月別記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
2013年12月31日
 ・体験談:弟が高校生の頃、家の前でトラックにはねられた [おもしろ] (12)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:忍者が好きと言うか憧れてて日本にまで来ちゃった留学生 [ほのぼの] (11)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:交番前に立ってたおまわりさんが犬を見て(・∀・)な顔をしてた [ほのぼの] (16)-[ ほのぼの体験談 ]
2013年12月30日
 ・体験談:Aのお母さんはスタイルが良く派手系の美人で超若作り [感動] (14)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:オレ、付き合いたい人いますもん [感動] (11)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:落とした財布がみつかったと警察から連絡がきた [おもしろ] (12)-[ おもしろ体験談 ]
2013年12月29日
 ・体験談:学校からの帰り道で突然右目の視野が狭くなった [ほのぼの] (13)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:この前出勤途中で財布を拾った [衝撃] (8)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:事務作業もあるかもしれないので、念の為連絡先を頂けませんか? [衝撃] (16)-[ 衝撃体験談 ]
2013年12月28日
 ・体験談:変な夢見た(´・ω・`) [ほのぼの] (13)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:隣の席の女の子と仲良くなった [おもしろ] (19)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:やたらとスキンシップを取ろうとしてくるところがずっと苦手だった [感動] (5)-[ 感動体験談 ]
2013年12月27日
 ・体験談:10分後に夫のケータイから女の人の声で私のケータイに着信 [ほのぼの] (8)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:俺わぁこの班分けにぃナットクいってねーからw [感動] (14)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:同じサークルだった彼は自称・小説家志望だった [衝撃] (14)-[ 衝撃体験談 ]
2013年12月26日
 ・体験談:書店で働いているのだが今日変なのが来た [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:アイテハオンナノコ、スコシテヲヌケ [感動] (16)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:ちょっと変わってる部長の思い出 [感動] (6)-[ 感動体験談 ]
2013年12月25日
 ・体験談:警察官の父親が雑種の汚い子犬を連れて帰ってきた [ほのぼの] (19)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:お前とCって全然ジャンル違うのになんで友達なん [おもしろ] (8)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:うちの猫♂は私とラブラブなんだけど、超するどい [ほのぼの] (7)-[ ほのぼの体験談 ]
2013年12月24日
 ・体験談:夫がやけに外出多い+夫個人の貯金をおろした形跡 [ほのぼの] (16)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:気づいたら彼がお皿ごと食べながら横に立ってた [ほのぼの] (11)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:驚かせようと思い、近くにいるということは伏せた [衝撃] (16)-[ 衝撃体験談 ]
2013年12月23日
 ・体験談:トメは私と二人の時にネチネチと嫌味や悪口は当たり前 [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:遠足に間に合わない。。(;Д; ) [感動] (19)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:嫁姉さん来るって言うからなんか料理する? [おもしろ] (10)-[ おもしろ体験談 ]
2013年12月22日
 ・体験談:イヤイヤ期で旦那の前でも大きな声で叱る毎日 [感動] (11)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:お住まいはご自宅で。ご家族構成はどうなってますー? [ほのぼの] (9)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:医者の診断に文句つけるのか!!!! [衝撃] (30)-[ 衝撃体験談 ]
2013年12月21日
 ・テキスト:おならに纏わるいい話 [感動] (8)-[ 感動テキスト ]
 ・体験談:休みの申請だけどさぁ・・・ [感動] (13)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:友人夫婦の娘がグレたという話を聞いた [ほのぼの] (10)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・お勧め:加湿器の除菌におすすめの製品 (0)-[ 激安・格安 ]
2013年12月20日
 ・体験談:三十路のおっさんのくせに夕飯も一人で食べられないの? [衝撃] (15)-[ 衝撃体験談 ]
 ・ジョーク:日本人は、自分の子どもにどうやって名前を付けるんだ? [爆笑] (15)-[ アメリカンジョーク ]
 ・体験談:兄ちゃんって呼んでいいぜ [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
2013年12月19日
 ・体験談:この歳でネコ飼いになった [感動] (20)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:俺の友達、癌みたいなんだ… [衝撃] (16)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:懸賞で5000円当たったことが発覚! [おもしろ] (9)-[ おもしろ体験談 ]
2013年12月18日
 ・体験談:何であたし、こんなにママが好きなの? [ほのぼの] (8)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:ブースの店員さんAが顎に手を当てて考え事をしていた [爆笑] (8)-[ 爆笑体験談 ]
 ・体験談:バーゲンで開店と同時にトイレにダッシュ [爆笑] (12)-[ 爆笑体験談 ]
2013年12月17日
 ・体験談:嫁は小学校の近所の児童会が同じだった [おもしろ] (5)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:抜けた毛が嫌いな父が猫を熱心にブラッシングしていた [ほのぼの] (8)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:父親が、浮気相手の子(兄)をいきなり連れて帰ってきた [衝撃] (13)-[ 衝撃体験談 ]
2013年12月16日
 ・体験談:こないだ、どうしてもお願いがあるんだと頼みこまれた [ほのぼの] (7)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:義父母を一生大事にしようって思った [感動] (7)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:なんか子猫みたいなのがいるのでちょっと。 [感動] (8)-[ 感動体験談 ]
2013年12月15日
 ・体験談:コピーを250枚くらい取った客に2500円になりますって言ったら [衝撃] (29)-[ 衝撃体験談 ]

次のページへ
2013年12月31日
カテゴリー:

おもしろ体験談

弟が高校生の頃、家の前でトラックにはねられた。
家の前だったんで両親がすぐとんできて一緒に救急車に乗った。
弟は最初の病院では手に負えなくて、緊急処置だけされてまた救急車に乗せられた。
ずっと意識不明だったから、両親ふたりで必死に声をかけた。
次の病院までに意識が少しでも回復しないとヤバイって言われたらしい。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

忍者が好きと言うか憧れてて日本にまで来ちゃったけど
忍者なんていないって皆に言われてしょぼん顔になってたアメリカ人留学生に
これは内緒なんだけど…って前置きして忍者はオンミツだから日本人は全員否定することになってるのよ
トップシークレットよって言ったらものすごく納得してしまい
その後も忍者いる?って聞いては居ないよって答えを聞いてワカリマスって顔して頷いててちょっと良心の呵責
今夏休みで国に帰ってるけど秘密守れるかしら


コメントの数(11)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

犬を散歩させてたら、交番前に立ってたおまわりさんが犬を見て(・∀・)な顔をしてた。
近づいたらやっぱりこんな顔(・∀・)で、

「そのわんちゃんイタグレ(イタリアングレーハウンド)ですよね!」

とハイテンションで話しかけてきた。
イタグレは飼ってる人が少ないので、すぐ犬種がわかる人は少ない。

「うちもイタグレ飼ってるんですよ!可愛いですよね!!」

とおまわりさんハイテンション。

続きを見る


コメントの数(16)│ コメントを書く
2013年12月30日
カテゴリー:

感動体験談

友達Aの両親の話を別の友達Bの母親(Aの母親と幼なじみ)に聞いた時の話

Aのお母さんはスタイルが良く派手系の美人で超若作り
性格もサバサバした明るい感じでしかも親切で料理上手
若い頃はさぞかし激しい争奪戦が行われたと思いきや、取り合いになっていたのは父親の方だという

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

駅で電車待ってたら、隣に敬語同士で喋ってる美男美女が来た。
敬語同士だけどすごい仲良さそうだったから、てっきりカップルかと思いきや、

男「オレ、付き合いたい人いますもん」

女「え?好きな人がいるんですか?」

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

落とした財布がみつかったと警察から連絡がきた。
嬉々として取りに行くと

警官から「誠に申し上げにくいのですが、現金がほとんどなくなっているようです」

との返答。

私「誠に申し上げにくいのですが、1円も減っていません」

警官「誠に申し分けありませんでした」
 


コメントの数(12)│ コメントを書く
2013年12月29日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

学校からの帰り道で突然右目の視野が狭くなった
だいたい真ん中から外側、耳の側が真っ暗

軽くパニックってどうしたら良いか解らず
取り敢えずガードレールに腰掛けて休憩してたら、
声掛けてくれたのが嫁さん&双子の妹

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

この前出勤途中で財布を拾った
時間がなかったので、出社後警察に届けようかと思って中を見たら
家の近所の子の財布だったので、わざわざ家から離れた警察に届けたら余計に面倒だと考えて、帰宅次第その家に届けた
母親が出てきたんだが、ボロボロ泣いて「良かった」と喜んでくれたので、いい事したなと自分も気分が良かった

その3日後、朝の5時半に何度もチャイムが…
この時間にチャイムなるなんて何だ?と思いながら出ると、そこの母親

「すいません、朝早くに…さっき犬の散歩から帰ったの見たんで…」

「何ですか?」(自分は6時に家出るので焦ってる)

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

とある本屋の駐車場で、財布を拾った。
落とした人が困ってるだろうと、すぐに店に届けに行った。

「警察に届けるなどの事務作業もあるかもしれないので、念の為連絡先を頂けませんか?」

ともの慣れてない感じの女性店員が言うので、一緒に来ていた友人♀が名前と電話番号を書いた。

そのあと三十分ほどして、友人の携帯に知らない携帯番号から着信。

「さっき○○で財布を落とした者ですが、助かりました。ありがとうございました」

と、落とし主らしい男性からだった。

続きを見る


コメントの数(16)│ コメントを書く
2013年12月28日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

今朝、嫁がなんか浮かない顔をしていた
昨日の晩、寝る時まではめちゃくちゃ元気でカンチョーし合ったりして
いつもと全く変わらなかったはずなのに、どうしたんだろうと思って聞いてみると

「変な夢見た(´・ω・`)」

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

高校に入学当初、隣の席の女の子と仲良くなった
一週間ぐらいして、その子をスクールバスで見つけて声をかけた

自分「おはよう」

彼女「え? あの、誰ですか?」

続きを見る


コメントの数(19)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

私は今年の4月、実家(関西)を出て東京の企業に就職した。
始めてのGW、両親と兄弟が東京に遊びに来た。
もちろん家を出てから会うのは初めてだったし、1ヶ月以上会わなかったのも初めてだ。

父のことは、嫌いじゃないけどやたらとスキンシップを取ろうとしてくるところがずっと苦手だった。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
2013年12月27日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

昨日の夫

朝自転車で駅まで出勤。
いつも通り出かけたが、10分後に夫のケータイから女の人の声で私のケータイに着信。
車にぶつかられてチャリごとダイブしたって。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

この時期になると思い出す話。

僕の居た高校では、夏休みに「生徒の自主性を云々」といった名目で全員強制参加の川原一泊キャンプ行事がありました。
それはクラスを担任の采配で4班に分け、夕食(カレー)を作れ、と命じて川原で各班ごとにテントを張らせ

「じゃ、後はおまい等好きにやれ」

と教師は近隣のホテルへ。
という現代では考えられないアバウトさ。
で、教師が去った後に、クラスのリーダー格のチャラ男1が全員を集め宣言。

「俺わぁこの班分けにぃナットクいってねーからw」

と勝手に班を再構成。

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

大学の頃、同じサークルだった彼は自称・小説家志望だった。
ある時、某ラノベ系小説賞に応募する作品が出来たと言うので読ませてもらったら・・・。
アメリカの有名ホラ―作家の小説とストーリーがほとんど一緒。
舞台とキャラを日本にして、あと細部を変えただけ、という感じ。
しかもその元ネタの小説は私が持ってたもので、彼に貸したうちの一冊だった。
絶対まずいと指摘しても

「外国のマイナー作家の作品をオマージュに取り入れるのは売れっ子作家もやってる」

とドヤ顔で意味不明な主張をする。

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
2013年12月26日
カテゴリー:

衝撃体験談

書店で働いているのだが今日変なのが来た。

ラジオ宣伝してたヤツ探して欲しい、と言われたので本のタイトル覚えてますか?と返したら
本じゃなくて東日本大震災のボランティア募集の宣伝について調べて欲しい、とのこと。
うちは何でも屋ではないのでわからんわい、と思ったが時間があったのと断るとクレーマーになりそうな爺さんだったので一応調べた。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

まずは出逢いからなんだけど

結構前に、ゲーセンでは格ゲーがものすごく流行ったときってあったでしょ?
スト兇箸、餓狼伝説とか、龍虎の拳とかの対戦格闘のヤツ。
私はとあるゲーセンの常連で、いつものように友人とダベりながら対戦に燃えていたわけなんだ。

確かあのときはスト競瀬奪轡紊世辰燭なぁ?ターボかもしれない。
まあ、そこに対戦者が入ってきたのよ。
対戦台ってのはゲームの筐体が背中合わせっていうのが結構多くて対戦相手がどんな人かって、相手側に行かないと見えないのよ。

だから最初は常連が対戦相手だと思ってたんだ。

続きを見る


コメントの数(16)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

社会人なりたてのころ支えてくれたちょっと変わってる部長の思い出

自分が入社したときに部長に昇進したからって

「新部長と新社員なので一緒に頑張りましょう」

なんて声かけてくれた部長
結構年いってるのに独身でアニメ好き、部下に対しても敬語で話すしぜんぜん威張らない人で部下のミスは自分のミスだけど部下の成果は部下の成果って人だった。
自分も何度助けられたかわからない・・・・

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
2013年12月25日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

警察官の父親が雑種の汚い子犬を連れて帰ってきた
捨て犬を署で預かったんだが、保健所に引き渡し予定の犬らしい

母「アホかいな、明日返して処分してもらってき!」

父「・・・・・」

庭につないで一晩だけおいておくことになった

続きを見る


コメントの数(19)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

電車で前に立っていた大学生男子2人
その場に居ない友人Cの話題

B「そういやお前とCって全然ジャンル違うのになんで友達なんw」

A「俺さー大学入学当初はナメられちゃいけないと思って、
 すれ違うやつの目睨んで絶対そらさないようにしてたんだけどw」

B「なんでだよwww」

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

うちの猫♂は私とラブラブなんだけど、超するどい
仕事で夜勤があるので帰宅が夜中になることがよくあるが、そんな時は必ず玄関で待っててくれるのに、遊びで遅く帰ると出迎えがない
特に飲み会とかで男の人といっしょだった時はしばらく寄ってこない、女同士の飲み会なら少し遅れるけど玄関まできてくれるのに…
猫が待ってる時は私が家に入る前から玄関にいるから、私の態度が違うとかでもないはず
お互い人間同士か猫同士ならよかったね…


コメントの数(7)│ コメントを書く
2013年12月24日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

夫がやけに外出多い+夫個人の貯金をおろした形跡でうわー浮気かよーとか思って問い詰めたら...

猫喫茶のヘヴィーユーザーでした...

下ろした金と猫喫茶家計簿(夫自作・レシート付き)が一致したので浮気ではないと確信したが私が猫好きと知って黙っているとは...

店で15人しかいないプラチナ会員なんだ!とか誇ってきたから
羨ましくなって私も明日行ってくる
 


コメントの数(16)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

今夜はさっさと用意して早寝しなきゃいけないって夜。
小食な私が先に夕食食べ終わって、
自分の食器洗ってしまおうとキッチンに移動したら…
気づいたら彼がお皿ごと食べながら横に立ってた。
私の顔見ながら食べないと寂しいんだと…
はっきりは言わないけどそうゆう事らしいw

付き合って6年目だけど仲良しですヽ(^o^)丿


コメントの数(11)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

友達が住んでるマンションの近くを通り掛かったので歩きながら電話を入れた。
驚かせようと思い、近くにいるということは伏せて、当たり障りのない話をしながらそのマンションの下まで着いた。さて、そろそろ「下にいるよー」とネタバレしようと思ったとき、友達の部屋のドアが開いた。

「あれ?私がここに居るのばれたのかな?」

と手を振ろうと思ったら、玄関で何かやってる。
同時に電話の向こうで「ピンポン♪」と音がして、友達が

「あ、誰か来たみたいだから切るね」

と言って電話を切られた。
 


コメントの数(16)│ コメントを書く
2013年12月23日
カテゴリー:

衝撃体験談

トメは私と二人の時にネチネチと嫌味や悪口は当たり前。(同居)

それだけならまだいいが、勝手にそーっと寝室に入ってきては
寝ている私の腕や太ももを踏んできたり、歩いているときに靴のかかとの部分を踏んでこけさせたりされたこともある。

明らかに故意にやったくせに半笑いで

「あら、嫁子ちゃんどうしたの〜?」

旦那には全部話してたが、

「たまたまじゃないか?」

などといつもトメ側につかれてた。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

俺が消防の頃、電車に乗り遅れて「遠足に間に合わない。。(;Д; )」と泣いていたら
松山駅の駅長が通りかかり、

「どうされました?」

と声を掛けてきた。

続きを見る


コメントの数(19)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

土曜に嫁に「嫁姉さん来るって言うからなんか料理する?」と聞くとうんと言う嫁。
不安なまま翌日嫁姉&友人夫妻を迎えたわけですが。

ベーコンととろけるチーズを豆乳で煮て
片栗粉で固めたものにのびたパスタが入ったカルボナーラ。
メープルシロップで煮た手羽先に醤油とゴマをかけたもの。

和風ガスパッチョという名の味噌汁とヨーグルトとトマト、他野菜のミキシングされたもの。
野菜サラダの上に刺身を乗せて酢とごま油とオイスターソースとマヨネーズと砂糖を混ぜたものをかけたもの。

うちの嫁の頭を嫁姉が引っぱたき

「ダンナ殺す気なのか、あんたはっ!!」

と。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2013年12月22日
カテゴリー:

感動体験談

4歳1歳♂の反抗期、イヤイヤ期で旦那の前でも大きな声で叱る毎日

昨日私の実家に帰った際、足の悪い私の祖母に長男が

「杖取ってあげるよ」
「こけないように手をつないであげるよ」
「良くなるように痛いとこよしよししてあげるよ」

と気遣ってくれていた

すごく嬉しくて帰宅して旦那に話したら

「嫁子に似たんだろ」

と旦那にはきっと鬼嫁としか見てもらえてないと思ってたから驚いた

と同時に今までで一番嬉しい言葉だった


コメントの数(11)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

個人的になごんだ事

今日職場でアルバイトの方の面接があったんですよ。
今日の面接の方はびしっとスーツ着てきてとてもシッカリした30台ぐらいのお兄さん。
バイトの面接なのに気合入ってるなー、と思って仕事してたら面接の会話が耳に入ったのですよ。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

微熱が一か月あり、近くの個人医院にかかったら風邪だと診断。
でも熱以外風邪の症状は一切ないし、そのことを伝えたら
立ち上がって

「医者の診断に文句つけるのか!!!!」

と怒鳴られた。

その後大学病院に行って検査したら、原因はわからないけど白血球が異常な数だ、単なる風邪ではないので即入院してくださいとのことで、その日のうちに入院。

続きを見る


コメントの数(30)│ コメントを書く
2013年12月21日
カテゴリー:

感動テキスト

女王エカテリーナがある宴会でおならをした。
若い陸軍士官がとっさに

「失礼しました」

と罪をかぶった。
その後彼は異例の昇進をした。

ある国際会議で、日本代表がおならをした。
とっさに椅子の肘掛をこすって類似の音をだし、ごまかそうとした。
なんどかこすっていると、となりのインド代表がつっこんでくれた。

「最初の音がいちばん良く似ていましたな」


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

俺は客先常駐で、自社の人間が周りにいないという環境なんだけど
夏休み3日貰えるから日程決めて上司にメールしたら電話かかってきて

「休みの申請だけどさぁ・・・」

とか切り出すもんだから何言われるかと思ってビクっとしてたら

「3日だけでいいのか?」

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

友人夫婦の娘がグレたという話を聞いた。

きっかけは、家族で外食したときにケンカにまきこまれて、奥さんと子供にまで被害が及びそうになったときに

「妻と女房に何をする!!!」

と叫んだことだったそうだ。
とりあえずその場を逃げ出して、あらためて中華料理屋に到着。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2013年12月20日
カテゴリー:

衝撃体験談

歯医者に行く、と言ったら

彼「俺のご飯どうするの?(怒)」

三十路のおっさんのくせに夕飯も一人で食べられないの?

会社の同僚に誘われてご飯食べたら

彼「あーそう、よかったね。さぞ楽しいんでしょ(怒)」

それで丸二日機嫌悪いとか面倒臭すぎ。

続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
カテゴリー:

アメリカンジョーク

第二次世界大戦中、アメリカ人の将軍が、日本のことをいろいろと調べていた。

ある日、その将軍は日本研究家を呼びつけ、質問をした。

「日本人は、自分の子どもにどうやって名前を付けるんだ?」

続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

家庭崩壊なのかそうでないのか微妙だった家庭に起こった修羅場の話です。

私が小2のとき、いきなり父が小4の男子を連れて、帰ってきた。
男子は明るい性格だったようで

「俺の名前は○○。よろしく!兄ちゃんって呼んでいいぜ」

といわれて、当時の私はフツーに、○○を兄として受け入れた。
兄のおかげで、苦手だった男子は私に対しても気さくに話しかけてくれるようになり、上級生からも親しくされたりといいことづくしで兄も優しかった。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2013年12月19日
カテゴリー:

感動体験談

この歳でネコ飼いになった
姉には小さい頃から姉用のペットがいたけど
私は

「自分の世話もできない人間はペットを飼っちゃダメ」

と飼わせてもらえなかった
だから、私はペットを飼っちゃダメなんだとずっと思ってた

続きを見る


コメントの数(20)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

ある日彼が

「俺の友達、癌みたいなんだ…」

と真剣な顔をして言ってきた。
それは大変だね、なんで分かったの?と聞くと「ブログに書いてあった」と。

「なのに、みんな(共通の友達らしい)コメントがおかしいんだよ。ふざけてる」

と怒って、その場で携帯でブログを見せてきた。

続きを見る


コメントの数(16)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

金曜のこと。
懸賞で5000円当たったことが発覚!
もう嬉しくて嬉しくて、旦那に伝えたいけど、やっぱ直接言いたいと思い、何時頃帰宅かメールしたら7時には帰るとのこと。
6時半くらいからちょくちょくベランダからコソーリ、旦那が帰宅するのを待ってた。
旦那の姿ハケーン!!!
待ちきれなくて、エレベータ脇の階段へダッシュ!
エレベーターのガタンゴトンの音を聞きながら、ドキドキ隠れて待っていると、エレベーター到着!!扉が開いたと同時に飛び出て満面の笑みで、

「オティンティンびろ〜ん、おっかえりぃ〜」

と立ちふさがったら、お と な り さ ん の だ ん な さ んが固まってた。
ってかこっちもパニック。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2013年12月18日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

長女が

「何であたし、こんなにママが好きなの?」

と嫁さんに真剣に聞いてた。
嫁さん

「人ってね、自分の名前を呼ばれるのが好きなのよ。
 長女ちゃんも次女ちゃんも長男くんも、
 生まれてからママが一番たくさん名前を呼んでるからみんなママが好きでしょ?
 長女ちゃんもママ、パパ、ばば(近居の嫁母)の順に好きじゃない?
 それは長女ちゃんの名前をたくさん呼んだ順じゃないかな?」

なるほど、ここ10年オレの名前を一番呼んでるのは嫁だ。
だから嫁がいつまで経っても好きなのか。
納得した(娘も納得してた)。


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

爆笑体験談

買い物中に遭遇したプチなごみ。

ショッピングモールの通路でいくつかのブースが並んでチョコを売っていた。
そのうちのあるブースの店員さんA(20代?、男)が顎に手を当てて考え事をしていた。(昔の探偵がよくやるようなポーズ)
すると隣のブースの店員さんB(Aと同じくらい、男)が近づいてきて、同じポーズをしてAと背中合わせに立つ。
そして始まる寸劇。

A:明日はバレンタインか…。
  ここの売れ残りでもいいから、お前からチョコがもらえたらなぁ。

B:お前にやるもんなんてある訳ないだろ。

A:な、なんでだよ…!

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

爆笑体験談

バーゲンで開店と同時にトイレにダッシュするの楽しすぎwww

30人くらいついてきてワロタwww
 


コメントの数(12)│ コメントを書く
2013年12月17日
カテゴリー:

おもしろ体験談

嫁は小学校の近所の児童会が同じだった、学年は2つ下。
特に仲良くした記憶もないが、母親同士の気が合ったようで活動の際はいつも一緒に行動した。
嫁の母親はよくからかうように「家の子をお嫁さんにしてね」とか言っていたけれど、誰もが冗談だと思っていたし、実際俺が中学に進学すると全く話す事が無くなっていた。

事件は俺が中2の時に起こる。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

猫の毛が夏毛に生え変わり始めのころ、抜けた毛が嫌いな父が猫を熱心にブラッシングしていた。
その一週間後あたりに、ソファで寝ていた父の後退し始めた額を、猫が熱心に舐めてた。
それを見ていた母が

「ブラッシングのお礼に刺激して毛を生やそうとしてんのよw」

と言っていた。

父ちゃんウラヤマシス( ´・ω・)


コメントの数(8)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

父親が、浮気相手の子(兄)をいきなり連れて帰ってきた。
浮気相手が、黙って勝手に産んで、他の男の子どもと偽って結婚して暮らしてたらしいんだけど、バレて離婚して子どもおいて失踪したみたいで、浮気相手の親が、父親と名指しされた父の職場に、その子の手をひいておしつけて、去っていったらしい。

いきなり兄の存在を告げられ、おしつけられた父親は、困惑しながらもうちに連れて帰ってきた。
母は

「何で!」

と怒っていたし、俺も土下座する父とかを見て、オロオロしてた覚えがある。

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
2013年12月16日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

こないだ、どうしてもお願いがあるんだと頼みこまれた
かなり必死ぽかったので、なんだなんだと心配になった
話を聞いてみると、長年の嫁の夢があって、それを叶えるために手助けしてほしいとのこと

嫁の長年の夢なんて聞いたことがなかったので、何だろうと聞いてみると

「貧血で倒れてみたい。そして華麗に助けられたい」


・・・(゚Д゚ )ハァ?

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

結婚して子供ができなくて、不妊治療をしてたけど三年たって辛くて旦那に治療をしばらく休みたいと言った時
旦那は子供大好きだから諦めきれなかったらしく、もうちょっと頑張ろうと言われた。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

仕事からの帰り道、前をいってた車が止まって車を降りて、後ろの私にすみませんのポーズしてトランク開け始めたから
「故障かな?」と思ってそのまま待っていた

その後近づいてきて、

「すみません、なんか子猫みたいなのがいるのでちょっと。」

トランクからタオルを取り出した。

続きを見る


コメントの数(8)│ コメントを書く
2013年12月15日
カテゴリー:

衝撃体験談

コンビニでバイトしてたとき、コピーを250枚くらい取った客に2500円になりますって言ったら

「はぁ?コピーで2500円もいくわけないだろ!もういっぺん計算しろ!」

って怒鳴られたことあるよ

続きを見る


コメントの数(29)│ コメントを書く

TOPへ戻る 次のページへ
週間人気ページランキング

TOPへ戻る 次のページへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
タグ