月別記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
2013年11月30日
 ・体験談:憧れの先輩に、車で駅まで送ってもらえることになった [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:暑いのでそばがいいという事になった [衝撃] (17)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:実は卒業後に付き合ってたの [衝撃] (12)-[ 衝撃体験談 ]
2013年11月29日
 ・体験談:駅に着いて降りようと席を立った女性が私のお腹に気付いた [ほのぼの] (12)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:みんなが信心しないから世界平和にならないの? [おもしろ] (14)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:赤ちゃん抱かせて下さいと言ってきたスーツ姿のおじさま [感動] (22)-[ 感動体験談 ]
2013年11月28日
 ・体験談:日本の電車は奇跡だ [おもしろ] (17)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:よく私のブラジャーを勝手に使用する母 [ほのぼの] (12)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:イギリス在住の女性のブログから(抜粋) [ほのぼの] (13)-[ ほのぼの体験談 ]
2013年11月27日
 ・体験談:後輩の1人が(以下A)が「わかんない」と答えた [おもしろ] (15)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:今日はちょっとプレゼントがある [感動] (20)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:結構体力使う仕事してる彼 [ほのぼの] (3)-[ ほのぼの体験談 ]
2013年11月26日
 ・体験談:俺が中学に入る前から既に親元を離れて生活してた姉 [感動] (11)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:イジメてきたやつらに順番に決闘申し込みにいった [衝撃] (17)-[ 衝撃体験談 ]
 ・テキスト:英国で「ヤクルト」の効果に驚きの声 [感動] (20)-[ 感動テキスト ]
2013年11月25日
 ・体験談:私はただ転んだだけなのに地元の防犯に協力してしまった [おもしろ] (11)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:ブラジャーをはずし、そしてパンティーも脱いで全裸になった [衝撃] (29)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:普段クールだけど寝起きだけ超甘えたがりな彼女 [萌え] (11)-[ 萌えた体験談 ]
2013年11月24日
 ・テキスト:彼らは実は盗賊団で、これから王の宝物庫を荒らしにいく [おもしろ] (12)-[ おもしろテキスト ]
 ・体験談:通りがかりににゃーと言うと中からニャーと返事してくれる [ほのぼの] (6)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:一部の指定席に4人の爺婆が向かい合わせで座ってた [衝撃] (11)-[ 衝撃体験談 ]
 ・激安:ソンバーユ 無香料 70mlが送料込で1,157円! (0)-[ 激安・格安 ]
2013年11月23日
 ・体験談:韓国旅行から帰ってきたオカンが感想を何も述べない件 [衝撃] (46)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:義父さんが寝込んで泣いてる。なんとかして。 [ほのぼの] (14)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:近所のスタバでお茶してたら物凄いブレーキ音と衝撃音が [感動] (9)-[ 感動体験談 ]
2013年11月22日
 ・体験談:来月姉の挙式のためにスイスに行くという話をした [衝撃] (6)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:付き合ってと言われても返事を保留にしていた私 [感動] (14)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:夕飯買いに近所のスーパーへ行った [おもしろ] (14)-[ おもしろ体験談 ]
2013年11月21日
 ・体験談:さっき行ったカラオケ屋の店員が融通きかなくてビックリした [衝撃] (24)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:DQN校だった頃、たまたま生徒が急病で倒れたバーサン助けたんだ [感動] (13)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:わたしの彼氏は実はハゲ [おもしろ] (15)-[ おもしろ体験談 ]
2013年11月20日
 ・体験談:ふと力んだ瞬間、結構派手に彼女がおならした [萌え] (14)-[ 萌えた体験談 ]
 ・体験談:車で人身事故をおこした友人から聞いた話 [感動] (10)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:霊感のある整体師さんから聞いたお話 [萌え] (21)-[ 萌えた体験談 ]
 ・激安:Canonプリンタが送料込で3572円! (0)-[ 激安・格安 ]
2013年11月19日
 ・体験談:いったぁーーい!何しやがるんですか! [おもしろ] (15)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:新人の端末をリモートデスクトップという機能を使って説明した [衝撃] (27)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:姉とお風呂に入った時のこと [おもしろ] (10)-[ おもしろ体験談 ]
2013年11月18日
 ・体験談:俺の妹は、少し変だった [衝撃] (25)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:恐るべし子猫の魅力 [ほのぼの] (12)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:俺の印税の5%は妹に搾取されている。 [ほのぼの] (8)-[ ほのぼの体験談 ]
2013年11月17日
 ・体験談:子供が学校から保護者向けのプリントを持ってきた [おもしろ] (20)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:教師のずうずうしい独断専行 [衝撃] (16)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:おめでとう!26歳の俺!さようなら!25歳の俺! [爆笑] (10)-[ 爆笑体験談 ]
2013年11月16日
 ・体験談:母より何より、私達が甘やかしてる。 [ほのぼの] (17)-[ ほのぼの体験談 ]
 ・体験談:小学校の頃”生理”で休む免罪符を得られる女子が羨ましかった [爆笑] (13)-[ 爆笑体験談 ]
 ・体験談:あの……私、行ってもいいですか? [衝撃] (13)-[ 衝撃体験談 ]
2013年11月15日
 ・体験談:浪費家でお嬢様気質な姑 [感動] (28)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:クロネコヤマトでちょっと不思議な話がある [感動] (20)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:皆旦那の愚痴ばっか [萌え] (7)-[ 萌えた体験談 ]

次のページへ
2013年11月30日
カテゴリー:

衝撃体験談

憧れの先輩に、車で駅まで送ってもらえることになった時、
肝も恋心も冷えきったことが・・・。
思い出せるだけ箇条書きにしてみるが、

・まずベルトはもちろんしない
・制限速度、守らない守れない守る気ない
・右手で携帯電話
・左手で菓子パン
・ハンドル?俺にはまだ膝がある!
・「先輩、エンジン音すごくないですか?」「ああ、この前煙吹いたぐらいだしなぁ」(無改造)
・車検?もちろん切れてます

免停、というか免許をその場でシュレッダーレベルだった・・・。
影でついたあだ名がピエロドライバー
ちなみに、現在は子持ちでしっかり安全運転だそうなので、皆さんご安心を。
警察の説教にも、周りの涙ながらの制止も聞かなかった先輩を、見事乗りこなす奥さん何者!?と今では語り草になってます


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

先日同僚Aと今日一緒に昼飯を食べに行こう、と朝から話していて
暑いのでそばがいいという事になりじゃあ美味い店あるよ、と同僚。
そんな話をしていたら同僚♀B、Cも私達も行きたいと言ってきたので
じゃあ皆で、となった。
で、昼になったら同僚Dが寄ってきて

私も行きたい!

と言ってきた。

続きを見る


コメントの数(17)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

中学の時から友達と久しぶりに会って飲んだ時に、たまたま、その子が中学の時に片思いしてた英語の先生の話になった。
(その子が3年連続バレンタインに告白をした事は、校内では有名な話だった)
懐かしいね〜とか話してたら、何故か

「実は卒業後に付き合ってたの」

とカミングアウトされた。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
2013年11月29日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

私、女性に席を譲ってもらったことある。
一回は、若い女の子。
二人でキャハキャハ話に夢中だったのに、そのうちの一人がフッと私のお腹に気付いて、

「すみません!気付かなくて!」

と慌てて立ち上がってくれた。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

宗教がらみなので嫌な方はスルー推奨。

実母が犬作信者だったという繋がりのせいか、嫁いで親元離れてからも住んでる地域の学会員からのお誘いを受けます。
(私も物心つく前に入会させられてたけど、長じてから『信心する気はない』と母に宣言し、母も了解済)
先日も近所のスーパーで学会員に遭遇してしまい、やれ犬作先生、やれ世界平和だのと語りはじめる。
適当に流してさっさと帰ろうと思ってたら、一緒にいた娘が不思議そうな顔で学会員に問いかける。

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

昨日、娘(6ヶ月)の通帳を作りに近所の千○銀行に行きました。
ぐずる娘を抱いて四苦八苦しながら書類を書いてると、40代後半くらいのスーツ姿のおじさまに

「手伝いましょうか?」

と声をかけてもらいました。
大丈夫ですからと断ると、少し考え

「赤ちゃん抱かせて下さい」

と。

続きを見る


コメントの数(22)│ コメントを書く
2013年11月28日
カテゴリー:

おもしろ体験談

そういや前に、初めて日本に来た外国人(白人)に電車の乗り継ぎを教えたとき、PC画面で乗り換え案内のサイトを見せながら、

「2時45分に池袋駅に着いたら、5番線から出る2時53分の電車に乗ってね」

と言ったらジョークだと思ったのか思い切り笑われた。
数日後に会ったときは

「日本の電車は奇跡だ」

と感嘆していた。
 


コメントの数(17)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

よく私のブラジャーを勝手に使用する母。
ある日、お風呂に入ろうと下着を準備していたところ、お気に入りのブラジャーが所定の位置から消えていた。
またつけてんのか・・・サイズ違うのになにやってんだかと少し呆れながら母と父のいるリビングに突入。

私「お母さんー私のリボンのついてるブラジャーしらない?」

母「干してあるでしょ?」

私「ないよー?また勝手につけてんでしょ!?」

とわぁわぁ騒ぎながら母と会話をしていた。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

イギリス在住の女性のブログから(抜粋)

夕飯を終えて、二人とも風邪で熱はあるわ、じとーーーと暗い気持ちで、腐っていたところに、日本から帰ってきたばかりだという、彼の同僚から電話が入った。
むしろ、電話をかけてくるような人ではないので、何事かと思ったが、暗かった夫の顔が見る見る間に明るくなっていく。
相当の長電話をしているようであったが、どうやら、その同僚、すっかり日本に魅せられてしまったらしい。
こういう話をしだすと、日本の皆さんに、

「そんなに良いものじゃないよ、色々大変だし・・・・。」

と、いつも言われるので、書くべきかどうかとても迷ったのだ、私もイギリスに来た、数年前は、みんなが日本のことをほめる度に、「なんもわかってない!」と、いらっとしていた事もあったのだ。
だけれど、祖国のことをほめられるのは素直に嬉しいし、伝えたいので、書くことにする。

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
2013年11月27日
カテゴリー:

おもしろ体験談

学生の時、何かの打ち上げでゼミ生みんなでご飯食べることになり、

「何が食べたい?」

と教授がみんなに聞いた

「イタリアン」
「おそば食べたい」

と言う中、後輩の1人が(以下A)が「わかんない」と答えた

続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

一人暮らしの彼のアパートに車で行くんですけど
私の車を駐車するところがなくて
いつもけっこう離れたコンビニや道路脇に車をとめていました
ある日、彼の部屋でいつものように過ごしていると

「今日はちょっとプレゼントがある」

と言われて外に連れ出されました

続きを見る


コメントの数(20)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

結構体力使う仕事してる彼。

部屋でまったりしてる時はよく私から自発的にマッサージしてあげるんだけど、今日は特にして欲しいんだろうな〜って時は、普通にお喋りしながら私がマッサージしやすい体制を作ってアピってくる。
無視しながら喋り続けてると、いろいろ地味に角度をかえてみたりしながらめげずにトライしてくる。

続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
2013年11月26日
カテゴリー:

感動体験談

俺の姉はすごい頭良くて、いい高校行って俺が中学に入る前から既に親元を離れて生活してたな。
俺は学力なんて全然無くて絵が好きだからって言って、わざわざ美術予備校通って親に金使わせてただけなのに、姉は一人で勉強して国立の大学行って俺は私立の美大のデザに行って、また親に金使わせてた。
姉も結婚して子供がいる。
俺は就職出来たし、デザイン職につけたけど独り身で、休日は友達と遊ぶだけ。
どう見ても姉一人で十分だったな俺の家。

中学時代、姉と暫く会わなかったから久しぶりに会っても何て話せばいいか分からなくって、小学校の時は普通に話して、結構仲良かったと思うんだけど何かもう駄目になった気がした。
姉と弟って言っても結局別なんだな、って思った。
姉の方も素っ気無かった気がしたし。

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

俺は1対1なら負けない自信があったからイジメてきたやつらに順番に決闘申し込みにいったけどな。
一人目は塾帰り待ちぶせて3発ぐらい殴ったら泣いて謝ってきた。
翌日学校で他の4人が俺を囲んできたからそのうちの一人に

「今日はお前の家行くよ。待っとけ。決闘や」

って言ってフクロにされた。

続きを見る


コメントの数(17)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動テキスト

謎の病気が2日で治った?
英国で「ヤクルト」の効果に驚きの声。

乳酸菌飲料の代名詞として、日本だけでなく世界で愛飲されている「ヤクルト」。
創業者である京都帝国大(現京都大)の代田稔が培養に成功した「L. カゼイ・シロタ株」を大量に含んでおり、近年は体内環境を整えて病気を未然に防ぐ「プロバイオティクス」の観点からも注目を浴びている。

こうした中で、原因不明の病気に苦しむ息子に母親が「ヤクルト」を与えたところ、たった2日で完治したと英紙デイリー・メールが伝えている。

アンナ・アンダーソンさんの息子ライリーくんは、生後12時間でおなかが風船のようにふくれる原因不明の病気であることが判明。
新生児集中治療室で治療を受けた後、小児専門病院に転院したが、その原因を突き止めることはできなかった。

続きを見る


コメントの数(20)│ コメントを書く
2013年11月25日
カテゴリー:

おもしろ体験談

私はただ転んだだけなのに地元の防犯に協力してしまった、という体験。

社会人になって実家から2つ離れた市にアパートを借り職場まで自転車で通勤していた。
ある日、自転車が走行中に壊れて歩道脇の土手に転げ落ちた。
スリ傷だらけになったが骨は折れておらず
ただスーツはボロボロになりストッキングも破れた。

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

中学校2年のとき。
隣の家に一つ年上の女子が住んでいた。
この娘は不良というほどでもないが、あまり学校に行かず、さぼってばっかりだったので隣の家からは夜になると父親の怒鳴り声、娘の泣き叫ぶ声が聞こえていた。

ある日、夜11時ごろにいつもどおり隣の家から怒鳴り声が聞こえてきて、その後にうちの家のチャイムが鳴った。

続きを見る


コメントの数(29)│ コメントを書く
カテゴリー:

萌えた体験談

普段クールだけど寝起きだけ超甘えたがりな彼女。

毎朝彼女のが先に起きるんだが
彼女のでっかい目が朝は100分の1ぐらいしか開かず、
だっこーって言って抱きついたままで離さなくなる。
付き合ってから1年半経つし、一緒に住んでるのに
何故かお互い名残惜しくてひっついたまま2人とも離れられない。
むしろ日が増す毎にどんどん離れられなくなってる気がする。

今朝は抱き合って足も絡められたままで

俺「こらー!7時だよ7時!用意しないとー!」

彼女「やだー。いっしょにいるー」

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
2013年11月24日
カテゴリー:

おもしろテキスト

夜中にアッバース大帝がお忍びで街を歩いていたら変な男たちの三人連れに出会って意気投合。
彼らは実は盗賊団で、これから王の宝物庫を荒らしにいくという。

面白くなったアッバース大帝も着いていって、道々お互い自己紹介をする。

盗賊1「自分は動物の言葉が分かる」

盗賊2「自分はどんな鍵でも開けられる」

盗賊3「自分は一度見た顔は決して忘れない」

大帝「自分は実は絶大な権力を持っていて、
   髯をちょっと捻るだけでどんな大罪人でも許すことができる」

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

前住んでたところの近所でいつも出窓に猫がいる家があって
通りがかりににゃーと言うと中からニャーと返事してくれる(窓は開いていないので声は聞こえない)
外が明るいと部屋の中は見えないので気にしてなかったが、その部屋は飼い主の人の仕事部屋だったらしく猫がいる時は飼い主がいたようだった
ある日窓に「挨拶してくれてありがとうにゃん」という貼り紙が貼ってあった


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

4、5年前の夏休み。
ある団体ツアー(40人参加)の帰り、新山口からひかりレールスターに乗ったら、一部の指定席に4人の爺婆が向かい合わせで座ってた。

続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
2013年11月23日
カテゴリー:

衝撃体験談

「韓国旅行から帰ってきたオカンが感想を何も述べない件」

ウチのオカン。
近所でもおしゃべりババアとして有名。
韓国に行く前にはあれだけ騒いでいたのに、帰ってきてから韓国関連の事を一言も話さなかったんだ。
で、あまりに何も話さないからさ、昨日聞いたのよ。

続きを見る


コメントの数(46)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

もうすぐ義父になる予定の微妙な関係ですが一応「父」で。

実父のおかげで父親不信?気味になり
義父さんが家に泊まるようになってからも
しばらくは毎回部屋に閉じ籠っていた。

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

結構前の話だけど、都心での出来事だから目撃した人もいるかも。
近所のスタバでお茶してたら物凄いブレーキ音と衝撃音が。
外を見ると目の前の道路に大型トラックが中央分離帯またいで横転していた。
周りは野次馬が集まって来て壮絶。写メ撮ってる奴も沢山いた。
自分も不謹慎かな思いながらも野次馬根性丸出しで見ていたら、
道挟んだ反対側からトラックに向かって2人の兄ちゃんが走って行くのが見えた。

2人は凄くスムーズに横転しているトラックの運転席の窓によじ登って入り、中に居た運転手を引っ張り出して救出。
運転手は血だらけで、その直後に到着した救急車に乗せられていった。
警察も到着して、規制線はられて野次馬も解散。

続きを見る


コメントの数(9)│ コメントを書く
2013年11月22日
カテゴリー:

衝撃体験談

社員食堂で同僚に来月姉の挙式のためにスイスに行くという話をした。
ギリギリのスケジュールで観光なんかしてる暇ないよ残念ということも話したと思う。

午後の勤務中に私の職場まで来て

「スイスに行くならこれを買ってきてもらえない?」

とリストを差し出さして来た人がいる。
結構多い。
自分の買い物すら危ういのに人の買い物なんかしてる暇ない。
どこで聞いてたんだ、食堂か。
それより仕事しろよ。
なによりも、あんた誰・・・・(うちの会社工場なので人数べらぼうに多い)

見ず知らずの相手に話してもいない旅行での買い物を要求され
断ったら冷たいと言われたのはさすがに初めてだ。


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

彼から好きだと、付き合ってと言われても返事を保留にしていた私。
理由は、彼は自宅勤務のフリーランス、彼女とは常に一緒に居たいタイプで、私は仕事命の会社員。
タクシー帰りもザラで、彼と付き合っても、彼が望む時間一緒に居てあげられないんじゃないかと思ってた。
仕事が好きというより、仕事をすることで、自分のアイデンティティを保とうと必死だった。
医者からも止められるほどの、本物の仕事依存症。
恋愛をすることで、彼を好きになりそうな自分を認めることで、それを壊すことが怖かった。

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

夕飯買いに近所のスーパーへ行った
特に献立も考えず精肉売り場前でぼうっと肉眺めてたらベテランっぽいおっちゃん店員が値引きシールを端から貼ってた
手際よくシールを貼っていき一通り貼り終えると奥に引っ込んでいった
私は特売の豚ミンチにするか鶏ムネ肉にするか悩んで双方を見比べて献立を考えていると奥から20代後半と思わしきチャラそうな兄ちゃんがでてきた
チャラ男は端から順に商品を並びなおしたり在庫チェックをしていた。見た目はチャラいが黙々と作業をこなすチャラ男。私はまだ豚と鶏の間で悩んでいた

すると牛肉前でチェックしていたチャラ男が

「なっ!?」

と驚きの声を上げた

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
2013年11月21日
カテゴリー:

衝撃体験談

さっき行ったカラオケ屋の店員が融通きかなくてビックリした。
たこ焼きマヨネーズ抜きでお願いしたらできないって言うから
なんで?って聞いたら

「マヨネーズはかけることになってるんですよー」

嫌いな人いるから半分だけでもかけないで欲しいって言ったら

「いや、かけることになってるんでー」

続きを見る


コメントの数(24)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

俺の勤め先の近くに元DQN校があるんだが
DQN校だった頃、たまたま生徒が急病で倒れたバーサン助けたんだよx
生徒は名前告げずに去ったけど制服から学校が特定され
市が感謝状渡して地元紙に載っちゃった
おかげで生徒は近隣で悪いことできなくなり
数年したら立派な中堅校になってしまった

良いことは賞賛し、悪いことは処罰するのは立派な教育だよ


コメントの数(13)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

わたしの彼氏は実はハゲ。
でもさっぱりした坊主にしてて細身筋肉質、
まあひいき目かも知れないけれどわたしの目から見たらすごくカッコイイ。
性格も良いし相性も良いし趣味も合うし、今のところ言う事なしなんです。

先日大雨の時に会社帰りに迎えに来てくれた彼氏を同僚に見られた。

続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
2013年11月20日
カテゴリー:

萌えた体験談

昨日俺の部屋で二人でスマブラしてて、ふと力んだ瞬間、結構派手に彼女がおならした。
その瞬間、表情が(゚Д゚;)ってなったかと思ったら、ものすっごい勢いで布団に潜っていった。
んで、おはぎみたいにまんまるに包まって

「ちゃうねんちゃうねん、いやちゃうくないけど、うわああごめんなさいいいい」

とか必死で言い訳。

続きを見る


コメントの数(14)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

車で人身事故をおこした友人から聞いた話。

相手の人は足を骨折して、全治数ヶ月。
ぶん殴られるの覚悟で病院に見舞い&謝罪に行ったら、相手の人は

「お互い運が悪かったですね」

と、ニッコリ笑って言ったそうだ

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

萌えた体験談

霊感のある整体師さんから聞いたお話。
彼は古神道研究をしていて、たびたび神社へ取材に行っている。
もちろん撮影もするのだが、いきなりパシャパシャ撮ることは失礼なことなので、先にそこの神様や神主様にお伺いをかけているのだそうだ。

ある日いつものように撮らせてくださいと神様にお願いしていたら、祭壇から女神様が現れて

「少し待ってください」

と言い奥へ戻られた。


コメントの数(21)│ コメントを書く
2013年11月19日
カテゴリー:

おもしろ体験談

産んできました。

順調にお産は進み、女神になれなかったなぁ〜と思っていたら、覚えていないところで、かましていたようたですorz

旦那立ち会いでしたが、正直、全開してからは記憶が曖昧なのは確かで…
旦那の言うことが正しければ、
エイン切る時は大声で

「いったぁーーい!何しやがるんですか!ゆっくりキリやがれですよ!」

呼吸法を正しくっ!と看護士さんに言われると

「ならテめぇが産んでみやがれ!ですよ!
 横からぐだぐだゆーんじゃねー!です!」

言葉使いが乱暴なのか丁寧なのか分からなくて、旦那も看護士さん達も笑いをこらえながらのシュサーンだったらしい…
ビデオ見たくねぇですよorz


コメントの数(15)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

二年前の話
当時勤めていた会社で、新人教育をしていた
自分のデスクと新人のデスクは離れた位置にあるから、新人の端末をリモートデスクトップという機能を使って、新人の端末を操作しながら、説明などをしていた
それを見た上司が、

「ハッキングだ!」

と言い出した

続きを見る


コメントの数(27)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

姉とお風呂に入った時のこと。
私が頭を洗っている時に浴槽から

「おうぉっおおおおおぉぉぉぉ」

とか訳の分からない
声が聞こえたわけですよ。
そのあとばしゃばしゃしていて

「大学生にもなってなにしてるんだ。うるさいなあ」

と思いながらも小さく目を開けて様子を見ると溺れている姉の姿がちらっと見えた。

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2013年11月18日
カテゴリー:

衝撃体験談

俺の妹は、少し変だった。
笑っている人が嫌いだった。
人が笑うと泣き、怒ると泣き、それ以外では絶対に泣かなかった。
テレビも見ないし、友達も居なかった。ただただ表情を殺していた。
妹が小学五年生の時、何で笑っているのが嫌いか聞いてみた。
そしたら、

「皆が笑ってるから」

とか言って来た。
何か不安になり、もともと何度か行っているが、精神病院に連れて行った。

続きを見る


コメントの数(25)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

少し前1ヶ月くらいの子猫を拾ってきた。

「ここペット不可なのにどうすんの?面倒くさい事しやがって」

と仕事から帰ってきた夫に伝えると露骨に不機嫌な顔になった。
里親が見つかるまでの間だから、世話は自分がするからと説得して同居開始。

続きを見る


コメントの数(12)│ コメントを書く
カテゴリー:

ほのぼの体験談

つい先程

妹「兄さん…」

俺「…ん?」

妹「大好き!!」

俺「チッ、ホレ(諭吉を渡す)おかんには内緒な。」

妹「ひひひ…」

俺の印税の5%は妹に搾取されている。


 


コメントの数(8)│ コメントを書く
2013年11月17日
カテゴリー:

おもしろ体験談

子供が学校から保護者向けのプリントを持ってきた

「お父さん・お母さんに見せてください」

それを渡された嫁、「年末の忙しいときに!」と怒りながら180キロ離れた実家へプリントを届けてきた
親という自覚がないらしい
 


コメントの数(20)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

教師のずうずうしい独断専行を思い出した。

我が家は元農家で無駄に敷地が広く、当時裏口から表門突っ切ると近くの中学への近道になり、遅刻しそうな子がよく通り抜けてた。
今ならその時点であれこれ問題になりそうだけど、その頃はのんびりしてて庭を荒らすわけでなしと、黙認みたいな形になってた。

ある時家で大掛かりな工事をすることになり、危険だからと裏門を閉鎖することに。

続きを見る


コメントの数(16)│ コメントを書く
カテゴリー:

爆笑体験談

昨日→今日の夫
嫁の風呂上がりに

「あと1分」
「あと10秒…」

なんだ?と嫁がお茶を口に含んだら

「おめでとう!26歳の俺!さようなら!25歳の俺!ようこそ爽やかなオッサンへ!」

の直後放屁

続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
2013年11月16日
カテゴリー:

ほのぼの体験談

私、弟1、弟2

弟2「ギャー!ネー(私)早く来て〜」

と、風呂場から

私「何?」

弟2「脚が沢山ある虫いるから退治して!」

私はちり紙で虫掴んで去って行く。

続きを見る


コメントの数(17)│ コメントを書く
カテゴリー:

爆笑体験談

小学校の頃”生理”で休む免罪符を得られる女子が羨ましかった
生理の意味が分からなかったので頭を抑えながら

「先生…俺生理です…」

と言ったら出席簿でぶん殴られた


コメントの数(13)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

今日の昼前のことなんだが交通事故の目撃者になってしまった

自転車でスーパーまで買い物に行く途中、住宅街の十字路で、俺の対向から来て直進しようとしていた車があって十字路に差し掛かった瞬間に横から若い女の自転車が飛び出してきて車に接触して派手に転んだんだ
目の前で事故を見たのなんて初めてだったから、俺もちょっとうろたえてしまったんだが
見ると、自転車のねえちゃん、転んだときに頭を打ったのか気を失っていた
車を運転していたのは50くらいのオバサンで、これはハンドルを握り締めたまま彫像になってやがる
俺の見たところ、飛び出してきたねえちゃんも悪いし、おばさんも見通しの利かない交差点を減速せずに直進しようとしていた過失があった

続きを見る


コメントの数(13)│ コメントを書く
2013年11月15日
カテゴリー:

感動体験談

自慢と嫌味っぽいのと義実家にいったときにこき扱われるくらいで、別居だったし、鬼姑ってほどじゃなかった。
浪費家でお嬢様気質な姑は、舅の遺産食いつぶしてしまったので、仕方なく同居することになった。
いやいやの同居だったけど、姑は働いたこともない家事もお手伝いさん任せの人で、自活していけるわけもなく、仕方なく引き取ることになった。
引越しでうちにきたその場で

「あらやだ、お出迎えの挨拶とかはないの〜?普通こういうときって嫁のあなたが三つ指ついて、
 「お母様これからよろしくお願いします」
 というものなのよ?」

とほざいた姑。

続きを見る


コメントの数(28)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

クロネコヤマトでちょっと不思議な話がある。

昨年の震災時、東北の親戚が被災し、大至急食糧や薬を送らないと年寄りの命が危ない状態になった。
そこで、個人の宅急便受付開始の前日、輸送各社に必死で電話。
ヤマト1社にやっと引受けをOKしてもらえた。
都内の我が家にヤマトが荷物(段ボール4箱)を取りに来たのが22時。
「何日かかるか分からない」とのことだったが、なんと、翌朝9時に親戚から「荷物が届いた」と連絡がきたのだ!
立入禁止の危険区域も多かったろうに、わずか11時間で約450キロを疾走してくれたことになる。
大感激してヤマトにお礼の電話をすると、

「そんなことは不可能ですが?」

と怪訝そうに言われた。

続きを見る


コメントの数(20)│ コメントを書く
カテゴリー:

萌えた体験談

俺「おかえり。楽しかった?」

嫁「○○くん(俺の名前)…」

嫁が俺を君付けで呼ぶのは怒ってる時なので、若干びびる俺。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く

TOPへ戻る 次のページへ
週間人気ページランキング

TOPへ戻る 次のページへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
タグ