顔で優しく
「順番は守るよう昔から気をつけてたもね」と言われて
上記の事件を思い出した私の脳内が今修羅場だ…orz


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

同じ園に通うセコママに公園で会った。
公園では仲良しのTママさんと私とT子ちゃん、娘で遊んでいた。
セコママは娘の誕生日に買ってあげた自転車に目をつけたようで

「ピンクの自転車はうちの姫のほうが似合うから貰ってあげるw娘ちゃんは別の買いなよw」

と言って自転車に手をかけたので、思わず手首に手刀をしてしまった。

「いったぁぁぁい!何すんのよ!!!」

ハッと我に返り、

「いえ、これは娘の自転車なので。娘が自分で選んだ物なので、あげられません。
 姫ちゃんにはどうぞあなたが買ってあげてください。」

「何よ!親切で言ってあげてるのに!ケチねあなた!」

「ケチはあなたでしょう?欲しいなら恵んでください。お金ないんです。って言えば?」

「はぁぁぁ!?あんた頭おかしいんじゃないの???」

だいぶ頭にきて

「おかしいのはあなたですよ。欲しいなら同じ物でもいいから自分で買ってください。
 人の物盗るのは泥棒ですよ。泥棒。園に泥棒がいるなんて信じられない。
 犯罪者と一緒なんて嫌だわー。
 もしあなたが泥棒じゃないっていうなら、どうぞ貰って下さい。
 って言われてから貰ってあげるwって台詞言ってください。
 そんなこともできないんだから100回死んで出なおしてきてください。」

ってまくしたてたらセコママが泣きながら帰って行った。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く

TOPへ戻る 次のページへ
週間人気ページランキング

TOPへ戻る 次のページへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
タグ