最新記事 (別窓にするにはShift+リンククリック)
2017年02月24日
 ・体験談:うちの嫁は、子どもころから予知夢を見ていたらしい [おもしろ] (5)-[ おもしろ体験談 ]
 ・体験談:私が結婚で家を出たら兄夫婦のものになると主張する兄嫁。 [衝撃] (6)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:去年、かなり可愛がってくれた父の妹(叔母)が闘病生活の末亡くなった。 [衝撃] (2)-[ 衝撃体験談 ]
2017年02月23日
 ・体験談:父子家庭の俺が高3の時に親父が死んで祖父の家に引き取られる [感動] (15)-[ 感動体験談 ]
 ・体験談:兄弟のように育ち、年頃になり互いを意識して付き合うようになった幼馴染みの彼 [衝撃] (10)-[ 衝撃体験談 ]
 ・体験談:いつも一人でお昼食べてるような文学少女が修学旅行で豹変した話 [おもしろ] (7)-[ おもしろ体験談 ]
2017年02月22日
 ・体験談:子供がネット上で「死にたい」と書き込んできた時が修羅場だった [衝撃] (6)-[ 衝撃体験談 ]

次のページへ
他サイト様 最新記事 (新着順)
Powered By 画RSS

カテゴリー:

おもしろ体験談

うちの嫁は、子どもころから予知夢を見ていたらしい、それは自分に関係する身近なことだけで
夢のとおりに行動すればいい事もあれば、悪い事にもなって警告なのか幸運を告げるものなのか
わからない時もあるらしい。
漠然と、将来のワンシーンを見るだけのこともあるらしい。

嫁の祖母(母方)もそうだったようで、祖母が最後に見た予知夢は出産前で、自宅の縁側で小さな女の子と子猫と一緒に日向ぼっこをしている夢だったらしく、出産後は予知夢を見なくなったそうだ。

続きを見る


コメントの数(5)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

実家暮らしの私の部屋の調度類が、私が結婚で家を出たら兄夫婦のものになると主張する兄嫁。
何故だ。
自分が正論を言っていると思ってる。
終いには泣き叫ぶ。

「実家にあるものなのだから実家の財産!だから私達が相続する!」

と言って聞かない。

続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

最近聞いた、私にとって衝撃的な話。

去年、かなり可愛がってくれた父の妹(叔母)が闘病生活の末亡くなった。
私は叔母の子ども達(いとこたち)より叔母に似ていたが

父や父方の親戚たちには

「叔母の双子の姉によく似てる」

と言われてた。


続きを見る


コメントの数(2)│ コメントを書く
カテゴリー:

感動体験談

父子家庭の俺が高3の時に親父が死んで祖父の家に引き取られる
祖父は路地を挟んで2戸一軒家を所有していたので普段使わない方に一人暮らしする形に
丁度その頃嫁家族が隣のアパートに越してくる
嫁の家族構成は嫁双子姉妹10才
嫁父(チンピラ)で父子家庭の3人
それから約4年は挨拶や祖父の家庭農園で余る野菜のお裾分けなど軽い近所付き合いをしてきた
嫁姉妹は中学生に俺は高校卒業後に知り合いの内装業に弟子入りし独立に向けて奮闘
で、進展があったのは普段から酒に酔っては暴力してた親父から避難して夜な夜な公園で時間潰してた嫁たちに仕事帰りの俺が出くわす
冬だったのと近所で露出魔の噂が合ったので危ないから俺の家で嫁父が寝るまで暖まってなさいと声をかける
俺宅で鍋を囲って嫁父の事を聞いたり俺が父子家庭だった事を話してる内に俺は寝てしまう


続きを見る


コメントの数(15)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

母同士が幼馴染みで、赤ちゃんの頃から兄弟のように育ち、年頃になり互いを意識して付き合うようになった幼馴染みの彼。
その彼の祖父が事故で大怪我をし介護が必要になり、私は彼と彼両親、彼祖父母のお願いもあり、介護に関わるようになった。
結局その事故の怪我が原因で彼祖父は5年もしない内に亡くなってしまった。
仕事を辞め、慣れない介護で腰を痛めてしまったが、祖父母の居ない私には本当の孫のように可愛がってくれる人達で、介護に関われたのは幸せだと思っていた。
介護の合間に彼祖父母から昔話を聞いたり、秘伝の漬け物の作り方を教えてもらったりと楽しかった。
亡くなる前に孫達(私)の花嫁姿が見たいと言われ、彼と二人で仮衣装を着て彼の家で一緒に写真撮影をした。


続きを見る


コメントの数(10)│ コメントを書く
カテゴリー:

おもしろ体験談

いつも一人でお昼食べてるような文学少女が修学旅行で豹変した話

俺の高校は進学校だったせいか、下らないイジメなんかは無かった
その代わり内向的だったり内気な子は構われもせず一人で居ることが多かった
俺のクラスにも一人そんな女子がいて、本ばっかり読んでるからより孤立してた
外見に気を使うような子ではなかったから制服も規定通り着こなしててもっさりしてたし、髪も腰まで伸ばして縛ってるようなタイプだったけど
顔立ちは整っていてかなりの綺麗好きだったし、嫌われてたりしたわけではないので
二人組作ってーと声をかけられた時は適当に人を見つけるのがうまかったし、
一人余るときは自分から「私余ります」と言えるような、気軽なぼっちだった


続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
カテゴリー:

衝撃体験談

子供がネット上で「死にたい」と書き込んできた時が修羅場だった。
悩んでいるのは分かっていた。
けど聞いてもハッキリとは答えてくれず、踏み込むことができなかった。
けど悩みが深刻化しそうだったから、話しにくいならと、相談できるサイトを紹介した。
(この頃2ちゃんねるを知らなかったので知〇袋を紹介した)
私は子供の日記や手紙を盗み見たことは一度もないけど、この時ばかりは日に日に子供が辛そうだったから、後日サイトを開いて思い当たるキーワードを入れまくって子供の書き込みを探した。
それと、最初に登録方法を教えた時にチラッ見えたIDの一部を探し、見つけることができた。


続きを見る


コメントの数(6)│ コメントを書く

TOPへ戻る 次のページへ

今月のお勧めサイト



週間人気ページランキング

TOPへ戻る 次のページへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセスランキング
※5日分のアクセスを集計しております。



人気ページランキング
過去30日間の人気ページランキングです。


以前のはコチラ↓


このカテゴリー内ネタの情報求む!
相互リンク
神爆笑.com 相互リンク

※当サイトはリンクフリーです。
※相互リンクの依頼はサイトに
 リンク・RSSを貼ってから
 メールフォームで依頼下さい。
→返答まで数日〜1ヶ月かかる
 場合もございます。了承下さい

サイト名:神爆笑.com
説明:神がかりなおもしろネタを特選したサイト
URL:http:kamibakusho.com/
RSS:http://kamibakusho.com/index.rdf